033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
BECK@NHK Hall(3/24)
ベックちん来日ツアー(仙→名→阪→東×3)の東京初日に行ってきましたー!2日分まとめて感想を書くつもりでしたが、余力あるときに画像だけでも更新しておきまーす。↓のなんともレトロな看板、撮らずにはいられなかったよ。
c0024243_6541291.jpg
大阪公演の写真を見て、さすがのBeck王子も今年7月で39歳、お肌の衰えは隠せないか...と連れ友らにも覚悟しておくように言ってたのですが、相変わらず細くてオサレ上級者で写真よりお肌のツヤはよかった~!
シンプルな編成のバンドスタイルながら、電飾スクリーンと約30体の白マネキンのオブジェ、バンドメンバーたちとの遊び心ある演出、やっぱり楽しかったー♪
うあー!ホールよりライブハウスで観たかったなぁぁぁ。招待と思しき人たちがオケピにうようよ居て、ノリがいまいちで何だかなーっつう感じがうーん。(苦笑)まっ、今日も楽しんできまっす!

【set list】
by 033_MFS | 2009-03-25 06:54 | ♪音楽-LIVE
リピート放送は1時間半後ですが・・
告知(更新)が遅くなってゴメンナサイっ!!!

先週の火曜日に放送されたスペシャの音楽番組「studio XL」で、マイモニの来日ライブ映像とインタビューが放送されましたー!
番組の詳細を教えてくださったHさんと鍵コメさんに感謝!ありがとうです~!

再放送は約1時間半後に始まってしまうんですが・・・(汗)

ファン必見ですので視聴できる方は是非録画を!ハイラマズの映像も貴重♪

studio XL
初回放送:3/17(火)24:30~25:00 リピート:3/22(日)26:00~
ライブ&インタビュー:MY MORNING JACKET、THE HIGH LLAMAS
c0024243_02954.jpg
トータル6分程度なんですが、duoのライブ映像が4曲ちょろっと(2時間半ガッツリ撮っていたのにこんだけ!)、5人勢ぞろいのインタビュー。ほのぼのとしたケンタッキーな雰囲気でしたわ。

マイモニ君たち、しばらく充電するそうです・・・(ToT)
by 033_MFS | 2009-03-23 00:28 | ♪音楽-雑記
OASIS@Makuhari Messe(3/20)
05年11月以来3年半ぶりのオエイシス来日ツアーがスタートしました!
名→東→札幌→阪×2→東×2の全7公演の2公演目となる千葉でなく東京は最終2公演のソールド・アウトを受けての追加公演。
えっと、昨秋のWhoライヴレポで、ザック不在のOasisは魅力半減と感じるので1公演しか観ないつもりと書いたのですが・・・・・・・追加がツアー序盤とくれば話が違うんだよぉ!リア坊の喉の調子やご機嫌がいつ下向くか分かんない、という心配が何年経っても消えないのだ。ふはは・・。今年だって既にヨーロッパ・ツアー中に声帯の状態が悪化して延期した公演あったし。。
c0024243_3364742.jpg
ワタシの気合は来週に重きを置いてますんで、ウォームアップ編ということで、内容全体をざっくり所感をさくっといっときます。

幕張のレイアウトは追加公演が7-8番ホールで来週の2公演は9-11番ホールなのでご注意を。A1・B1ブロックはステージ向かって左側、A2・B2ブロックは兄ちゃん側。A1ブロックの後方PAブース前から観ました。開演前のSEはPA内でDJがレコード回してた!前座は先月末のFeederのときに観たQUATTRO、大舞台でも映えるパフォーマンスだったよ。20分強で終わり、セットチェンジは予想より短く30分程度、18:50にOasis登場!

オープニングSEの後、1stの1曲目“Rock 'n' Roll Star”でスタート!!!!うひゃー、リアムが坊主頭でもみあげ太っ!それよか、声でてね・・・(苦笑)。

選曲は最新の2作と初期の2作中心の構成。久々の“Slide Away”嬉しかったけど、リアムの声が出ているとは言い難い。。でも、機嫌は良さそうだし、最新作の曲はキーがあってるみたいで悪くない。がなり声をあげる無茶な歌い方はやめてしまったのかもしれない。曲の終盤で袖に消えると未だにドキっとしてしまう。ぐはは。次は兄貴が歌う曲だから、なんだってことはないんですがね。

この日、最も印象に残ったのは兄貴が歌う“Master Plan”で壮大な曲がさらに重厚で深みのある曲になっていて感動!!いやぁ~総じてノエルが歌う曲はどれもよかったー!リア坊の歌も兄貴のコーラスで救われていると思ったもの。

アンコールの“Don’t Look Back In Anger”はアコギの兄貴とゲムとキリスト様の3人によるアコースティックなセット。サビを客だけに歌わせ、おなじみの大合唱も少し違った趣きになってました。ゲムのギターソロもよかったよな~。
初期の曲でリアムが良かったのは“Champagne Supernova”、ライティングも綺麗で壮大さは頂点に! 締めの“I Am The Walrus”はサイケ感たっぷり!
ザックの後釜のクリスは、ザックと似たパワフルなドラマーで違和感なかったけれど、特に存在感も気にならず・・。

1時間45分、歌より演奏が楽しめた。(あれっ!?)全体的に最新作の重いサイケ感を帯びたアレンジになっていて、大きな4分割スクリーンに演奏中のメンバーや凝った映像が流れていたけど、Oasisでこんなにショウアップされたステージは意外や初めてかもね。

来週は攻めモードでいきまっす!“Live Forever”は今回封印してるので半分納得ですが、選曲少しは変えてくれるといいな~。

【当公演の写真が SMASHING MAGに掲載!】

◆3/27(金)テレビ朝日「ミュージックステーションSPECIAL」出演決定!!
観覧者の募集はコチラより 【応募締切:3/25(水)24:00】

来週行かれる方へちょっとしたアドバイスなんぞを。
・開場前の仕切りは、整理番号(A1,A2ブロック共通)の1~100番、~200番と100人単位、200番以降は200人単位での区切りで並んだ順番。(99番でも早く並べば1番に入れるってことになる)
・物販は開場前(16:00~)に買えます。
・メッセのコインロッカーと会場内のクロークで荷物預けられます。
・ペットボトルは厳しく取り締まっとります、見つかったら没収。開演後リアムが客に何本も放り投げていたけどね。会場内でビール買えます。
・プロ仕様のカメラは禁止と張り紙あったけど、デジカメも携帯もNG!それなら、撮影は一切禁止と書くべきかと。


【set list】
by 033_MFS | 2009-03-22 02:33 | ♪音楽-LIVE
OF MONTREAL@Duo Music Exchange(3/12)
オブモンことof MontrealはR.E.M.と同郷ってことで気になる存在でしたが、どのアー写を見ても怪しくて・・ちょっと遠慮してましたー。ワタシはヘンテコとか奇天烈といったキーワードに食指がビビッ!と動くことはあまりないんでねぇ。でも最新作『Skeletal Lamping』を聴いてみたら、カラフルで万華鏡のようなポップサウンドで楽しそう~!っつうことで、観に行くことにしました♪
c0024243_3452072.jpg
オブ・モントリオール : 米ジョージア州、アセンズでケビン・バーンズ(vo、g)を中心に結成。97年アルバム『Cherry Peel』でデビュー、その後もコンスタントに作品をリリース。米国における個性派インディ・ポップの代表的存在。

オブモンはアルバムを量産していて、最新作がもう9枚目!最新作と前作しか聴いてませんが、シザー・シスターズのグラムロックのテイストを感じるポップやビートルズ的なサイケポップという印象を持ちました。アセンズといえば、大御所パーティ・バンドのB-52'sも輩出してましたね。

18:30過ぎに会場入り、下段フロアは真ん中より後方は空いていたけど、少しでも全体が観やすい場所をと、柱と柱の間の後段センターに落ち着く。徐々に客が増えてくると外国人が多いのは珍しいことではないんだが、いつもと違って個性的なファッションのオサレさんが多かった!開演の頃にはほどよくフロアが埋まっていました。

タイガーマスクのジェスチャーによる客を煽る前フリ?で開演!ケヴィンは目の回りを青ラメでアイメイク(←スタイプに通ずる!)、ワンピース丈の民族チックな衣装。他のメンバーもフツーじゃなくて、仮装してます。キーボードの紅一点はナチュラルで可愛かったわ。アー写に映っている黒人メンバーはいなかった。
ドラムセットがあるのに最初の数曲は打ち込みで、鍵盤(時々ベースも弾いてたっけ)さんが途中でドラムを叩いたり鍵盤に戻ったりしてた。

奇抜なステージ・パフォーマンスを展開するらしい、ことは知っていたけど・・・・数曲置きに登場する男女2人の小道具を使った寸劇の数々がオモロイ!大仏のような金色の着ぐるみやら、全身黒タイツ、筋肉モリモリやほぼ下着姿etc、かじったリンゴやバナナを客に投げたり、サンドウィッチを配ったり、取っ組み合いのケンカしたり、虎男も乱入してくるわ、司祭が出てきて和解などなど、バンドの演奏にお構いなく繰り広げられるちょっときわどくて可笑しな演出!寸劇隊が登場する度に大声でゲラゲラ笑っちゃうー。
c0024243_3455351.jpg
↑来日前の3月のオーストラリア公演より-Kevin Barnes

ケヴィンはカリスマ性のあるフロントマン!歌声は脱力してそうで高音が力強く歌えてる。D.ボウイの影響を感じさせる中性的なイメージで、不思議な魅力を放ってる~!寸劇隊と絡んでもとぼけた表情で素っ気ないかと思えば、可愛い微笑みがこぼれたり、ノリの良い曲でぴょんぴょん飛び跳ねる姿もカワイイ~!もこもこした毛皮に着替えると、この衣装に付いてるホースからスモークがモクモクたかれるが真顔で演奏、かなり気に入っちゃいましたー!海外公演では、ほぼ全裸でギター弾いてたり、スカート着てたり、全身泡まみれになってたり、馬に乗ったり、もっと奇抜なことやってます....。まぁ、ワタシはそこまでやっていただかなくても十分に満足でございます(^^;)

スクリーンにはポップアートな映像が流れ、グロテスクだったりタブーな世界が描かれていたかもですが、じっくり観てる余裕ないっつーの!寸劇が面白くて、ケヴィンが素敵すぎて・・・。

来日公演の演出はわりと控え目だったとはいえ、今までに体感したことのないB級ワールドはデンジャラスでアホでハッピーですんごい楽しかったーー!!!楽曲も好いわー◎ また、絶対観たいですっ♪

事後調査によると、寸劇隊のニーナ嬢はケヴィンの奥さんで、虎男かもう1人の男性がデヴィットといってケヴィンの弟らしいっす。虎男は袖に引っ込むとラップトップの前に座って操作していたので、VJ兼任→アート担当ということで、こっちが弟かなぁ。

YouTubeの映像を漁ってたら面白いのイロイロあるんだけど、敢えてまともなやつを!

of Montreal - An Eluardian Instance (Live)

最新アルバムの収録曲ですが、映像は1年半前ごろで新曲と紹介して演奏。寸劇隊が出てこないですけど、楽曲の良さとケヴィンの素敵さが伝わりやすい映像ということで選びました!画質・音質が悪くて残念なのだが、フランツの “Take Me Out”のカヴァー演ってたのも、カッコよかったわん!

【set list】
by 033_MFS | 2009-03-21 23:48 | ♪音楽-LIVE
PAUL STEEL@Shibuya Club Quattro(3/9)
先週初めSmash会員の招待に当たってポール・スティールを観てきました!
えっと、チケの売れ行き不振のときに出回る招待応募ってやつです。前売りを買って参加していた友人らにはすまないが。ネットが普及する前はアットランダムに送られてきた招待ハガキで、届いた日の翌日とかでもラッキー!と喜んで観に行ったもんだよなぁ~。
c0024243_235446.jpg
英ワージング出身のシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト。07年、自主制作でデビューEPを発表、XTCのアンディ・パートリッジや、ヴァン・ダイク・パークスから賞賛を受け、同年のフジロックに出演。メジャー・レーベルからのデビュー・シングルが不発に終わり、レーベルとの考え方の違いから、既に完成していた1stアルバム『Moon Rock』を再び自主リリースする。

開演10分前に招待者の行列に並んでからフロアに入ったのに余裕ありすぎる客の入りで、前方で待っていた友人と難なく合流できちゃった。。

メインがキーボードで時々ギターを弾きながら歌うポールはまだ22歳!
バックメンバーは、紅一点のギター、日本人のベース、英人のドラムといった構成でまず絵的に面白い!ポップとは聞いてましたが全くの未聴。SFA、Beach Boys、Todd Rundgrenらをリスペクトしているという音楽性は、ポップでキャッチーながら音楽オタクのヒネリも感じられる!アー写はおどけてる顔が多いんですが、実物はとっても可愛い!歌も上手い!

ソロ・アーティストということでMIKA(ミーカ)と比べられたりもするようですが、私はこっちのほうが好きですね。バンド・サウンドが前面に出ていて、ガレージロックな感じがよかった!中盤に鍵盤弾き語りで、観客フロアのステージ向かって右側前方の後段にセッティングされたのですが、柱の側に居てどんな様子だったのかはさっぱり・・・。ソロでしっとりビーチボーイズのカヴァーを、終盤にバンドで演ったスーパーグラスの“Caught By The Fuzz”が勢いある演奏で違和感なく楽しめたー!
ドラマーさんが素敵だな~と観てましたら、声援が飛んでいたのでちょっと名の知れた人なのねと後で調べてみると、元?Jeevasのアンディさん!そういえばJeevasも招待(ハガキの時代)で観てたっけ。あはは・・。

新人で約1時間半は立派です、終演後に物販でアルバム買いました!ライヴで観た印象では、楽曲も歌声もルックスもイイ線いってるけどパンチはもう1つかしら。(そういう意味ではMIKAはパンチ力がある、好きじゃあないけど。)

木曜日にof Montreal@duo(←すんごい楽しかった!)の後、渋谷のHUBでゲストDJ出演するとのことでお店に寄ってみました。店内は混み合っていたので、ポールが席を立ったときに雑談をして、あまりの好青年っぷりに満足してギネスのハーフ1杯でおいとま。アンディはドラムの先生をしていて、ライブ後早々ブライトンへ帰国していたのでした。

今年のライヴ一発目のミスジェから、毎週ライヴ行ってるよなってことに気づき・・3月1週目で途切れるところだったんですが、Shindouxxxさんちのジュニア君のライヴを下北沢に観に行きましていちおう自己記録更新中で~す。(呆)

【set list】
by 033_MFS | 2009-03-16 01:50 | ♪音楽-LIVE
ジムジムジムジムジム・・・
ライヴレポには収まり切らなかったはみだし編でーす♪
c0024243_4181293.jpg
“マイモニ オン ザ レッドカーペット!” -51st Grammy’s on the 8th Feb.09
c0024243_4194111.jpg
正装したマイモニ君たち、グラミー賞で Best Alternative Music Album にノミネートされていたのですよ! 録画失敗したのが悔やまれるぅ~
Beckとデスキャブらも候補に名を連ねたコチラの賞、受賞者はRadiohead!
ジムかわゆいなー♡ オフで被ってた帽子にライヴでも羽織ってたマントっぽいですけどね。
c0024243_1238152.jpg
(↑記事はクリックで拡大します)
CROSSBEAT・3月号の「ミュージシャンが選ぶ08年ベストアルバム」にジムが参加しとりました。マジメに10枚分のコメントを寄せている律儀なお方ですな。
うーん、持っていたのはConor OberstとMercury Revだけか・・。未聴盤を片っ端から聴いてみたくなっちゃう。 『ブエナ・ビスタ~』が長年の愛聴盤ってゆうのにもちょい反応できる。映画館で観て、コンサートも行ったぞ、イエーイ!

最新の4月号には2月来日組のライヴレポやインタビュー記事が載っているのにマイモニが載ってないっ!?最終ページのライターさんコメント欄にインタビューは次号で!と書いてあったわ。で、取材時にジムが「これから上野でパンダを見るんだっ!」とノリノリだったそうで、現在パンダはいないことを教えた途端、「オー・・・・・・」と落胆したというこぼれ話が載ってました。いや~ん、やっぱり上野界隈を散策していた写真(↓の綴じ込みにしておきまふ)の真意はそこにあったんだ!って、思いっきり内輪ネタで~す、でへへ。

RO誌の粉川さんは以前よりプッシュしていたよね、最新の4月号にインタビュー記事載ってましたー!取材時のブログ写真が可愛い~!

『Celebración De La Ciudad Natal』/My Morning Jacket
 発売予定日:4月21日(USは4月18日)

c0024243_255664.jpgTrack Listings:
1. Evil Urges
2. Highly Suspicious
3. Gideon
4. Where to Begin
5. Librarian
6. Phone Went West
7. Dondante

故郷ケンタッキー州ルイヴィルで録音したライヴEP。お気に入りのレコード屋でのインストアやWaterfront Parkでのライヴ音源が収録されているようです!

ただの観光客なマイモニさん
by 033_MFS | 2009-03-16 00:06 | ♪音楽-思い入れ強い編
MY MORNING JACKET@Shinsaibashi Club Quattro(2/6) partⅠ
(3月初旬から軽度の花粉症と風邪を併発してたっぽいのですが、まぁ一種の燃え尽き症候群ってやつですねぇ。これを書き上げてから脱力するつもだったのにその前にダウンしてもうた。。オロロ~ン。。冒頭の部分は2週間前に勢いよく書き始めたときの文章のまんまですが・・まっいいか!)

先延ばしにしてしまったマイモニの大阪レポ、来日2公演めっちゃ濃かったので自分の中で消化しきれずにいたこともあるけど、うあーまだ消化したくな~い!という意識が強かったからにほかなりません。
しばらく時間を置いてから書くことにして、目先のライヴを優先すべく切り替えてみたのですが、マイモニ後遺症は思いのほか深刻で、続くライヴラッシュを心底から楽しめてない自分に戸惑い嘆いたよ・・。時間の経過とともに治ってきて、Feederでスッキリ爽快!Travisでハッピーになれた!で、悟ってしまったわ。マイモニで受けた興奮と感動を味わうには、またマイモニを観るっきゃない!と。
c0024243_3231551.jpg
私と同じく東阪公演を観る予定のOちゃんがダウンしてduoを欠席、東京のみ参加予定のgちゃんはduo終演後開口一番「大阪も観てぇ・・」とつぶやくわ、と身辺でちょっとしたドタバタ劇ありましたが、諸事情を乗り越えて3人揃い踏み!

クリマンの会員先行で申し込んだチケの整理番号はひと桁番台!てか、呼び屋の先行で取ってたのは10人ほどしかいなかったかも。。お陰さまでジム前の最前列を難なくキープ!ここは手すりのバーのみで鉄柵を張っておらず足を自由に動かせられるのがいいっすね~。duoより一回り小さくキャパは6~700人ぐらい、ステージは低く横長。それでもやっぱり小さいなと実感したのは、duoではステージ後方の左右に飾られていたフクロウの垂れ幕がなかったのでした。

開場後しばらくの間は前方の数列目までと後段カウンターのイス席以外はまったりした客の入りでしたが、開演の頃には埋まっていた様子。皆さんのレポなどを拝見していると、東阪ともに男子率9割か?!と書いてあって、マジっすか…とあらためて驚いてしまうんだが、ややや、もうちと女性客いたと思いますよん。そんなことで気後れされぬように、ワタシは女子でも楽しめるマイモニ♪という切り口で書いてみよっと。そういえば、野太い歓声に混ざって「マイモニぃ!」と女性の掛け声が飛んでたときはウケました、関西人だねぇ(!?)。

duoのときは機材調整の理由で開場が10分以上遅れ必然的に開演も15分以上遅れ、で、始まったらメンバー各々が一斉に人差し指を上に向けて音量上げるように指示出してて笑っちゃったけど、あの日は中盤まで頻繁に人差し指が出ていたように記憶してます。クアトロは5分も押さずすんなり開演。1曲目の “Evil Urges”から音響バランスはかなり良いんでないか!?続く“Touch Me I'm Going To Scream Pt. 1”はジムのマント・パフォーマンスだったと思いますが、両足を大きく開いて閉じてを連続して行う軽快なステップはふっくら体型を感じさせない動きだー!

んー我ながら長文と思いけり・・(苦笑)
by 033_MFS | 2009-03-15 23:56 | ♪音楽-LIVE
MY MORNING JACKET@Shinsaibashi Club Quattro(2/6) partⅡ
長々書いてきましたが、これでもまだ書き足らないほどで(^^i)、あとがきとしてお伝えできる限りの情報や写真をアップして完結しま~す。

今後のライヴ日程が未定なのは淋しいですが、日本公演でツアー終了していてよかったと思いたい。あの後も続いていたら観たくても観に行かれない辛さに耐えて耐えて耐えて過ごさなきゃいけなかったもんなぁ。

っつうことで、そんなワタシやアナタの心を慰めてくれる素敵な音源サイトを。

マイモニのライヴ音源を無料配信しているサイトはコチラ↓
http://www.archive.org/details/MyMorningJacket

アーティストの許可を得て配信されており、mp3より良い音質で自由にDL可能!来日公演も観客による録音を公認していたので、観客フロアにプロ仕様なマイクスタンドが立っていた!?とかで、かなり高音質な録音で楽しめますよ!!バンドの寛容さとファンの頑張りが有難いね♪演奏のクオリティーも高っ!

【set ist】+photoスライドショー
by 033_MFS | 2009-03-15 23:55 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ