033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
THE SEA AND CAKE@Empty Bottle, Chicago(17.Dec.2011)
4公演目はシカゴにて、先月Tortoiseで来日していたジョンマケ氏の別バンドThe Sea And Cakeを観ました!07年の来日公演時はワタシのアンテナが伸びていなくて見逃したのよねぇん。
c0024243_20551018.jpg
THE SEA AND CAKE (ザ・シー・アンド・ケイク) L→R : Archer Prewitt(g)、Sam Prekop(vo, g)、Eric Claridge(b)、John McEntire(ds)Shrimp Boatのサム・プレコップとエリック・クラリッジ、The Coctailsのアーチャー・プレウィット、Tortoiseのジョン・マッケンタイアにより、1993年にイリノイ州シカゴで結成されたジャジーなポストロックバンド。04年から活動を休止していたが、07年にアルバムをリリースしツアーを再開以降も不動のメンバーで活動中。

シカゴでライブ検索してシー・アンド・ケイクがヒットしたのは大きかった!Wilcoのチケ取れなくてもシカゴ決行の動機となりましたんで。ただ、会場のEmpty Bottleが中心街からちょっと離れた場所にあり治安悪そうだし、公共機関だと電車は使えず(最寄の駅から徒歩30分らしい)バス停が近くにあって便利というが、開演22:00で前座が2組あるとなればタクシーで行くっきゃないなと。でもって、終演後の深夜にうまいことタクって帰れるのか?!という不安も。。

メインアクトの開演が24:00!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:47 | ♪音楽-LIVE
THE NATIONAL@Beacon Theatre, New York(16.Dec.2011)
3日目は、1ヶ月前の来日公演の感動がまだ記憶に新しいザ・ナショナル!!!3000人弱キャパのビーコン・シアターでの6夜連続公演(全てsold out!)の5日目を観ました。確か最初4日間で売り出したところすぐに完売したため追加2公演が決まり、MMJのチケを取ったときに何はさておきゲットしとかないと!という直感でチケを押さえたもの。すでに連席は空いてなく、3階中間列のちょっと離れた同じ並びの2枚が取れたという状況だったのだ。
c0024243_6312632.jpg
THE NATIONAL (ザ・ナショナル)L→R: Bryce Dessner(g)、Bryan Devendorf(ds)、 Matt Berninger(vo)、Aaron Dessner(g,b,key)、Scott Devendorf(b,g)

Beacon Theatreは行きたい会場の1つでした!近年だとマーティン・スコセッシ監督が映像化したストーンズのライブ映画『Shine A Light』('08)が撮影された小劇場で注目を集めましたね。セントラルパークの西に立地し、最寄りの地下鉄駅から2ブロックと迷わず行けるところ。アールデコ調のクラシカルでゴージャスな内装が美しい~。

サポートてんこ盛りの豪華セット!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:46 | ♪音楽-LIVE
Rufus Wainwright@Town Hall, New York(15.Dec.2011)
2日目は昨年の来日公演を初見したルーファス・ウェインライトと妹のマーサに、昨年他界した兄弟の母親ケイトさんの姉アンナ・マクギャリグルの3人が中心となった「A Not So Silent Night: Christmas with the Wainwrights and McGarrigles」と銘打ったクリスマスライブを観てきました!
c0024243_825550.jpg

Town Hallは1500人キャパのホールで、タイムズスクエア近くの便利な立地。20:00開演の5分前に会場近辺に着くと、えらい行列ができている劇場があり何のミュージカルだろ?って他人事のように通り過ぎたら、それが目的地だったという。15分ほど並んで入場すると、バーカウンターやトイレの列でごった返し通路でくつろいでる人も多かったので、余裕しゃくしゃくで中へ入ってったら既に開演しとりました。(汗)

アノ御大も出演!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:21 | ♪音楽-LIVE
MY MORNING JACKET@Madison Square Garden, New York (14.Dec.2011) PartⅡ
今年5月に発売したアルバム『Circuital』を携えたツアーの年内最後の公演。えっと、正直なところ過去作と比べるとこの6枚目はやや物足りなさを感じて、年間ベスト10に選ぶかビミョーなところ・・・。
c0024243_074717.jpg
毎度アルバムジャケにはピンとこないのだが、各公演やツアーごとに作られるポスターのセンスは好きっ♪ (ポスターのデザインは公式のセットリストアーカイブで見れます! また一部は物販サイトで購入可。) 同じブロック内には物販で買ったポスターを持った男性ファンあちこちにいました!

うーん、大きくなったもんだ。
by 033_MFS | 2011-12-31 23:14 | ♪音楽-LIVE
MY MORNING JACKET@Madison Square Garden, New York (14.Dec.2011) PartⅠ
希望的想定では開場30分前の18:00に会場へ着くつもりだったのが、実際はまったく余裕ナッシングでバタバタしてタクったらちょい渋滞で・・・会場到着は18:30をまわってた。事前にチケは郵送から現地の窓口受け取りに変更されたと連絡を受け、並ばないで済むというFC専用窓口を探すもようわからん!まっ、窓口は20カ所ぐらいありさほど並ぶほどの行列ではなかったけどね。で、受け取ったチケを見ると座席番号(!?)がバッチリ記載されており、へっ?!(大汗)

c0024243_1636269.jpg


引き続き番外編+BOH!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:13 | ♪音楽-LIVE
年の瀬ではありますが
年末のタイミングで書き始めるのもなぁ…と思いつつ、テキトーに端折りながら簡略遠征記書こうかな。
c0024243_21491945.jpg
今年はREMの一件で海外遠征は諦めモードだったんだけど、なかなか来日してくれない老舗インディバンドの米ツアーで友人の在住地を回ると知って目がキラーン☆としたり、New Order 突発ライブのニュースにソソられたりしていると、マイモニ米ツアーの2nd leg発表で独りでも行けるNYのマジソン・スクエア・ガーデンが決まって、Wilcoも同時期に米ツアーということで、うんうん、やっぱり行くべきはこっちだろ~!!!って。

で、MMJファンクラブ先行申し込み開始にアクセス。どうやらアリーナ席は全てオール・スタンディングらしいレイアウトに迷わず指定席ではなくスタンディング狙いのGeneral Admissionをポチっと2枚購入!ファンクラブ購入者にはライブ前のリハーサル見学♪なんてゆう素敵な特典付きでした。NY以外はね・・・・・。他にも観たい公演がうまい具合にアンテナに引っ掛かり(Wilcoのチケ取り撃沈あれこれは機会あれば)、同行者を探し始めたらトントン拍子でgちゃんに決定♪ と、ここまでが9月末の出来事っす。

c0024243_1617269.png一般発売後のスタンディングエリアが売り切れてから気づいたんだが、→の東西ブロックに仕切ったレイアウトになっており、購入時にはそんな説明なかったのにぃ!と汗ったが、 しばらく経ってからFC購入者はステージに近いWブロックとの案内メールが来て一安心!!!

したはずだったんだが・・・・(ライブ本編へつづく)
by 033_MFS | 2011-12-30 17:13 | ♪音楽-雑記
LIVE YOUR LIFE FILLED WITH JOY AND WONDER
NYとシカゴでライヴと食と観光三昧を満喫してきましたっ049.gif

5日前に帰国し溜まった仕事や忘年会や年末の大掃除に追われる日常生活にすっかり戻ってますが、日本めっちゃ寒いんですけどぉ~005.gif
c0024243_23225021.jpg
ニューヨークの観光名所ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)のクリスマスツリー

帰国したらR.E.M.ファンクラブより最後のクリスマスギフトが届いてました。

c0024243_23242350.jpg

ライヴ音源2曲入りCDとカレンダーにグリーティングカード♪
アートワークはスタイプ氏が手掛けたのかしらん?!

カードに書かれたバンドのメッセージに感じ入るものがあったので、当記事のタイトルにしてみたのですが

喜びと驚きに満ちた人生を送れ(生きろ)よな ってか。

アルバム『Automatic for the People』収録の"Sweetness Follows"の歌詞からの引用でしたね。この贈る言葉を胸に刻んでおきたいと思います。

前回のREM記事で失念してしまったネタをちょっくら書いてみると、IdlewildのロディのREM解散に寄せたblogがよかったんですわ!
01年にアトランタ公演前の休みにアセンズ(REMの故郷)へ行って、Grit(スタイプ氏お気に入りのベジタリアンレストラン、経営には関わってないが建物を所有していたっけね)で食事をして、Wuxtry(ピーターが働いてたレコード屋)で買い物して、40 Watt Club(80年代はREMも常連)でヨ・ラ・テンゴを観て・・・etcのくだりがファン心理として共感できて微笑ましかったのだー 029.gif
by 033_MFS | 2011-12-25 15:44 | ♪音楽-雑記
もじゃ観に行ってきまーす♪
マイモニのライブ観にNYへ行ってまいります!

Wilcoのシカゴ公演とセットで企んだ遠征だったんですが、Wilcoはことごとく秒殺でチケとれんかった007.gif


My Morning Jacket XMas Curtain

うあー、Xmas Curtain 演って欲しいなあああああ!!!!

あと"Heartbreakin Man"も。

ほかにも3組のムフフなライブを予定してますんで大いに楽しんできます060.gif

まだまだ年間マイベストとか考えられないっすー
by 033_MFS | 2011-12-14 07:33 | 雑記(グルメ・旅)
THE NEW MASTERSOUNDS@Shibuya Club Quattro(12/6)
UKのファンク番長、ザ・ニュー・マスターサウンズの阪・名・東(×2)ツアー最終日を観てきた!今年のフジでホワイトステージに加え、急遽ピンチヒッターで出演したオレンジコートを大いに盛り上げたというステージは観れなかったので、昨年1月の単独初見以来となります。
c0024243_6302881.jpg
The New Mastersounds (ザ・ニュー・マスターサウンズ)
L→R : Simon Allen(ds)、Pete Shand(b)、Eddie Roberts(g)、Joe Tatton(key)

気楽にノレてクオリティの高い演奏を楽しめるライブであることは経験済なんで、今春リリースされた新作と過去作まったくもって予習せずに臨んじゃった。

開演時間19:30をまわるとほどなくしてメンバー4人が登場。パリっとしたベストスーツのエディとラフな格好の3人というのは前回と変わらず、エディがくるんとカールした口ヒゲをたくわえ伯爵っぽいが、ギャグっぽく見えなくもないような。

前半は落ち着いた感じで進行していたかしらん。エディの切れ味鋭い高速カッティングは抑え目で、ソフトなタッチでさりげなくシャープなカッティングだったり、ワウペダルを多用した渋いギターが印象に残りました!暴走気味に叩いていたタンバリンもノーマルになっていたし、今回は焼酎でなくビールをちびちび飲んでいたのも控え目な趣(ムリのきかないお年頃?)が感じられたりして。

何度となく展開される各メンバーのソロまわし、テクニック面でも見ごたえ聴きごたえ満点なんだけど、以前にも増して仲良しで楽しそうな雰囲気がすっごく伝わってきた!ご機嫌なアイコンタクトは観ているほうも、ワクワク&ニヤニヤさせられてしまう~。演奏中でもよく会話してるし、サイモンがエディの背後からヒゲを触って伸ばしたりくるっと巻いてじゃれてみたり、ジョーとサイモンが楽器を交換して遊びながら演奏してと、微笑ましかったわー。3年前に新加入したジョーはもっと硬い表情していた気がしたけれど、遠慮なく弾き倒していたし、すっかり溶け込んでいたなぁ。

後半につれノリノリモードでテンションあがっていく流れで、身体揺らし腕を振り上げていたら、やっぱり軽く汗ばんできて熱気に包まれました~!そういえば、掛け声的なヴォーカルが増えており、芸域が広がっているなと感じた。
告知されていたMountain Mocha Kilimanjaro(マウンテン・モカ・キリマンジャロ)という日本のインスト・ファンクバンドからサックスとトランペット2人がゲストで参加し、本編で2曲を共演。ギターと トランペットの掛け合いで、エディの攻めにモカキリのヒトが力んでいたかな、いやーエキサイティングに盛り上がったよ!前日のホーン隊ゲストはオーサカ=モノレールだったってね。

アンコールはメンバーたちが缶ビールやカクテルなど持って登場しカンパーイ!その場の雰囲気で曲を決めてる場面もあり"102%"とタイトル名を言ってたのは聞き取れたけれど、いかんせん予習不足で・・。 最後だけバッチリ分かった "Nervous"は再度ホーン隊が参加し、お約束の♪パッパラッパラ♪の合唱は当然この日イチバン番の大盛り上がり!途中ご機嫌斜めな感じでピートが自分にソロまわせよ!となったあたり、ホーン隊の存在をスルーして各メンバー弾きまくってたね。ふはは。

2部構成の3時間超えから本編+アンコールの2時間半と彼らにしては短くなったけれど、終わった後はけっこう足腰にきたー。あ~自由奔放で楽しかった!!! エディが「来年会おう!」と挨拶していたが、来年も観れそうな気がするぅ。

えっと、今年はこれをもって国内でのライブ納め~。と、含みを持たせて締めまする。

当日(12/6)前日(12/5)の東京公演の写真がSMASHING MAGに掲載】


THE NEW MASTERSOUNDS "San Frantico" - stripped down session @ the MoBoogie Loft(3-28-09)

オルガンの代わりにピアノというのもイイですな!

【setlist】
by 033_MFS | 2011-12-10 23:49 | ♪音楽-LIVE
Koji Kikkawa@Hiroshima Aster Plaza(12/3)
c0024243_23391472.jpg


いちおライブレポも。
by 033_MFS | 2011-12-10 23:43 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ