033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Super Sonic Festival, Seoul(14.Aug.2012)【前説編】
初韓国行ってきたー!! !
まだまだ厳しい残暑が続く今日この頃。サマソニ終了と共に終わったワタシの夏を、振り返れるだけ振り返りたい気持ちは山々でも根気が伴わなさそ・・・。とりあえず初陣となったソウルレポは書こう。 歴史・政治的にピリピリしている時期でしたけど、観光には何ら影響が無く存分に楽しんできました♪

........
Published by デジブック

気まぐれにデジブックなるもの初挑戦してみましたー。リサイズせずにアップロードできて、音楽入りスライドショーが作れ、ブログにも貼れるというので。しっかし、無料のサービスだと保存期間が1ヶ月という残念な事実を作成後に理解したという。(汗) 好みの音楽をBGMに設定しても、著作権保護のため一般公開ではNG。うーん使えないなあ。。。

てなわけで、せっかくの作品(旅行記・写真集)なので、運営会社提供の音楽に変更して、期限まで載せておきまーす。

ソウル遠征のご参考までに!
by 033_MFS | 2012-08-31 23:12 | 雑記(グルメ・旅)
フジレポ書かずにトンズラしまっす♪
残暑お見舞い申し上げます。004.gif
お盆休みに突入しまして、アタクシこれからスマパン観にソウルへ行ってまいりまーす!
c0024243_1023699.jpg

韓国にて初開催されるサマソニと連動した夏フェス「SUPER!SONIC 2012」に、
何故かサマソニに出演しないスマパンが初日のヘッドライナーってゆう。^^:
ソニマニ行かないのでSOULWAXが観れるのも嬉しい!あ、こちら2日目は参加しませんので。

一時しのぎでM.Ward氏のレポでも公開してゆきます。ではでは~
by 033_MFS | 2012-08-13 13:10 | ♪音楽-雑記
M.Ward - Acoustic Live@Moscow Lounge(7/31)
フジ帰還後も招待ライブに課題提出に書籍「ザ・ストーン・ローゼズ ロックを変えた1枚のアルバム」発売記念トークイベントと怒涛の1週間を終え、やっと精神的にも肉体的にも平穏が訪れたかしらん。って、もうじきサマソニ+αが控えているけれど。(汗) フジレポ未定なので・・・こちらを先に!
c0024243_150629.png
M. Ward (マット・ウォード)  【1973年米カリフォルニア州生まれのシンガー・ソングライター。99年に 『Duet for Guitars #2』 でソロ・デビュー、アメリカン・ルーツ・ミュージックからの影響を強く感じさせる作風で高い評価を得ている。08年に女優でもあるズーイー・デシャネルとShe&Him、09年にはコナー・オバースト、マイク・モギス(共にBright Eyes)、ジム・ジェームス(My Morning Jacket)とMonsters of Folkを結成するなど幅広く活躍。今年4月、3年ぶり通算7枚目となるソロ・アルバム 『A Wasteland Companion』 をリリース。

今年のフジロックで個人的に期待値の高かったM. Wardさん。フジ明けの火曜日に都内某所で25組50名の完全招待制アコースティックライブ開催の情報をキャッチしたのはフジ前夜の木曜日!観覧募集はツイートもしくはリツイートするだけという今どきなやり方で、苗場に発つ前につぶやき、仲間内の少数に協力依頼し、帰宅後に吉報を待ってると、Oちゃんから当選のお知らせが来て自分は落選したことを知りやした。で、これ書きながら気づいたのだが、「応募方法の<digital convenience>のTwitterアカウントをフォローし・・・」ってゆうのをやってなかったー、当たるわけないやん!!!(苦笑) ま、なにはともあれOちゃんのおかげで観れるぅぅぅ♪運びとなりました。感謝!

ライブ当日の午後に明かされた会場は、中目黒駅または池尻大橋駅から徒歩10分のところにある地下のラウンジスペース。20:15開場/20:30開演の案内でも、注意事項に「場合によっては入場規制をさせていただく可能性もございます」とあったんで、少し早めに着くようにしたら時間前だったのにすんなり入場できた。ドリンク&チャージ代が1,000円なり。場内はバーカウンターとソファーがあり、50人も入ったらゆとりのない空間で、角っこにちょっとしたお立ち台ステージが設けられていました。開演ごろには推定100人近くいたかもで、身動きが取りにくいほど詰め込んでたぞ。

バンド編成のロケンローなステージを展開したフジとは打って変わって、アコースティックギター1本による弾き語りスタイル。スタッフの準備待ちでステージの横でひっそり待機していたMさん、黒or紺キャップを深~くかぶり同系色のシャツという格好で、ステージへ上がるとインストの曲からスタート。フィンガーピッキングの名手としても知られ絶妙な指さばきで魅せてくれますが、右手の親指がすんごく反り返ってることに目を奪われてしまったりして。注目すべきポイントではないと思うけど・・・。

2曲目から素敵な歌声もじっくり聴かせ、ライブ定番?の"Chinese Translation"と"Poison Cup"に最新作からポップな"Primitive Girl"などフジでも演った曲はバンドアレンジとひと味ふた味も違う趣きがあったわん。レア感のほうが勝ってしまったのか、テンポにあわせて手拍子が沸き上がることはなく、会場全体が集中して聴き入り、曲が終わると大きな拍手と歓声が起きました。まぁ、Mさんもちょいと素っ気無い感じもしなくもなかったし、フジで連呼していた「ゲンキデスカ?」がしっとり口調になっていたよ。

終盤はフジで演らなかった曲が続き、「ラヴソングを演るよ」と言って"Outta My Head"と"Sad, Sad Song"を選曲してくれたのは嬉しい!どちらも切なく悲しげな曲だけど、深みの伴う哀愁ある歌声がステキすぎてヤバかった~! MCはボソボソながら「(日本レーベルに引っかけて?) Hostess with the Mostess...(と言ってたっけ)」とか「今日は忙しいなか来てくれてありがとう。ボクも忙しいけど・・」と照れ屋なんだか皮肉屋なんだか掴めないあまのじゃくキャラに見えた。10曲40分弱のソロ・アコースティック・ライブ、ちょっとヒネクレたロマンチックな吟遊詩人らしさが発揮されていて味わい深かった!!居心地はビミョーでしたけど(ファンより関係者多かったぽい?!)、エコーがかったしゃがれ声を堪能できてラッキーでした♪

この日の昼間に出演したInterFMの番組をgちゃんがナイスキャッチで録音してくれたネタを幾つか。Mさん、日本語で数字を100まで理解できるということで数字当てクイズになり、司会者が手始めに「サーティナインは?」と尋ねると「簡単!サ、サン、サンジュウキュウ」と答え、「エイティセブン」には「ハ、ハ、ハチジュウナナ」と確かに完璧だった!フジで観たアクトはジャック・ホワイトで、ドラマーが古くからの知り合いなんだそう。その日に東京に移動したため、ゆっくり過ごせなかったとも。東京ではミュージアムとデパ地下(フードショウと言ってたんで渋谷東急?)を楽しんだって。日本文化&食を好きみたいで、ヒジョーに好感が持てましたー。

【setlist】
by 033_MFS | 2012-08-04 23:17 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ