033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フジ10私的タイムテーボー♪
c0024243_2252167.jpgいよいよフェス週間に突入しましたっ!
昨日のTHEM CROOKED VULTURESの単独公演に始まり、スマパン単独までの2週間で9本(フェス5日+単独4本)の予定。 わおー我ながらチャレンジャー(汗


明日から参加のフジロック、恒例の仮想タイムテーブルを記していきます♪

◎本命:気合満点!最前線でフル観するぞー!
☆対抗:気合1発!あわよくば前方でフル観!
▲注目&押さえ:気合8分、ダークホース
(>_<):観たいけど時間的(物理的)に諦めるしかない・・(泣)
無印:余裕あればチラ観でも・・・好みでなければズラかるぜ。

【7/30 Fri】
10:30-11:00 会場入り目標!
12:30-13:20 ASH<緑>☆
14:00-14:50 THE CRIBS<緑>☆
15:50-16:50 MUTEMATH<緑>基地からチラ観できるかどうか。
16:40-17:30 BROKEN BELLS<赤>☆
17:10-18:00 JAGA JAZZIST<白>(>_<)
18:10-19:10 DIRTY PROJECTORS<橙>翌日観る~!
18:20-19:20 THE XX<赤>▲
19:20-20:30 THEM CROOKED VULTURES<緑>だから単独観にいったの!
20:20-21:20 CORINNE BAILEY RAE<白>(>_<)
20:30-21:30 BROKEN SOCIAL SCENE<赤>◎
21:30-23:00 MUSE<緑>(メインステージのトリということで記述
22:10-23:30 !!!<白>☆


Broken Social Scene - "Meet Me in the Basement" Live at the Harbourfront Centre (07.11.09)
イチバン楽しみにしているのが初日のBSS!!!この曲でハジけたいっす♪

【7/31 Sat】
**:**-**:** DRAGONDOLA??
12:40-13:30 DIRTY PROJECTORS<赤>▲
13:00-13:50 JOHN BUTLER TRIO<緑>時間的にムリ~。
13:55-14:40 DETROIT SOCIAL CLUB<赤>
14:40-15:40 KULA SHAKER<緑> 観るなら基地からかなぁ。
15:15-16:00 MATT & KIM<アヴァロン>山奥まで行くのか?!
16:30-17:30 JAMIE CULLUM<緑>☆
17:30-18:20 22-20s<赤>☆
18:20-19:30 JOHN FOGERTY<緑>
20:20-21:50 ROXY MUSIC<緑>☆
22:10-23:30 MGMT<白>前座で観たからいいっかな。
22:30-23:30 CHRIS CUNNINGHAM<緑>▲
02:45-    MYLO(DJ SET) <赤>部屋飲みしている可能性大!

【8/1 Sun】
**:**-**:** DRAGONDOLA??
12:30-13:20 OCEAN COLOUR SCENE<緑>☆
12:40-13:30 YEASAYER<赤>(>_<)
14:00-14:50 DONAVON FRANKENREITER<緑>
15:10-16:10 CODEINE VELVET CLUB<赤>
15:40-16:40 VAMPIRE WEEKEND<緑>
16:40-17:30 FOALS<白>▲
18:20-19:20 LCD SOUNDSYSTEM<白>☆超悩む!■当日決める
18:20-19:20 HOT CHIP<赤>☆超悩む!■当日決める
19:10-20:30 ATOMS FOR PEACE<緑>☆
20:20-21:20 IAN BROWN<白> 優先順位低いわ、ゴメンなさい。
20:30-21:30 AIR<赤>▲悩むぅ!■当日決める
21:30-23:00 MASSIVE ATTACK<緑>(メインステージのトリということで記述
22:10-23:30 BELLE AND SEBASTIAN<白>◎
23:00-00:00 DJ ALEXIS TAYLOR (from HOT CHIP)<赤>
23:40-00:40 SCISSOR SISTERS<緑>☆でも■当日決める
00:00-01:00 DJ JAMES MURPHY(LCD SOUNDSYSTEM)<赤>白で観れなければこっちを・・。


【出演アーティストによるサイン会!】

予定されているメンツでアタシが特に参加したいのは何かわかっちゃうよね~。前夜祭参加のAちゃんに整理券ゲットしてもらえたようなので、むふふー。

バー033は今年もグリーンステージ後方の基地にて営業予定!乾杯でおもてなししますので遊びに来てくださいませ♪
フェス期間中はブログにtwitter設定してツイートで居場所をお知らせしようかなと考えたのですが、電波の入り具合は?! ←支障ありそうなのでやめます(^^;)
by 033_MFS | 2010-07-29 23:35 | ♪音楽-雑記
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
THE HANGOVER

【結婚式を2日後に控えたダグは、独身最後の夜を満喫するため、悪友2人と新婦の弟を連れラスベガスへ向かう。高級ホテルに泊まり酒やギャンブルでバカ騒ぎをした男たち、翌朝ひどい二日酔いから目覚めると、部屋は滅茶苦茶でダグの姿はなく、代わりに1頭の虎と赤ん坊がいた……。重度の二日酔いで何も思い出せない彼らに、一体なにが起きたのか!?】

c0024243_2362098.jpgc0024243_237823.jpg
比較的低予算で大スターが出演していないにもかかわらず、全米で大ヒットを記録し、ゴールデングローブ賞の作品賞にも輝いたコメディ映画。コメディは米国外ではヒットが難しいという従来の常識も打ち破り、世界27カ国で第1位を獲得!
結婚式を間近に控えた花婿と友人たちが独身最後のバカ騒ぎをしようとラスベガスに繰り出すが、ハメを外し過ぎて花婿が行方不明に。2日酔いで花婿を探す男たちのドタバタを描く。主演は『バレンタインデー』のブラッドリー・クーパー。

【監督/製作】 トッド・フィリップス 【脚本】 ジョン・ルーカス&スコット・ムーア
【出演】 ブラッドリー・クーパー/エド・ヘルムズ/ザック・ガリフィアナキス
ヘザー・グラハム/ジャスティン・バーサ/マイク・タイソン
2009年/アメリカ/100分
■第67回ゴールデングローブ賞受賞:作品賞(ミュージカル・コメディ部門

◆公式サイト

More
by 033_MFS | 2010-07-19 22:10 | 映画
SUPERGRASS@La Cigale, Paris(11.Jun.2010)
海外のライブで英、愛、米の英語圏外で観るのは初めてとなったお仏蘭西。空港利用以外では初パリでございました。でもって、滞在時間は約24時間という忙しないものでしたが、Supergrassの解散ツアー最終公演を観るという第一の目的は十分に果たせた~!そもそも未訪の国でライブを観ようと強気になれたのは、仏旅行リピーターのOちゃんが一緒だったからさ。てへっ。でも、なんでオーラスがパリなんでしょうか?5th『Road To Rouen』のルーアンはフランスの都市でレコーディングも同国で行われた、クームス家のもう1人の兄弟がパリを拠点に音楽活動をしているらしい、ミックが大ケガをしたのはフランス・・ということぐらいしか関連わからず。
c0024243_304081.jpg
会場ドまん前の宿を取ったので、街中を出歩いて戻ってきた17:15ごろに開場待ち状況を見に寄ってみると、たむろしてる人も合わせてざっと100人近く居てビックリ!(☆o☆) 「うっそでしょ~~~!!! 」
他公演よりチケ売れ行き鈍めで多分ソールドアウトしていなかったので、余裕かましてました。ロンドンですら18:10で数十人だったのに。ややや、オーラスたるものこうあるべきというか、こうあって欲しいと思いつつ、「今から並んでも最前ムリじゃん・・」と気分的に撃沈。この日のパリは30度を超えてたと思われるピーカンだったので、宿で涼んでいたら気合抜けモードに陥り・・「前座の開演間に合えばいいっか~」と夕寝しちゃった。
c0024243_321826.jpg
19:30ごろ会場へ入ると、これまた「うっそ~!」という光景が!スタンディングフロアの最前から20列ほど体育座りしてました、しかも、みなきちんと整列してたのでウケたー。そして、両端のスペースが余裕で空いてるという。モチロン、すかさずミック側の最前をキープ!

会場のLa Cigale(ラシガール)は1400キャパ、2階席広めの小劇場のような雰囲気で、スタンディングエリアは1000人も入れない感じ。さらに驚いたことがあって、最前列の柵がなくステージに腕乗せて観れるような環境だったんですが、セキュリティ居なけりゃ、ステージ上に荷物や飲みかけのコップを置いてもまったく注意されない!お構いなしにケーブルの上に置いたりするんで、ウチらのほうがハラハラしてしまった。開演後もセキュリティを見かけず、ダイバーがステージに上がったときは袖からスタッフが出てきてたけど、こんなユル~い会場は初めて!因みに前日はThe Drumsがこのハコでやってました。パリの地が選ばれたのは、ロンドンをはじめ欧州各地からのアクセスがいいからだね。遠方から駆けつけたファンがどれぐらい居たのかは見当つかないや。
c0024243_33387.jpg
19:50頃から前座のCharly Coombes and the New Breed がスタート。Vo兼KeyのチャーリーとG、B、Dsの4人組。オルガンやピアノ音の鍵盤が前面に出たソウルフルなポップロックでSupergrassファンは違和感なく聴けます!ギャズほど特徴のある声質ではないけど、音楽センスを感じるし、ワイルドなルックスは兄弟の中でイチバン男前ですね~。ギャズのほうが小柄で弟みたい。てか、ギャズに髪の毛わけてあげてぇ。(^^;)

20:45からSupergrass!前日と同じ映像で始まり、バンドのモンタージュ映像に『Diamond Hoo Ha』のジャケが現れ"Diamond Hoo Ha Man"の演奏でスタート!開演まではガツガツしてるのかユルいのか分からない観客でしたけど、メンバーが登場すると凄く心待ちにしていたっていう想いが伝わってくる温かい大歓声と大きな拍手で迎える!やっぱり、小さな会場ならではの臨場感は全然違う!これだよ、前日から求めていたのは、このライブ感!!! ロンドンの半分以下のステージスペースはメンバー間の心理的な距離感も縮めたのか、緊張から解き放たれた安堵感なのか、親しみのもてる雰囲気になっていた!観客は程好く熱いノリで1曲目から反応がよく、『Road To Rouen』の曲も盛り上がってたし、騒ぐときは騒ぐ、聴くときは聴く、というメリハリもあって、会場全体の雰囲気がとてもよかったー!間近で観たミックは、やはり物悲しさを醸し出してはおりましたが(2日酔い?)、弾むベースラインを確かなテクニックで軽快に弾き、バッキングコーラスでも大活躍。ギャズの最初の挨拶はボンソワールで、たまーにメルシーボクと言ってたぐらい、フツーに英語早口でした。ダニーも前日より気分よさげで笑顔も見せ、ドカドカ前のめりに叩いてたわ。
c0024243_341567.jpg
.............................................(↑ミックの画像はOちゃん撮影)

ようつべデビュー♪
by 033_MFS | 2010-07-15 23:30 | ♪音楽-LIVE
SUPERGRASS@Brixton Academy, London(10.Jun.2010)
2日目と3日目は今旅のメイン目的であるSupergrassラスト・ツアーの2公演。今回の遠征お目当てを知った友人たちからは「そんなに好きだったっけ?!」とか「ドル蹴ってサル取るんだ~」ってゆう反応が多かったのよねん。
今年1月のThe Hotrats来日時ミーグリでギャズが「夏フェスでSupergrassとして戻ってきたい!」と力強く語ってくれたので、フジとサマソニの追加出演者発表の度に今か今かと待ち構えていたら、解散のニュース!!!! 失うことになって大切なバンドであることに気づかされたのかもしれない。ショックでヘコんでる間もなく、ラスト公演の発表に「めっちゃ悲しいけど、めちゃくちゃ観たーーっい!!!」てなわけで、ライブメイトのOちゃんに声をかけたら既にチケと宿を押さえてたMIKAの名阪公演を見捨てて観に行きたいと。アタシはU2の米アナハイム公演を観にいくツアーに参加しようかどうか思案中だったけど、、、。
c0024243_3265291.jpg
4/12(月)に解散の一報、翌日にさよなら公演のUK3ヶ所(グラスゴー、マンチェスター、ロンドン)+パリ公演もあることを時間差で知り、チケ取れたら行く方向で計画進行。自宅のPC修理中であったためバンドの公式サイトでプレセールやってることに気づくの遅れてロンドン取り損ねパリ確保。4/16(金)の日本時間17:00からの一般発売開始は、就業時間中に会社のPCで私用ネットなもんで、ウィンドウ画面をちっさくして焦りながら順々に画面を進んで申し込んだら2階席が取れてしまい(多分Best Availableを選択)、再トライしてスタンディングエリア(多分General Admissionを選択)を取ったつもりが、申し込み内容を見ると座席番号?入りで、んーー分からんっ!とにかく取れたからまぁいいっかと。

で、見送ったU2が、ボノ脊髄の緊急手術でUSツアーの延期とグラストンベリーのキャンセル!!!(観に行こうとしていたファンたちが他人事と思えず同情したけれど、ボノにはゆっくり養生してもらい、ベストコンディションでステージに立って欲しい!)そして、よくよく思い返してみると、Oちゃんと連れ立ってライブ行くようになったキッカケって、04年秋のスパグラ単独来日公演なんだよねー。今回に限らず遠征決断の時に働く不思議なめぐり合わせを感じずにはいられない!

先延ばししているうちに、ついつい長文に・・・
by 033_MFS | 2010-07-15 23:25 | ♪音楽-LIVE
FEEDER@Daikanyama Unit(6/29)& Tower Records渋谷店(6/30)
遠征レポがなかなか書き上げられないでいるうちに・・次のライブがやってきたので先にUPしちゃいます!Feederの通算7枚目のアルバム『RENEGADES』日本先行発売前日に行われた特別ショーケースに行ってきました♪
c0024243_0465435.jpg
Skunk Anansieの活動再開に伴い09年5月にドラマーのマークが脱退、秋には結成時からの所属レーベル倒産により自主レーベルを立ち上げRenegades名義で新曲を発表しUKで小規模のライブツアーを行っていたFeederが、覆面バンド「レネゲイズ」で行っていたサポート・メンバーを加えず3ピースのみでのスタイルを再現するという一夜限りのスペシャル・ライブ!

Feederのライブは古参ファン多しといえどもモッシュがキツめ、完売の小さい会場ともなれば、それなりの覚悟をもって端寄りの前方へ。10分押しで西部劇映画の音楽と思しきSEで開演。ステージ向かって左端がグラント、右端がタカ、真ん中後ろにサポート・ドラマーのKarl Brazil(カール・ブラジル)という3ピース編成。翌日にリリースを控えた新作 『RENEGADES』から次々と新曲を演奏。いつもながらの重量感のある太いサウンドだが、やけにタイトでソリッド!ほとんど初めて聴く曲で、どの曲も短くアグレッシブに疾走しており、何曲かはテンポが速すぎて、うわぁ~ついていけないっ!繊細で切ない美メロも彼らの特徴ですが、Feederらしい叙情性が感じられたのは"Down to the River"ぐらい。勢い重視で硬派な面が勝ってガンガン突き進んでいく展開も、それはそれで痛快。新作全曲+Lost & Foundを演奏した本編はあっという間でした。新ドラマーのカールは程よくパワフルでFeederに合ってると感じましたよ。

アンコールは"Insomnia"、"Sweet16"と初期曲を連発!本編では平和だった観客のノリが一気にヒートアップしダイバー続出。(1人目は女子でした。) "Smells Like Teen Spirit"のリフを弾き始め会場が沸いたが、やはり冗談まじりだったのか弾くのを止めると・・・Nirvanaの"Breed"へ!普段とは趣向を変えたライブでも、最後は♪トゥットゥルットゥー♪の"Just A Day"で締めて、アンコールはモッシュにもまれ大汗かいたー!気分爽快!

近年はギターとキーボードのサポートを加えた5人編成でライブを行っていたので、バンドを始めた頃の初心に戻ってシンプルにロックをしたい!ということで、ライブも3人で演奏することを前提に新作を作ったのだそうです。ライブを観た後に新作を聴いたら、ライブでは伝わってこなかったFeederらしいメロディラインが聴こえてきて、深みという点では物足りないけれど、なかなかカッコいい曲もあるし軽くリピートしたくなるアルバムになっていたわ!9月に東・名・阪・福岡・仙台をまわる単独ツアーも決定し、楽しみ♪

インストア・イベント+set list
by 033_MFS | 2010-07-04 23:33 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ