033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:海外ライヴ ( 40 ) タグの人気記事
Super Sonic Festival, Seoul(14.Aug.2012)【SP編】
スマッシング・パンプキンズとしては通算7枚目となるスタジオアルバム『Oceania』を6月にリリース、ビリー・コーガンいはく『Mellon Collie and the Infinite Sadness』('95)以来の出来だという自信作。ライヴで合唱やモッシュが起きそうなキラーチューンはないけど、しっかり作り込んでるし、全体的な完成度は及第点以上だわ。つまるところ「ポジティブかどうか」という点おいて、私自身は好意的に受け止めることが出来た!必然的にライヴ観たくなったが、豪ツアーにフィリピン、台湾、韓国のアジア公演が決定し日本飛ばし(?!)を歯がゆく感じていたら、RO誌インタビューのこぼれ話で 「もう日本のファンには愛されてない気がする。もしかしたらどの国よりもオリジナル・メンバーが好きだったのかもしれない・・・」とイジけてたってゆうじゃない!やっぱビリーは不安をあおってくれちゃうなあ。(苦笑)
c0024243_6175898.png

前アクトが終わる21:00ごろ会場入りできればいいかなとユルい心持ちで焼肉を食らってると、突然土砂降りの雨!週間天気予報では概ね雨となっていたのだが、前日の到着時からずっと晴れていたもんで油断しきってたー。雨具は持参していたけど、空車のタクシーが捕まらなくなるわ、メイン道路は大渋滞!結局ホテルまで戻ってタクシーを呼んでもらうも、なかなか来ない・・・。諦めて地下鉄の駅へ向かおうとしたら、宿泊客を乗せた1台がやって来て、割高の模範タクシーだけど躊躇してるバヤイじゃない。20分まったく動かず、20分ノロノロ、渋滞を抜けた10分快調に走って、50分かかってオリンピック公園(駅)に到着したのは21:45。時間も料金も通常の2.5倍で24000W(1700円)也。てか、あと15分でスマパン始まっちゃう~。(大汗)

c0024243_6371628.jpgc0024243_6375129.jpgc0024243_6394688.jpg
(写真左)会場までの進行方向を案内(誘導)する看板。(写真中央)会場外にデカい垂れ幕。大雨だし時間ないし、激写するもヌーオーダーがフレームアウトしちゃってるぅ。(写真右)タイムテーブルのホルダーがグー!(もちろんサマソニで使いまわした) セトリゲットできたはいいがビミョーに違ったりして。

夜間の豪雨の中、Fちゃんの先導で迷うことなく(帰る人はいても向かう人はおらず)約500m歩いて会場エリアへ。外の受付テントでのリストバンド交換はウチらと外国人数人だけでスムーズに完了。物販やフェス飯をチラ見する余裕すらなく場内アリーナへ急ぎ足で直行すると・・・・・・・

The Smashing Pumpkins@Olympic Park Gymnastics Stadium, Seoul
by 033_MFS | 2012-09-10 06:32 | ♪音楽-LIVE
Super Sonic Festival, Seoul(14.Aug.2012)【前説編】
初韓国行ってきたー!! !
まだまだ厳しい残暑が続く今日この頃。サマソニ終了と共に終わったワタシの夏を、振り返れるだけ振り返りたい気持ちは山々でも根気が伴わなさそ・・・。とりあえず初陣となったソウルレポは書こう。 歴史・政治的にピリピリしている時期でしたけど、観光には何ら影響が無く存分に楽しんできました♪

........
Published by デジブック

気まぐれにデジブックなるもの初挑戦してみましたー。リサイズせずにアップロードできて、音楽入りスライドショーが作れ、ブログにも貼れるというので。しっかし、無料のサービスだと保存期間が1ヶ月という残念な事実を作成後に理解したという。(汗) 好みの音楽をBGMに設定しても、著作権保護のため一般公開ではNG。うーん使えないなあ。。。

てなわけで、せっかくの作品(旅行記・写真集)なので、運営会社提供の音楽に変更して、期限まで載せておきまーす。

ソウル遠征のご参考までに!
by 033_MFS | 2012-08-31 23:12 | 雑記(グルメ・旅)
Suzanne Vega@La Cigale, Paris(11.Jun.2012)
さてさてぼちぼち書きますぞ~。フランス北西部を周遊して最後の滞在地パリで1本観てきました!
旅程の1ヵ月半ほど前に行き先を決めたとき、何か観たいのやってるかな?と検索してヒットしたのがスザンヌ・ヴェガでした。翌日のM83も引っ掛かっていたのだけど既に完売しちゃってたよ。
2年前のスーパーグラス解散ライブと同じ会場とはいえ、あのときは宿が会場のまん前で土地勘あるOちゃんにくっついて行動していたもので・・・・自力では少し心許なかったのだが、今時期のパリは夜10時頃まで明るいため不安感が和らぎましたです。最寄のピガール駅(治安よろしくないエリア)の一駅先で降りて、昨年のパリ・バゲット・コンクール1位のお店に寄って夕食を仕入れるという応用をきかせて会場入りでけたっ!
c0024243_1457451.jpg
Suzanne Vega (スザンヌ・ヴェガ)
1959年、米カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。幼い頃にニューヨークへ移住、10代前半より音楽活動を開始し、85年にセルフタイトル・アルバムでデビュー。87年の2作目『Solitude Standing』から児童虐待を題材にした"Luka"がヒットを記録。その後、アコースティックなスタイルからロック、オルタナティヴに傾倒するも、近年は再びアコースティック・ギターによるサウンドに回帰してセルフ・カヴァー・アルバムをリリースするなど、マイペースな音楽活動を続ける。

偶然にもちょうど2年前の同日の再訪となった会場。当公演は1Fのスタンディングエリアにも座席を配置した指定席レイアウトで、前から20列目の端っこの席。開演の19時半に慌てて滑り込んだが始まったのは20時過ぎ、前座は男性1人によるアコギ弾き語り。情感たっぷりの濃厚な歌いっぷり、MC英語だから英米人なのだろう、40分演ったのはちと長いぞ・・と可もなく不可もなくって感じ。この記事を書くにあたって調べてみたら、StarsailorのJames Walshでありました。ソロ活動でスザンヌとコラボ繋がりあるそーです。スターセイラーは結構売れてた印象あるけど、ちゃんと聴いたことなかったわ。眉毛兄弟から理不尽に嫌われてたってゆうことは覚えていたりするんだけどね。^^;

女性アーティストって所有している音源に占める割合は低いのですが、彼女の2ndアルバムは持ってる!"Luka"のヒット当時に、どこか悲しげなんだけどポップな曲で、ちょっぴりハスキーな可愛くもあり中性的でもある歌声に惹かれたっけね。で、歌詞の意味(虐待を受ける男児の視点で描かれている)を知ったときのショックといったら・・・。

それ以降の活動は追っかけてなかったので特別な思い入れはないけれど、4年前の国際フォーラムのときに「懐かしいー。1度は観ておきたいな」と思いつつスルー、今年1月のビルボードは他の公演とカブって見送ったという成り行きがあり、なんとも嬉しいめぐり合わせ!

殿方率の高かった座席がほぼ埋まり、21時にスザンヌとギターの男性が登場!2010年にデビュー25周年を迎えて取り組んだアコースティックによるセルフ・カバー・アルバム4部作は今のところ3枚をリリース済、昨今のツアーはシンプルな2人編成のライブを行っていること、1月の来日公演レポを読んである程度の予備知識をもって観ました。

1stアルバムから"Marlene On The Wall"でスタート。黒のパンツスーツとシルクハットに薄っすら赤毛を束ねたスザンヌ、表情はそれなりの歳相応ですが目元がキリっとした美人さん。全般に渡ってアコギを弾きながら歌うのですが、昔のイメージを保ったままでいて深みを増した歌声を聴かせる~。数曲終えると、曲間でのMCが弾むこと!セルフカバー集の解説に始まり、前方で空いてる席が目についたみたいで「その席の人はチケット忘れちゃったのかしらね?」「次はラヴソングよ。まぁハッピーじゃないけど・・」と茶目っ気と皮肉が入り交じったしゃべりで笑わせます。

フランク・シナトラと女優エヴァ・ガードナーについての曲では結婚と離婚の色とりどりな人生の物語が3分間に詰まってるとか、18歳のころにサマーキャンプでダンスを教えていたときにイギリス人青年との出会いを書いた曲とか、小話を挟んだ曲紹介も。事前チェックによると昨年5月に南部出身の作家カーソン・マッカラーズを演じるミュージカルに出演したそうで、劇中(?)歌を3曲披露しました。タバコをくわえ(スザンヌ自身は喫わないらしい)役柄になりきって歌ってたかしら。
c0024243_2131039.jpg

「スザンヌ・ヴェガの世界に戻るわね」と、映画 『プリティ・イン・ピンク』に提供した"Left of Center"を演ったのには激しく反応!!! いやー、この映画が上映された頃は青春ど真ん中でサントラも愛聴していたんだよなあああ。1月の来日公演のセトリにはなかったので、完全に油断してた!初めて彼女の歌声を聴いたのはこの曲だったことを思い出して、忘れかけていた記憶がよみがえって感動でした♪

エレキギターでサポートしていたのはGerry Leonardさん。8年前のD・ボウイや4年前のルーファス・ウェインライトの来日公演でギタリストを務めていた方なんですね。ディストーションを効かせたりストリングスや鍵盤の響きだったり、フレーズを重ねるなどエフェクターを駆使し効果的に音色を変化させてました。あくまで歌を主役として引き立て役に徹していたけれど、さりげなく存在感を放ってた!

デンジャーマウスと共作したという"The Man Who Played God"は比較的新しい曲と思われますが、なかなかの良曲!あと覚えているMCは、メルシーボークーの他に数フレーズのフランス語を喋って観客を喜ばせたことと、facebookで新作やツアーや飼ってる?犬とか情報チェックしてねとも。アコースティックセット&着席ゆえ、観客は静かに聴き入り曲が終わると大きな拍手と歓声が起こる感じでしたが、終盤で初期2作からの名曲連発にはイントロの都度、歓喜の声があがってました。本編最後の"Tom's Diner"はお約束みたく場内手拍子で盛り上がっていたのには、ちょっとビックリ~。

アンコールで再登場し何がいいい?と問いかけると、客席からリクエスト曲がジャンジャン飛び交ったさ。「それはできないわ・・」と答えたり、「ちょっと待って!」とGerryさんに相談(するフリ?)してみたり。リクエストに応えたのか分からないけれど、"Calypso"と"In Liverpool"に最後は定番と見受けられた "Rosemary"で締めました。 シンプルな編成の1時間半のライブは、スザンヌのアーティスティックな魅力にあらためて気づかせてくれた。"Luka"以外にも素敵な曲が沢山あって味わい深かったです!次の機会はバンドスタイルでロッキンな一面も観てみたいなぁ。


Suzanne Vega - "In Liverpool" @La Cigale, Paris(11-Jun-2012)

【setlist】
by 033_MFS | 2012-07-01 22:51 | ♪音楽-LIVE
THE SEA AND CAKE@Empty Bottle, Chicago(17.Dec.2011)
4公演目はシカゴにて、先月Tortoiseで来日していたジョンマケ氏の別バンドThe Sea And Cakeを観ました!07年の来日公演時はワタシのアンテナが伸びていなくて見逃したのよねぇん。
c0024243_20551018.jpg
THE SEA AND CAKE (ザ・シー・アンド・ケイク) L→R : Archer Prewitt(g)、Sam Prekop(vo, g)、Eric Claridge(b)、John McEntire(ds)Shrimp Boatのサム・プレコップとエリック・クラリッジ、The Coctailsのアーチャー・プレウィット、Tortoiseのジョン・マッケンタイアにより、1993年にイリノイ州シカゴで結成されたジャジーなポストロックバンド。04年から活動を休止していたが、07年にアルバムをリリースしツアーを再開以降も不動のメンバーで活動中。

シカゴでライブ検索してシー・アンド・ケイクがヒットしたのは大きかった!Wilcoのチケ取れなくてもシカゴ決行の動機となりましたんで。ただ、会場のEmpty Bottleが中心街からちょっと離れた場所にあり治安悪そうだし、公共機関だと電車は使えず(最寄の駅から徒歩30分らしい)バス停が近くにあって便利というが、開演22:00で前座が2組あるとなればタクシーで行くっきゃないなと。でもって、終演後の深夜にうまいことタクって帰れるのか?!という不安も。。

メインアクトの開演が24:00!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:47 | ♪音楽-LIVE
THE NATIONAL@Beacon Theatre, New York(16.Dec.2011)
3日目は、1ヶ月前の来日公演の感動がまだ記憶に新しいザ・ナショナル!!!3000人弱キャパのビーコン・シアターでの6夜連続公演(全てsold out!)の5日目を観ました。確か最初4日間で売り出したところすぐに完売したため追加2公演が決まり、MMJのチケを取ったときに何はさておきゲットしとかないと!という直感でチケを押さえたもの。すでに連席は空いてなく、3階中間列のちょっと離れた同じ並びの2枚が取れたという状況だったのだ。
c0024243_6312632.jpg
THE NATIONAL (ザ・ナショナル)L→R: Bryce Dessner(g)、Bryan Devendorf(ds)、 Matt Berninger(vo)、Aaron Dessner(g,b,key)、Scott Devendorf(b,g)

Beacon Theatreは行きたい会場の1つでした!近年だとマーティン・スコセッシ監督が映像化したストーンズのライブ映画『Shine A Light』('08)が撮影された小劇場で注目を集めましたね。セントラルパークの西に立地し、最寄りの地下鉄駅から2ブロックと迷わず行けるところ。アールデコ調のクラシカルでゴージャスな内装が美しい~。

サポートてんこ盛りの豪華セット!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:46 | ♪音楽-LIVE
Rufus Wainwright@Town Hall, New York(15.Dec.2011)
2日目は昨年の来日公演を初見したルーファス・ウェインライトと妹のマーサに、昨年他界した兄弟の母親ケイトさんの姉アンナ・マクギャリグルの3人が中心となった「A Not So Silent Night: Christmas with the Wainwrights and McGarrigles」と銘打ったクリスマスライブを観てきました!
c0024243_825550.jpg

Town Hallは1500人キャパのホールで、タイムズスクエア近くの便利な立地。20:00開演の5分前に会場近辺に着くと、えらい行列ができている劇場があり何のミュージカルだろ?って他人事のように通り過ぎたら、それが目的地だったという。15分ほど並んで入場すると、バーカウンターやトイレの列でごった返し通路でくつろいでる人も多かったので、余裕しゃくしゃくで中へ入ってったら既に開演しとりました。(汗)

アノ御大も出演!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:21 | ♪音楽-LIVE
MY MORNING JACKET@Madison Square Garden, New York (14.Dec.2011) PartⅡ
今年5月に発売したアルバム『Circuital』を携えたツアーの年内最後の公演。えっと、正直なところ過去作と比べるとこの6枚目はやや物足りなさを感じて、年間ベスト10に選ぶかビミョーなところ・・・。
c0024243_074717.jpg
毎度アルバムジャケにはピンとこないのだが、各公演やツアーごとに作られるポスターのセンスは好きっ♪ (ポスターのデザインは公式のセットリストアーカイブで見れます! また一部は物販サイトで購入可。) 同じブロック内には物販で買ったポスターを持った男性ファンあちこちにいました!

うーん、大きくなったもんだ。
by 033_MFS | 2011-12-31 23:14 | ♪音楽-LIVE
MY MORNING JACKET@Madison Square Garden, New York (14.Dec.2011) PartⅠ
希望的想定では開場30分前の18:00に会場へ着くつもりだったのが、実際はまったく余裕ナッシングでバタバタしてタクったらちょい渋滞で・・・会場到着は18:30をまわってた。事前にチケは郵送から現地の窓口受け取りに変更されたと連絡を受け、並ばないで済むというFC専用窓口を探すもようわからん!まっ、窓口は20カ所ぐらいありさほど並ぶほどの行列ではなかったけどね。で、受け取ったチケを見ると座席番号(!?)がバッチリ記載されており、へっ?!(大汗)

c0024243_1636269.jpg


引き続き番外編+BOH!
by 033_MFS | 2011-12-31 23:13 | ♪音楽-LIVE
年の瀬ではありますが
年末のタイミングで書き始めるのもなぁ…と思いつつ、テキトーに端折りながら簡略遠征記書こうかな。
c0024243_21491945.jpg
今年はREMの一件で海外遠征は諦めモードだったんだけど、なかなか来日してくれない老舗インディバンドの米ツアーで友人の在住地を回ると知って目がキラーン☆としたり、New Order 突発ライブのニュースにソソられたりしていると、マイモニ米ツアーの2nd leg発表で独りでも行けるNYのマジソン・スクエア・ガーデンが決まって、Wilcoも同時期に米ツアーということで、うんうん、やっぱり行くべきはこっちだろ~!!!って。

で、MMJファンクラブ先行申し込み開始にアクセス。どうやらアリーナ席は全てオール・スタンディングらしいレイアウトに迷わず指定席ではなくスタンディング狙いのGeneral Admissionをポチっと2枚購入!ファンクラブ購入者にはライブ前のリハーサル見学♪なんてゆう素敵な特典付きでした。NY以外はね・・・・・。他にも観たい公演がうまい具合にアンテナに引っ掛かり(Wilcoのチケ取り撃沈あれこれは機会あれば)、同行者を探し始めたらトントン拍子でgちゃんに決定♪ と、ここまでが9月末の出来事っす。

c0024243_1617269.png一般発売後のスタンディングエリアが売り切れてから気づいたんだが、→の東西ブロックに仕切ったレイアウトになっており、購入時にはそんな説明なかったのにぃ!と汗ったが、 しばらく経ってからFC購入者はステージに近いWブロックとの案内メールが来て一安心!!!

したはずだったんだが・・・・(ライブ本編へつづく)
by 033_MFS | 2011-12-30 17:13 | ♪音楽-雑記
もじゃ観に行ってきまーす♪
マイモニのライブ観にNYへ行ってまいります!

Wilcoのシカゴ公演とセットで企んだ遠征だったんですが、Wilcoはことごとく秒殺でチケとれんかった007.gif


My Morning Jacket XMas Curtain

うあー、Xmas Curtain 演って欲しいなあああああ!!!!

あと"Heartbreakin Man"も。

ほかにも3組のムフフなライブを予定してますんで大いに楽しんできます060.gif

まだまだ年間マイベストとか考えられないっすー
by 033_MFS | 2011-12-14 07:33 | 雑記(グルメ・旅)


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ