033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
THE DRUMS@Heaven, London(9.Jun.2010)
5泊7日の現実逃避の旅から戻ってきてはや5日、水曜日からフツーに働いてましたよん。丸一週間の休暇も週半ばの帰国だと、あと数日で週末の休日かと思えば疲労感がぐーんと軽減されたかな。ライブを4本観る予定で出発したのですが、思わぬ幸運で1本増えて、毎晩ライブ&遅寝三昧のすっごく充実した海外遠征だったわん♪ 旅の道連れOちゃんとUK在住のmieさん、一瞬だけ会うことができたAさん、お世話になりました&楽しい思い出をありがとー♡
c0024243_0105916.jpg
食レポがメインとなりそうな旅記も書きたいのだが、まずはライブレポから!

初日はヒースロー空港に夕方到着後、Piccadilly Lineに乗ってキンクロことKing's Cross駅のホテルまで移動して、手早くシャワー浴びたらライブ会場へ向うため地下鉄キンクロ駅へ。Northern Line1本で行けるつもりだったのが、どうも様子が違って2本見送り、ホームにいる人に行き方を尋ね「1つ先の駅で乗り換え」と教えてもらうも、1つ先のEuston駅で乗り場を間違え右往左往し・・どうやらこれに乗れば大丈夫!?という電車に乗り込んだら、何の合図もなく突然ドアが閉まりかけ(→o←)、あわてて手でこじ開けようとしてみたもののビクともせず、無惨にもOちゃんがホームに置き去りにされたまま発車。。。

チケットを手配してくれていたmieさんとは会場最寄りのCharing Cross駅のtube(地下鉄)でなく鉄道駅側で待ち合わせをしていることは、Oちゃんにつぶやいた程度でロンドンの地下鉄は構内・車内ともにほとんど圏外で携帯が使えないので、電波のつながるところまでやってくるだろう!と地上で待っていたら、期待通りにやってきてくれた~。(ちょっぴり冷や汗編)

hype or hit ?
by 033_MFS | 2010-06-20 23:28 | ♪音楽-LIVE
次のライブはThe Drums!
どうにもこうにも時間の見積もりが甘ちゃんで・・・すっきりしないまま今年も折り返しの時期が近づいてきました~。

☆YEAH YEAH YEAHS@Stellar Ball(1/16)
★CAT POWER and Dirty Delta Blues@Duo Music Exchange(1/17)
☆KIKKAWA KOJI@Nippon Budokan(2/6)
★DANIEL JOHNSTON@Laforet Museum Harajuku(2/9)
☆OK Go@Daikanyama Unit(2/26)
★PLACEBO@Akasaka Blitz(3/5)
☆BOB DYLAN@Zepp Tokyo(3/29)
★ASH@Daikanyama Unit(4/6)
☆JAMIE CULLUM@JCB HALL(4/7)
★PAVEMENT@Studio Coast(4/8)
☆WILCO@Zepp Tokyo(4/23)

以上、書き損ねてたレポたちです。今日までにディランとWilcoは完筆しよう!と自分にノルマを課してたけど見積もりが甘かったー。また機会を見つけて何本かは書き上げてみるつもり!ライブレポは観た者が書ける特権なので♪

次のライブはThe Drums!
by 033_MFS | 2010-06-09 10:59 | ♪音楽-雑記
Rick Springfield@Billboard Live Tokyo(4/30)
80年代半ば頃までのミーハー乙女時代にジョン・テイラー(Duranx2)と並んでアタシの中で洋楽界における王子だったリック・スプリングフィールドのライブを17年ぶりに観に行っていましたのよ。むふふのふー♪
c0024243_7592142.jpg
Rick Springfield (リック・スプリングフィールド)
1949年8月23日、豪州シドニー生まれ。69年に地元のバンドZootに加入し成功する、解散した翌年の72年に渡米しソロ・デビュー。不遇の時代を過ごすが、ルックスのよさを買われて俳優業に転身、81年に出演した全米高視聴率ドラマ「ジェネラル・ホスピタル」で人気者となり、同年に再開した音楽業では「ジェシーズ・ガール」が全米1位となり、グラミー賞の最優秀男性ロックボーカル賞を受賞。80年代前半に次々とヒット作品を発表、88年以降はしばらく音楽制作から遠ざかったが、97年から活動を再開。05年に初のカバーアルバム、08年に約4年半ぶりのオリジナルの新アルバム『Venus in Overdrive』を発売。

07年8月に六本木の東京ミッドタウン内にオープンしたビルボードライブ東京、行ってみたかったのよね~。ここの公演日程は普段観に行ってるライブでもらう告知チラシに入ってることはないし、前売り情報を見落としがちなのだ。今年だと1月のRoddy Frameに、4月のJim O'Rourkeのバカラック・トリビュート(一足先に来日していたWilcoのグレン・コッチェ参加!)をもっと早く知ってれば・・・。4月中旬ごろ音楽月刊誌のライブ日程を何気に隅までじっくり眺めてたときにRSの来日を知り、うきゃァァァ~~!!!

この会場は基本1日2ステージで、平日の開演は1stステージが19:00、2ndステージが21:30。一般のチケット・サービスでも一部前売りを扱っているとのことで、チケットぴあにアクセスしたら空席無しだったので、ビルボードの公式サイトから申し込んでみた。うーむむ、席種が色々あってよう分からん!? ってゆう困惑は無駄な心配で、連番で取れる席が最上階の前列端っこか後列という余りもの感が漂う席ではあったけれど、公演日近くには東京2公演全4ステージが完売していたので、2週間前に気づいといてよかったー!出演するアーティストにより料金はピンキリらしく、RSはサービスエリア・9000円、カジュアルエリア・7000円でした。因みに3年前の杮落としのスティーリー・ダンは2万3千円と1万9千円だって!

80s友の会のスカさんに声かけふたつ返事で乗ってくれたのですが、やんごとなき事情により不参加となり、洋楽ライブ滅多に行かないが、にわかベストヒットUSA世代という後輩に来てもらったら「名前はよく聞いてたけどどんな曲かは覚えてないんですよね~リック・スプリングスティーンって」と言われ、あちゃー。いやぁ、あの頃も紛らわしい名前と言われてたっけね。

サクッと書くつもりが・・・
by 033_MFS | 2010-06-05 23:10 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ