033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Summer Sonic '08 (8/10) Day2
2日目は張り切って、6つのアクトをフル観しました!サマソニ前日のタモリ倶楽部で安斎肇さんがソニックステージに立つと言うのでちょいとソソられたものの、10:00開演は早すぎるぅ~。あっさり諦めたけれど、お陰でお目当ての1つ目のアクトには余裕で間に合った!

“SILVERSUN PICKUPS”〈Sonic Stage・11:10~〉
初日のソニックステージの満員状態よりは混雑が緩んでいた感じ。前から20列目あたりで観る、周囲は男性ばかり。ビリー・コーガンお墨付きのスマパンの正統な後継者と云われる、LA出身の4人組。ギターを弾くのはブライアン(G/Vo)だけで、Key専任奏者がいるのねぇ。ドラマーのアクションは派手だがちんまりしたドラムセットで、手数の多いジミーと比べたら・・・要はスタイルが全く違う。ライヴに於いてはスマパンの再来とは感じられなかったっす、ビリーもジミーも強力なプレイヤーですからね~。
c0024243_343239.jpgでも、ブライアンにはビリーの面影を感じたなぁ。ビリーよりは聴きやすい声質で、強弱をつけた歌い方、熱く激しいシャウトに惹きつけられた!
X年後はもしかしたらスキンヘッドかも・・ってところも似てたし。。
紅一点のベーシストは真っ赤なロングドレスを着こなして、控え目に笑顔を振りまき可愛らしかったです。
終演後、袖へ下がって行ったように見えたブライアンがステージ下に降りてきて、観客エリアの柵の周りをひとっ走りしてくれました!彼のことはとても気に入った◎楽曲も好きよん♪

“MGMT”〈Sonic Stage・12:10~〉
エレクトロニックなサイケ・ポップサウンドが米英などのメディアより話題と注目を集める、ブルックリン出身の5人組。そのまま居残って20列目あたりから観る。元々は中心メンバー2人のユニットで、バンド編成のライヴを行うようになり5人組になったそうですが、う~んCDで聴くのと変わらない・・・いい意味でなくて。ライヴならではの熱気や臨場感が味わえず、最後の曲“Kids”を2人がカラオケでゆるゆ~る歌ったのが1番盛り上がってるようではイカンでしょ!

“MUTEMATH”〈Sonic Stage・13:15~〉
ニューオーリンズ出身の4人組。80'sっぽいニューウェーヴやエレクトロニクスにアンビエントでスペーシーなど、色々な要素がミックスされている音楽性よりも、ライヴ映像の暴れっぷりを観て興味を持ったバンド。

c0024243_364828.jpg左ブロック前から20列目あたりの右端(ステージ向かって中央)にある縦柵に右半身をもたれさせて観る。右側前方に配置されたドラムがよく観える位置だったのでドラマーばっか観てた。どうやらサウンドチェックはメンバー自身が行っているようで、タイトで迫力あるビートを叩き出すと、観客からどよめきが起きる。
ヘッドフォンを装着すると、固定するために黒いガムテープを頭から顎までグルグル巻き始めたのにはビックリ!ワイルドだわ~。そして、ほどなく開演。

スーツでダンディな装いのVo&Keyさん、段々動きがヘンになっていくのだが、キーボードの上で頭をつけて逆立ちや前転、ハイ・ジャンプを決めたり、アクロバティックな芸の数々に目を奪われっぱなし・・。演奏力は高く、特にドラムは鬼のように強力でインパクトあった!!観客のノリもめちゃくちゃよく、合唱が起きる曲もあって、その人気ぶりにも驚きです。最後はメンバー入り乱れてドラムセットを囲んで叩きまくり、壮絶な余韻を残して終演!
いやぁ、ウワサ通りの面白いライヴ・パフォーマンス!これで楽曲が好みならば最高なんだが・・。とにかく、今夏フェスのベスト・パフォーマー賞!


c0024243_393216.jpgフードエリアのテーブル席でゆっくり休憩タイム。タイミングよく出くわしたエアギター日本大会決勝を観戦するが、思いのほか楽しかったー♪(→優勝者はダイノジのおおちさんと共に日本代表としてフィンランドでの世界大会に出場できる) 
ファイナリストたちの芸達者なこと!MC担当の協会会長のピリ辛トークもオモロくてツボでした。 【08年世界大会の速報結果はコチラで】
あらっ!?会長も出場してたのねぇ。

←いちばんウケたまんまちゃんは4位どまり

写真多めの記事になってしまったわ!
by 033_MFS | 2008-08-30 23:53 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '08 (8/9) Day1
五輪期間中はテレビに向かう時間が長く、執筆が遅々としてはかどらず・・。
番外編まで書きたいフジは後回しにして、2回ぽっきりでまとめたいサマソニからいきまっす!(初日はついつい愚痴が多くなってしまい・・・反省!)
c0024243_2256442.jpg
朝から暑さに負けて出発が出遅れ・・12:30過ぎに会場入り。しっかし、リストバンドの交換って毎年やり方や場所が変わってないか?!1日券の友人が気の毒だったんだけど、観る予定のないスタジアムまで行って引き換えないといけないなんてナンセンス!まっ、翌日は券種に関係なく全ての引換所にて交換できるようになってたみたいですが。

“BLOOD RED SHOES”〈Sonic Stage・12:35~〉
一足先に会場入りしていた友人のお目当てであるPerfume@Dance Stageが入場規制とメールをもらっていた通り大入りの様子で、シャッターが下りているため通り抜けできず建物の外を回って辿りついたときは既に20分以上経っていた。バンドの知名度には不釣合いと思えるほど観客が入っていて・・仕方なく後方からオトナ観する。アンニュイな女性ヴォーカルとハツラツとしたドラムス、パンキッシュなガレージロックナンバーが好みの男女ユニットでした。

どの店も行列状態の激混みフードエリアで仲間と合流すると、「あれこれハシゴ観する気がなくなった・・」「スタジアムに行く気力が起きない・・」、出てくるのは弱音ばかり。私を含め皆さん、早くもお疲れモード(苦笑)

“CAJUN DANCE PARTY”〈Sonic Stage・14:55~〉
腰を据えて休憩してしまい開演に遅れる・・。こちらも後方まで観客が入っていて、前方に進むのは気が引ける感じで、またもや後方から観ることに。周囲は物見遊山的な客で盛り上がっていないこともあってか、遠目に眺めるステージは今ひとつアピールしてくるものが薄く・・単独公演は見送りかしら。

ここまでのメンツで、この人出とは恐るべし!後方エリアは静観者が多く、絶えず人の出入りで気が散るわで、悲しいかなステージの熱が伝わってこない・・。スタジアムのスタンド席でも感動するときはステージの遠さは関係ないんだけどね。温度差を感じずにはいられなかったので、デスキャブから気合入れてトリのポール師匠をスティーヴ前で観る!と決め込み、この時点でThe Verveは諦めた・・(涙)

“THE KILLS”〈Sonic Stage・16:05~〉
混んできたら前方へ詰めれるよう、PAが横に位置するあたりでまったり待機。どのステージも定刻通り進行するのに、なかなか始まらない。10分押してるかぐらいで「機材トラブルの為、もう少々お待ちください・・」との説明があり、更に待つこと20~30分、内輪では「HD破損?データが飛んだ?!」「(メンバーのHotelと破局したとか実はまだ交際中と伝えられている)ケイト・モスに買い物でも頼まれた?」と原因を予想し合い、やらないなら早く決めてほしいなと。
Vivi嬢がステージに登場して「ドラムマシーンのデータが全て消去してしまい、修復できないので演奏ができません・・」と悪びれた様子もなく釈明、Hotelが出てこないってゆうのはどーなのよ?MCさんが‘キルズ’を‘キラーズ’ とバンド名を数回間違える始末で・・・観客からブーイング!

そうゆうことになるんだったら“JOHNNY FOREIGNER”〈Island Stage・16:20~〉観たかったのにぃ~!(物理的にキツイから現実味はないのだが)
CB誌8月号のインタビューでVo&G君が「昔はIdlewildのライブに足繁く通い、一体感があって特別な何かを感じられた」と語っていたので、注目度が急浮上した新人だったのであります。う~ん、残念!

KILLSがキャンセルと分かって出て行く人たちと逆行しステージ前に詰め寄る、向かって右側の3列目とは師匠で最前列が狙えそうないい位置取りだ!

やっとエンジンかかってきたー!
by 033_MFS | 2008-08-24 22:55 | ♪音楽-LIVE
THE JESUS AND MARY CHAIN@Shibuya Club Quattro(8/11)
このお盆休みは特に遠出もしなかったのですが、渡米や夏フェスとイベント続きも一段落して、いろんな疲れがどっと出ちゃったみたいで、ヘナヘナ感に見舞われてます・・。しばらくこれといった予定もないことだし、サマソニ、フジほか書き損じているレポ&感想、オリンピック観ながらちびちびと書いていけるかな?!今日ぐらい涼しくならないとやる気も起きないねぇ...。

6月から改装休業していた渋谷クアトロのリニューアル・オープニング・ライヴとなったジザメリから書いてみます!1~3Fのテナントは全てブックオフに変わっていて・・4Fのエントランス周りは広くなり開場前にロッカーが使用できるようになっていましたが、5Fのライヴスペースは「一体どこがリニュされたの~?」って気づかないほどなーんも変わってなかった。
c0024243_20471284.jpg
99年から解散状態に陥っていたが、07年に活動を再開させ、14年ぶりとなる来日を果たしたジザメリ。ベスト盤しか持ってないけど、後に多くのフォロワーを生んだ彼らの影響力は大きいし、伝説の中の存在になってたもんなぁ。この単独公演がなかったら、サマソニではコープレより優先させていたでしょう。

ソールドアウトの会場はリアルタイム世代の客層に若者も混じって満員状態、上段の正面から観る。中心メンバーのリード兄弟にドラム、ギター、ベースの3人が加わった編成、いたってフツーに登場し、淡々と進んでゆきます。
ウィリアム(兄)のギターが期待に反してぜっんぜん轟音じゃなーい!見た目はティム・バートン(映画監督)、序盤はちと頼りない弾きっぷりに・・えっ!?と感じたり、わりと愛想よくて驚いたり。それに比べると、ジム(弟)は緊張感ある雰囲気で、時々ボソボソと短いMCをするぐらい、気だるい歌声を聴かせてくれた。

もう1人のギターは要らんかも・・印象に残ってませ~ん。あ、ドラムは現役感のあるプレイをしていたと思うわよ。(←Rideのドラマーだったの?!)

Primal ScreamやBRMCへの影響を感じながら、楽曲が好いなー♪とリズムとメロディにノッて楽しんでおりましたっす!ポップで甘いメロディがたまらん!
“Happy When It Rains”は軽快なテンポで若々しかった~!“Blues From A Gun”は文句なしにカッコいい!やる気あるように見えない人たちですが、新曲なかなかいいんじゃない!?(→You Tube 【The Jesus & Mary Chain on Letterman 21-05-07】)

アンコール締めの曲“Reverence”は本能的に踊れた~。10分近くあり、会場が1番盛り上がってた!

他にも聴きたい曲はあるのに、前評判どおり1時間10分であっさり終わっちまいました。終演後フジロッカーズと飲んでたとき、誰もその日のライヴについて多くを語ろうとはしないビミョーなパフォーマンスではあったんですが・・・・でも、ナマで観れてよかったー!!!

【set list】
by 033_MFS | 2008-08-17 23:14 | ♪音楽-LIVE
サマソニ08私的タイムテーボー
フル観&省エネ移動を心掛けて仮想してみました!
お会いできる方とはお話できたら是非!ご挨拶だけでも会えたらよろしく~!
c0024243_23392613.gif
8/9・Sat
明日の気分しだいで会場入り。早めに(といっても11:30ぐらい?)
行けたらフードエリアとグッズのチェックでも。
12:35-13:25 BLOOD RED SHOES<Sonic>
14:55-15:45 CAJUN DANCE PARTY<Sonic>
16:05-16:55 THE KILLS<Sonic>
(JOHNNY FOREIGNERが気になったけどムリ~)
17:15-18:10 DEATH CAB FOR CUTIE<Sonic>
18:25-19:25 THE VERVE<Marine>
(ピストルズをチラ観したいが・・)
20:10-21:10 PAUL WELLER<Sonic>

8/10・Sun
11:10-11:50 SILVERSUN PICKUPS<Sonic>
12:10-12:50 MGMT<Sonic>
13:15-13:55 MUTEMATH<Sonic>
(THE TEENAGERSをチラ観か。)
自由時間(BIFFY CLYROかJUNKIE XL、もしくは長い休憩タイム)
16:35-17:35 SUPER FURRY ANIMALS<Sonic>
18:00-19:00 SPIRITUALIZED<Sonic>
(DEVOチラ観?!)
19:40-20:50 THE JESUS AND MARY CHAIN<Sonic>
→単独@クアトロを観る!
19:55-21:05 COLDPLAY<Marine>
by 033_MFS | 2008-08-08 23:40 | ♪音楽-LIVE
PAUL WELLER@Shibuya-AX(8/7)
師匠カッコよかったーー!!! 時間経っても書けない自信があるので(苦笑)余力あるときにさらっと・・。
c0024243_21165117.jpg
数日前に前座がなくなったことを知って、なるべく早く会場入りしようという気持ちに変わる。開場時に入場したライブメイトたち談によると、ものすごぉ~く殺気立った人が多くてコワかったって。開演直後もありえんモッシュが起きて、スタンディングだとそうなの?!

師匠をライヴハウスで観るのは初めて!ステージ向かって左側の前方だったのですが、厚い胸板と腹回りが気になった以外は、パッツン前髪といい、期待を全く裏切らない男気あふれるステキな師匠でございました!

ソウルフルな歌声と、時に荒くかき鳴らすギター、この方も年齢を感じさせないエネルギッシュなパフォーマンスにうおぉ~!!と唸る瞬間が何度もあった! ステージ左側で鍵盤を弾くことも多かったので、そういう意味では位置取り良かったかな。袖に消える度に演奏そっちのけで気になってしまったが、(多分)ワインやらタバコを取りに行って、どうやら鍵盤のときはリラックスタイムのようで。師匠に注目する客に向かって、あっちだよ!とスティーヴのギターソロを観ろって指差して、適当に休み休みしながらやる時はやる!って感じ。

ただねぇ、長年不動だったリズム隊が変わってしまって、パワーヒッターなドラムが何か違う・・・って印象でした。S.ホワイトを師匠と仰いでいる友人が観たら何と思ったか。OCSでは観れないデーモンが居ないのもさみしい。。もう1人のスティーヴ、クラドック氏は元気に弾きまくってたー!!

いつもスタカンの曲で燃えてしまう・・途中まで気づかなかったけど。旧来からのファンが激しく喜ぶ曲もやってたみたいで、予習不足の私でも熱くなったから、かなり盛り上がる選曲だったと思います。

サマソニは、スティーヴ側で観まっす!!

【set list】
by 033_MFS | 2008-08-08 21:35 | ♪音楽-LIVE
Jason Falkner@Shibuya O-Nest(7/28)
Beckの最新作 『Modern Guilt』の2曲でベースとギターを弾いているJason Falkner、イイはずであろう仕事っぷりを未だ聴けてません・・・(汗)

当ブログの最近のアクセス検索ワードのトップがJason Falknerであることにビビっております。早く書け!と無言のプレッシャーを感じちゃったりして。時間が経っても書ける自信も余力もないので、ファンが知りたいであろうセットリスト・ネタなどさくっと書き残してみまーす。

Acoustic Live @HMV渋谷店(7/28)18:00~
フジロックから戻ってきた日にインストア・イベント+単独ライヴのハシゴは、ちょっとした試練でしたが、休暇取ってた日でよかったかなとも。単独公演直前の開催ということで、いつもより早めの18:00から開始。3Fのイベントステージには、ほどほどにゆる~い客の集まり、ミニライブは自由に参加できたので偶然店内にきていた人も聴いていたことでしょう。

c0024243_19152170.jpg黒のTシャツとジーパンという格好、
アコギで↓の4曲を演奏。

She Goes To Bed
This Time
She's a Study (TV Eyes)
Man I Used to Be (JELLYFISH)

うっと~りする歌声を堪能した後は、本人とのジャンケン大会でグッズプレゼントというイベントがあったのですが、参加してしまうと囲いから出られなくなってしまい、長引くと単独ライヴの開場に遅れてしまうため退散。

単独公演はソールドアウト!開場前、開演前の混み合いは昨年より注目度がアップしていることをひしひしと感じたわん。

Jasonは「おおきに!」を気に入ってるみたいで、フジでも、インストア・イベントでも挨拶がわりの言葉として使ってましたね。
ホントにあんまりライヴをやっていないとは思えない、伸びのある歌声と躍動感ある演奏は素晴らしい!!!

新曲紹介で「来年初めに新作をリリースするから!」と力強くMC。Tv Eyes新作のリードトラック“Stop Me”といい、新曲の“Emotion Machine”はロック色の濃いカッチョイイ曲で新作も期待させます!

昨年と同じメンバーはドラムのみ。ベースは違和感なかったけど、ギターがもっさい・・・。前回連れてきたディーンを気に入ってただけに、この点が残念だったかしら。さすがに今回はくるりの登場はなかったです。

2年連続で素敵なライヴを魅せてくれて、また瞳がハートになりました♪
c0024243_19111752.jpg
↑フジ初日のField of Heaven出演前の写真。(NMRブログより)

【set list】+即席サイン会の様子・・
by 033_MFS | 2008-08-08 19:36 | ♪音楽-LIVE
FEEDER来日決定!
職場の偉い方から来月の東京ドーム戦のお誘いを受けまして、どうやら、その頃に優勝(公式戦の1位というのが正しいのか、プレーオフ制反対!)が決まると読んでいるらしく、もう1人が入社3年目の若者という不思議な組み合わせで、しかも1塁側ということですが、今年初のプロ野球観戦に行ってみるかな。
タイガースのアラフォー・トリオ(金本、矢野、下柳)+桧山の勇姿が観られれば嬉しいんですけどね~。

スケジュール帳をチェックしたら9月はライブの予定が1本だけ!?期末月なので来日ラッシュでも困るけど。前売りゲットしているWeezer、新譜はさほどピンとこなかったのですが・・過去の好きな曲が聴きたいし、ライヴは楽しめるから行っちゃう!
c0024243_18502172.jpg

で、本題のFEEDERですが、来日ツアー5公演が決まったね!

いやーん。喜びと悩み、いろんな思惑が交錯するじゃないの~!!

クアトロ!?!でもRadiohead@さいたまスーパーアリーナとカブってる・・。
赤ブリはマストかな。でもでもでも、クアトロはヤバイでしょ!!!

悩んでるといいつつ、心の中で答えはもう出てるんだけど。。。

10月は忙しくなりそー。
by 033_MFS | 2008-08-08 18:59 | ♪音楽-雑記
キャメ嬢が丸の内に!
やって来るというので、定時後ダッシュで行ってみたよ。

今月16日から公開される、映画『ベガスの恋に勝つルール(What Happens in Vegas)』のPRで来日中のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)とアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)が丸の内 MY PLAZAで宣伝イベントを行うとのタレコミを得て、17:35に着くと大勢の見物客が集まってました!

なんで居たのか分からない次長課長と、キャミーをエスコートしていた明石家さんまはどぉでもよくって・・・アシュトンは“年の差カップル”が話題となったデミ・ムーア夫人を伴って登場。(デミ全然見えなかったよぅ・・・)
c0024243_1204420.jpg
目一杯手を上げて、観衆の頭上越しの撮影。
c0024243_121620.jpg
なんとかもっと見える位置に移動するも背中越しが精一杯か・・。
c0024243_1213247.jpg
更に頑張ってみるが・・・おみ脚が視界に入らないぞ。

果たして美脚は見れたのか・・・??
by 033_MFS | 2008-08-07 01:39 | 映画
FUJI ROCK FESTIVAL '08 (7/25〜27) Day1 partⅡ
Jason Falknerを最前で観た満足気な仲間と合流して、レッドの2アクトは共に行動。ワールド・レストランで軽く食をとる、煮タマゴ以来の栄養補給っす。

“THE VINES”<ザ・ヴァインズ>〈R・18:20~〉
開演15分前に切り上げたつもりだったが、入場規制になりそうなぐらい沢山の人で溢れかえっており、大歓声があがると“Highly Evolved”で始まった!?開演を10分遅く勘違いしておりました(激汗)。前に進んでいくがPAより少し前あたりが限界。クレイグの表情なんてまったく見えないけど、声を聴いてる限りとても元気そう!

今年の出演者が決定していく中で、マイブラより驚いたのがVinesだったかも。さりげなく?リリースされた新譜は、前日にさらっと聴いたが前作より遥かに良い出来に喜ぶも、当日まで本当にステージに立つのか信じられない、というか過剰な期待をしてはいけない気持ちでいた。(不安に惑わされるワケをご存知ない方は過去記事をどうぞ)
c0024243_19154162.jpg


VinesとFeederはset list記載してます!
by 033_MFS | 2008-08-03 23:37 | ♪音楽-LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '08 (7/25〜27) Day1 partⅠ
ブログを始めてから夏休みの宿題のように(苦笑)書いているフジレポですが、ぼちぼちエンジンかけなきゃいけませんな。今年も記憶をたどりながら・・観たアクト順に行動録&感想を書いてゆきます!

【7/25(fri)】
今年も千葉県某駅から苗場まで昨年と同じメンツの仲間5人を乗せての運転でした。いきなり渋滞の名所で30分近くロスしたのは痛かった!(だって裏道知ってるし・・来年は気をつけるさ)月夜野ICはさほど混まず通過できたが、1本道の山道でとろい車がいてイライラっ・・10:30ごろ苗場の宿に着いたのかな。

リストバンドを引き換えたのはロドリゴが終わる11:30過ぎ、基地の場所取り、頼んでいたサイン会の整理券引取り、煮タマゴを受け取るの3手に分かれる。(>akiちゃん毎度整理券ゲットありがとう!)
昨年手作りキュウリをもらい損ねブーブー言ってしまったシンドーさんから煮タマゴの差し入れを無事受け取り一緒に基地へ向かい、さっそくプチ宴会で乾杯!煮タマゴが美味で一気に2個もたいらげてしまった、あはは。(>シンドーさん、ご馳走さまでした♪来年も基地に休憩&飲みにいらしてくださいね~)

The Presidents Of The United States Of Americaがグリーンステージに登場。楽しくて笑える!ワタシの仮想タイムテーブルを見て「大統領観ないの??」とツッコミのメールをもらいましたが、どおしても観たいのがあって1人でレッドへ。【→大統領のライブ写真はこちら

“THE WHIGS”<ザ・ウィッグス>〈R・12:45~〉
ピチピチした若者も観たいぞ!ってことで私のアンテナに引っ掛かったのがこのバンド。ジョージア州アセンズ出身の3人組、単純に出身地に過剰反応してしまったが、最新の2ndアルバムを聴いて序盤の数曲で速攻気に入っちゃった!同郷のR.E.M.の影響は感じないサウンドだけど。Superchunk, Guided by Voices, The Replacements, Kings of Leon, My Morning Jacket等のUSバンドが引き合いに出され、パーカー(Vo&G)が好んで聴いていたのはDismemberment Plan, Velvet Underground, The Kinksだそうな。

初日は濃かったから長くなっちゃう・・
by 033_MFS | 2008-08-02 23:15 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ