033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
THE NATIONAL@Duo Music Exchange(11/9)
3月中旬に予定されていた来日公演が震災の影響で延期となっていたThe National待望の振替公演!バンドセットでの初来日が東京一夜限りって・・・R.E.M.の後継者とも目されている彼らたち、本国では1000人キャパのハコで観られるようなバンドではないんだけどなぁ。ソールドアウトにならなきゃ申し訳ないとこだったけど、公演日の1ヶ月前ぐらいに完売してたね。
c0024243_2135551.png
THE NATIONAL (ザ・ナショナル)L→R: Bryce Dessner(g)、Bryan Devendorf(ds)、 Matt Berninger(vo)、Scott Devendorf(b,g)、Aaron Dessner(g,b,key)
【米オハイオ州シンシナティ出身の幼馴染同士により、1999年ブルックリンで結成。マット・バーニンガー、デスナー兄弟(アーロン&ブライスの双子!)、デヴェンドーフ兄弟(スコット&ブライアン)からなる5人組。01年にアルバム『The National』でデビュー。スケールの大きい硬派なギター・サウンドを持ち味にUSインディ・シーンで着実に評価を高め、07年発表の4th『Boxer』は米英でロングセールスを記録。2010年、4ADからリリースした5th『High Violet』で世界的ブレイクを果たした。】


08年にR.E.M.のUS公演オープニング・アクトで遠目から2回観てますが、ホント好感触で単独を観たいなと待ち望んでた!シンプルなドラムセットで巧妙なドラミングをみせるブライアンが特に気に入っておりまして、ドラムがよく観える位置を狙ってビミョーな番号だったけど左側最前をゲット!右側の様子も見に行ったら宿敵が居たんでやめますた、ふはは。

今年のイチバン候補!!!
by 033_MFS | 2011-11-27 21:33 | ♪音楽-LIVE
備忘録的まとめ書き
マイモニの来日決定!にOCSのドタキャン、ビリー・コーガンのトホホ?な写真にスピリチュアライズドの来日決定!と、一喜一憂な今日この頃。ついつい書きそびれが溜まってしまうもので・・・備忘録的にまとめ書き~。

★GIRLS InStore Live@Tower Records新宿店(10/26)
9月に2ndアルバムをリリースし、翌日に一夜限りの東京公演を控えたサンフランシスコのギター・ロック・デュオ、GIRLS(ガールズ)のインストア・イベント。21:00~の観覧フリーライブは満員の人だかり!最新作を制作した5人編成のアコースティックセットでしたが、スタッフの注意する声のほうが近くに聞こえるというよく観えない・聴こえない環境だったので、なんか掴みどころがないまま終了。(苦笑) もやっとした独特の雰囲気に儚げな歌声だったわぁ。その場で2ndを購入してサイン会に参加も出来たけど、まいいっかと。1stは持っていてライブ観てみたかったのだが、初来日時の単独やフェス出演を見逃すと、取っ掛かりが見つけられず・・・というパターンに陥ってしまうんだな。

★2CELLOS@東京国際フォーラム地上広場(10/31)
チェロでロックやポップスの名曲をカバーした超絶パフォーマンス映像で人気に火がついた、クロアチア出身の2CELLOS(トゥー・チェロズ)がキャンペーン来日中に東日本大震災の復興支援路上ライブを開催。12:30からスタートというので、お昼休みにさっと抜け出して観てきたわけだが、急な告知&オフィス街という場所柄にしては500人も集まっていたとかで、イケメンパワーを感じましたです。クラシック曲の後にウワサのマイコーとガンズの2曲をパワフルに演奏!弓が切れまくる激しいパフォーマンスは一見の価値ありやした~。チャリティの趣旨に賛同した観客がチェロ・ケースに募金する趣向で、多くの人がフツーに1000円札を投げ込んでたよ。小銭をチャリンと鳴らすのが恥ずかしかったぜぃ。当イベントの詳しいレポは⇒BARKS


2CELLOS - "Welcome To The Jungle"(Guns N' Roses)

☆Sigur Rosのライブ作品『INNI』(11/2日本先行発売)に収録されているライブ映像の爆音上映会を観ようと、吉祥寺バウスシアター(11/5)へ行ったときの小ネタを。19時半から整理番号付きチケット販売予定とのことで、19:15ごろ映画館に着いてみると満席の張り紙が!スタッフさんによると18時に満席締切となったそうで、心積もりが甘かったというか、1時間半も並んでるシガロスファンにビビリました~005.gif そういえば日本公開初日に張り切って観に行った3世代ギタリスト共演の音楽映画『ゲット・ラウド』の感想はお蔵入りにしちゃってたな。日本盤DVDが今月末にリリースされるからまいいっか。

★G.Love & Special Sauce@Ebisu Liquidroom(11/4)
c0024243_74973.jpg
通算9枚目となるアルバム『Fixin' To Die』をリリースし、今年のフジロックのグリーンステージに出演したGラヴ&スペシャル・ソース3年ぶりの単独公演!

2年前にウッドベースのジミーが脱退し鍵盤もいなくなって、今年のフジで観た新3人編成は大きなステージが似合ってないかなぁ・・・という印象でしたけど、ライブハウスで観るとやっぱり違うね~。ぎゅっと濃縮された感じで、新たなアンサンブルを魅せてくれ、今までよりバンド感があったように思います!毎回感じることなんだが、演奏はラフなようでとても安定していて上手い!!

新ベーシストのロシアっぽい名前のTimo Shankoは、エレクトリック・ベースしか弾かないのですが、内輪では「顔で弾く」と称しているようにめっちゃ表情豊かっす。アタシは数曲でトゥーマッチに感じてしまいGとジェフリーばっか観てたけど、難しい曲では真面目な形相で必死に弾いていたそうで、良いキャラしているしGラヴとのコミュニケーションはジミちゃんのときより多かったような?!

アンコールはGのギターとブルースハープによる弾き語りで"Booty Call"演りました、ダーティーバージョンで!てか、クリーン・バージョンてどんなん? 一発目の ♪I can tell we going be friends~♪の観客コーラスがショボくて笑いが起きたが、以降はバッチリでした! 再びバンド編成になっての"Stepping Stones"はひときわ歓声が大きかったね、これ聴けてよかった~!

セットリスト通りには進行しないし、相当自由なアドリブも入って、万年初心者から脱出できないGラヴのライブなんで、詳しく書けな~い!全ツしたgちゃんが超笑顔で楽しんでる姿を見れたのが何よりも楽しかったりして。ふふふふ。

【setlist】
by 033_MFS | 2011-11-19 23:47 | ♪音楽-LIVE
my most favourite band forever and ever...
この記事を書かないと気持ちにひと区切りつけられないと思いつつ、なかなか取っ掛かれず・・・1ヶ月半以上経ってしまいました。 其の間のレポはしたためておりましたんで、これを機に一気に放出するしだいです。
c0024243_23315543.jpg
 ( ↑ 後日ファンクラブから送られてきた会報誌

R.E.M.が9月21日(現地時間)に31年にわたる活動に突然終止符を打ち解散することをオフィシャル・サイトで発表しました。まったくもって非の打ちどころのない声明文の日本語訳はワーナー公式サイトまたはRO69を。

奇しくも25周年記念デラックス盤の『Lifes Rich Pageant』 (発売は7月でしたがこの頃合いで購入)が届いた日の深夜に。22日の朝目覚めてこのニュースを知ったが、ワタシにとってはまさに青天の霹靂とも言うべき出来事。通勤電車の中で彼らの曲を聴いていると涙が溢れてくるし、仕事中も何度も涙目になってしまい、それはそれはかなり落ち込みました。。007.gif

メンバーの年齢はざっくり50代前半、この先の活動が何十年も続くとは思わないにしても、あと10年ぐらいは!と見込んでいたのでね。期せずして早くやってきてしまったわ・・・。
c0024243_23344728.jpg
R.E.M.の存在を知ったのは、1988年にインディ・レーベルI.R.S.からメジャー・レーベルであるワーナーへ巨額の契約金で移籍というニュースだったかな。まぁ当時は洋楽への興味が薄くなっていた時期だったので、世間的にマイナーでも高評価されるバンドがいるんだなあぐらいの認識でした。

90年代前半に再び洋楽熱が上がっていたころ、商業的に大成功していた8thアルバム『Automatic for the People』('92)を聴いたのが、R.E.M.との初めての本格的な出会い。そこから過去作を漁りのめりこんでいき、95年の来日公演の武道館2daysで初観、同年のNY公演で初の海外ライブを経験!マイ音楽史において大きなターニングポイントとなったバンドであると言えますね。

なんせ外資系のCD屋に行く感覚も持ち合わせていなかったレベルで、日本盤しか置いてない地元のCD屋では5th『Document』までしか集められず、米国出張に行く兄に頼んで1stから4th+コンピ盤を買ってきてもらったもんな。来日公演を初見で2日共行くとか(2枚ずつチケ押さえて同行者は後で探したっけ)海外で観るなんてこと、突飛な行動だったし。えっと、こんな調子で思い出話を語り始めると書き終えられなくなるので止めておきますが・・・^^;

96年にワーナーと当時音楽史上最高額と言われた8000万ドルで再契約を結ぶのですが、97年にドラムのビル・ベリーが健康上の理由で脱退してしまいます。3人組となってからは以前ほどの売れ行きを見せなくなるも、インディーとメジャーの垣根を越えた活動を繰り広げ、多くのミュージシャンからリスペクトを受けるアーティストであり、現代ロック界に大きな影響を与え続けてきました。ワタシにとって最も重要なバンドになったことは言わずもがなです。

今年3月にリリースした15作目の『Collapse Into Now』がラスト・オリジナルアルバムとなってしまいました。
c0024243_23362683.jpg

R.E.M.の音楽をひと言で表すなら “シンプルで奥行きが深い” に尽きるとワタシは思うのです。

イチバン好きな曲は"Fall on Me"('86)で、実にシンプルでいて奥深い!

イチバン好きなアルバムは 『New Adventures in Hi-Fi』('96)かなぁ。 4人で作った最後の作品は、地味渋で乾いた音を鳴らしております。最も収録時間の長いアルバムで、発売当初から凄く好きだったわけではなく、時間をかけて心に響いてきたスルメ盤です。キラー・チューンと呼べるような曲はないけれど、粒ぞろいなのよねん。これを挙げるファンは少数派かも、ましてや女性の支持は低いでしょうな。あはは。次点は『Automatic for the People』('92)ですねー、最後の3曲がヤバすぎるもん!

80年代も傑作多いですけど、リアルタイムで聴いていたかどうかも関係してくるのかもしれない。80年代なら『Lifes Rich Pageant』('86)で出だしの3曲がアガるぅ~♪ 00年代以降なら最新作を挙げたい!あまり好んで聴かないのは 9th、13thぐらい。でもこの2枚のときに来日してくれたし、『Monster』('94)は当時めっちゃ聴きまくったなー。


R.E.M. & Eddie Vedder - "It's the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)" and "People have the Power" at Seattle (2001-10-22)
「世界の終わる日」はライブ初見時はアンコール締めの定番で、えらく感激したものです。05年の来日時は封印してたけど・・・。この01年の映像は今見ると、ドラムがジョーイ・ワロンカーでkeyは多分ケンで、エディとパティ姐さんの歌も共演しちゃって、なかなか興味深いっす!

R.E.M.のライブを観たのは6回、日本と米国で半々。何が悔やまれるかって、座席のないスタンディングで観れなかったこと、05年の来日で名阪公演に行かなかったこと。うあー、ワタシの音楽人生で最大の後悔だわ・・・。 次のツアーでは、海外遠征してスタンディング狙いする気満々だったのに。。。

そもそも、来日公演が84年、89年、95年、05年の4度というのが、キャリアからいって少なすぎるんだけど。(苦笑)

日本の単独公演は会場が武道館とホールクラスだったので、フジロック出演による野外ステージがスタンディングで観れる機会になるだろうって、ずっと思い描いて参加してきた。でも、もうそんな妄想すらも出来なくなってしまったよ。。

もうライブが観れないんだ・・・と思うと、悔しさとやるせなさが込み上げてきて、泣きたくなる。

モチロン後悔だらけではなく、それ以上にかけがえのない大切な思い出も残せました♪ 特に08年に単身で米公演を観にいったことは、思いきって行っといてホントによかった!!!!! 結局あの年のツアーが最後になってしまったからねぇ。

c0024243_23374849.jpg

R.E.M.の解散に合わせてワタシもライブ観る中心の音楽生活から隠居するのが漠然とした理想だったもので、動揺が走るのなんの。REMの存在なくして、はたして今後のライブ鑑賞楽しめるのかって??

年中行事のフジは、最大のモチベーションを失うことになってしまったなぁ。あ、でも、開場と同時に最前キープで半日耐久戦(グリーンのトリ想定)の修羅場を乗り越える覚悟も不要になったわけだが。うーん、ホッとするような悲しいような…。

ビルが脱退し3人体制になったとき、マイケル・スタイプは「3本足の犬になった」と表現し、新たな歩き方を覚えればいいと3人で活動を続けましたが、まさしく今そんな心境になっている。ワタシの中で彼らを超える存在が現れることはないだろうけど、現在進行形で良い音楽もカッコいいバンドも存在している限り、オープンマインドであり続けたいぞ!

というのも、解散後に観に行った2組のライブが素晴らしかったので、落ち込みが軽減されかなり救われたー。お陰様で、予定通りライブ行って新譜を聴いて、前売りチケもさくさく押さえる普段通りの音楽好きな生活ができてます^^

今もこの先もR.E.M.は心のよりどころであることに変わりないと断言できる!15枚のアルバムとコンピ盤にDVD化されたライブ映像やPV、動画を漁るとイロイロ出てくるし、幸いなことに多くの楽曲とメッセージを残してくれているんでね、ずっと聴き続けてたいし、いつまでも感動を与えてくれることでしょう。

こんなにも心に響く愛すべき音楽に出会えたことに感謝したい♪
ありがとう~ マイケル、ピーター、マイク、 そして、ビル。

もう大丈夫かな・・?と通勤電車の中で聴いてみるのだが、まだどうしても泣いてしまう。平常心で聴けるようになるにはしばらくかかりそうです。。。


ベストアルバムのトレイラーも泣けてきちゃう。

11月15日にキャリアを総括する2枚組のベストアルバム『Part Lies, Part Heart, Part Truth, Part Garbage: 1982-2011』がリリースされます。(国内盤発売は12月21日予定)

IRSとワーナー時代の楽曲を網羅した全40曲と、この夏にレコーディングされた3曲の新曲も収録!【収録曲の詳細は ⇒ wikipedia

シングルを中心に王道的な選曲に、何曲か意外なのが入ってるぞ!という感じ。新曲やライナーノーツ目当てで買っちゃうけどさ。選に漏れた曲で裏ベスト的な2枚組も余裕で作れちゃいますね。

このベスト盤がバカ売れしたら、再結成ライブしてもいいっかな~と、思い直してくれるかも? なんてことには・・・・・・・ならないよね、やっぱり(苦笑) 046.gif
by 033_MFS | 2011-11-12 23:24 | ♪音楽-思い入れ強い編


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ