033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:Jason Falkner ( 12 ) タグの人気記事
Jason Falkner@Shibuya O-WEST(11/16)
一昨年初の単独来日公演を実現させ、3年連続でやって来てくれたジェイソン・フォークナー!くるり主宰レーベルから日本先行リリースされた新作アルバムをひっさげての大阪・東京2公演、フェスやインストアイベントへの出演がなかった今年はちょいと淋しく感じられ、必然的に遠征へと繰り出すことになってしまったけど、やっぱり行ってよかったなぁと。
c0024243_6155796.jpg
過去2年の会場であったO-nest(250人)のお隣りで約2.5倍というキャパのO-WEST、月曜日という悪条件にもかかわらずコアな旧ファン層を中心に開演時には後方まで大入りだったようですね。

10分押しでジェイソンとバンドメンバーが登場すると、いきなりチューニングを始めて笑ってしまったっけ。昨年までのサウンドチェック中に本人が出てきて会場が沸いて・・ということは無かったけど、相変わらずで微笑ましい。

今回のバンド・メンバーは昨年に引き続きAndy(G)とPetur(Dr)が務め、新顔でJeff Lee(B)が入れ替わったメンツ。出てきた瞬間から、ジェイソンのお顔がお疲れの様子で・・・前日飲みすぎたんでしょうか。大阪では「イチ、ニー、サン、シ」と日本語でカウントしてから始まったのに、あれっ?っと思ったら2曲目の "This Time"のイントロで元気よく日本語カウントやってくれたー。

新作のバンドサウンドを前面に出したダイナミックなパフォーマンスを繰り広げ、ジェイソンはガンガンにギターを弾く!そんなジェイソンのロケンローモードに合わせるかのようにジェフもドライブ感のあるプレイで盛り立てる。ステージが広くなった東京では結構前に出てきてMCもしちゃったり、見た目も華があり目立ってたなぁ。(今までの他のメンバーは地味で控え目だったんで)
大阪の小さいステージは臨場感がなかなかでしたが音響バランスはいまいちだったのよね。東京ではピーターとアンディも堅実な演奏で支えているのが伝わってきたし、(過去2年では見られなかった)アンディとジェフのコーラスも聴き取れ新たな魅力になってました!

最前列に居たOちゃんに気づいたジェイソンが「ボクのアシスタント!」と言うではないか!大阪のアンコールでギターのシールドが抜けてしまいジェイソンがどこに落ちたか気づかずお手上げ状態になったときOちゃんが教えてあげたんですわ、いやージェイソンの足元に落ちてたんだけどね。そんな知られざるエピソードを知っていたワタシはOちゃんとちょっと離れた場所で観ていたのですが嬉しくてニヤニヤしてしまった。ふふふ。ジェイソンは観客のことをよく見ていて、端のほうや2階の知ってる顔に手を振ったりしてましたよん。

新作と前作中心の選曲、アンコールではジェイソンのアコギ弾き語りで古くからのファン大喜びの"Auther Unknown"(←合唱が起きた大阪のほうが感動的だったな~)、大阪のセットと唯一異なるJellyfishの"Man I Used to Be"、バンドセットでないのも新鮮だった"She Goes to Bed"の流れはジェイソンの歌声が堪能できてよかった!!!

定番曲だと思っていた"Misunderstanding"を演らず大阪のサイン会で東京でプレイして欲しい!とリクエストしてみたら笑顔で「練習しなきゃ!」(practiceでなくlearnという言い回し)と言ってたので最後の最後まで期待してましたが・・・演らなかったねー(苦笑)。選曲に変化がないのは、バンドメンバーが固定していないから仕方ないっす。

初見時からジェイソンのアグレッシブなパフォーマンスに熱いロック魂を感じていて、その上でポップ寄りなサウンドを聴かせるほうがいい味を出してると思うのです。あの素敵な歌声が骨太になったサウンドに埋もれてしまうのは惜しい!次回は鍵盤曲を増やし、ポップとロックをバランスよくミックスしたライブをやって欲しいな♪ あ、あとジェイソンがMCする度「カワイイー」しか言えない女性客が背後にいてウザくてテンションさがった・・昨年まではこの手のミーハーな客はいなかったのになぁ。。

NMR Blogにて来日公演やオフステージ(+上海も?)の様子が順次アップ中!
c0024243_617964.jpg
東京でも終演後の即席サイン会ありました!iPodにサインしてもらったのだがコーティングする前に消えちゃった・・・(^^i)

【set list】
by 033_MFS | 2009-12-13 23:55 | ♪音楽-LIVE
Jason Falkner@LIVE SQUARE 2nd LINE(11/14)
英国遠征疲れもまだ抜けきらない中、大阪遠征行ってきました!
だって、渡英計画以前に行くべし♪と予定していたんだもーん。秋のライヴ祭りは今日のJason@東京を終えると月末の2本までちょっと落ち着きますので。それでは大阪公演はさくっとご報告まで。(前記事のコメントありがとうです!!追ってお返事させていただきますねー)
c0024243_6253923.jpg
会場の2nd LINEは250人キャパのこじんまりした雰囲気のあるなかなか良いライヴハウスでしたよ、電車が通過すると発する騒音や振動が無ければ・・・・。まさか高架下にあるなんて!(苦笑)
それゆえか分からないけど鍵盤曲が2曲と少なめ。てか、今のJasonはギター小僧モードに感じました!新たなメンバーのベースのJeffがカッコええーっす♪
15分ほど押しましたが、2時間みっちり演ったんじゃないかな。アコースティックソロの歌声が素敵で(振動音がなければもっと良し)、終演後の即席サイン会での相変わらずのナイスガイっぷりに、疲れが吹っ飛んだー。

c0024243_635727.jpg
↑物販のTシャツは白黒の2種類で日本人サイズのS・Mのみ

【set list】
by 033_MFS | 2009-11-16 07:12 | ♪音楽-LIVE
秋の祭りに備えよ!
フェス&夏休みボケで音楽情報に疎くなりがちですが、友人やご贔屓ブロガーさんが発してくれる情報は大変ありがたい! この1週間でワタシのアンテナにビビビッ!ときた新譜・来日情報をまとめてお伝えします♪
c0024243_253195.jpg
1ヶ月前の記事で新作リリースを一報しましたJason Falknerの来日公演!

◆11/14(土) 大阪 : 福島 LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 18:00 / START 19:00
◆11/16(月) 東京 : 渋谷 O-WEST
OPEN 18:30 / START 19:30

Ticket 前売: 4,000円 / 当日 4,500円 (ドリンク別)
8/17(月)よりeプラスにてプレオーダー受付中 ⇒ 8/24(月)18:00まで
9/12(土)より一般発売 ⇒ 詳細はNMRのLIVEページ

休日なので大阪秋の陣を思案中!(時期的に紅葉の京都も訪れてみたい!)くるりのツアー日程もチェックしてしまったんですが、11/12・13@大阪公演で14日が空いてるってことは・・・・!?15・16日は西のほうで公演あるため東京での共演は期待できないぞ。という感じで、あれこれ妄想が膨らんでます(^^)

9/2(水)発売予定の4th『All Quiet on the Noise Floor』はバッドニュース/NMR通販利用で購入すると応募不要で来日公演収録のLIVE DVDが商品と共に届きますよ!【通販の申し込みはこちらから

ジェイソンはチープ・トリックの最新作『The Latest』にプレイヤーとして参加し【CD Journalの特設ページ】へコメントを寄せています。10月リリース予定のダニエル・ジョンストンの約7年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Is & Always Was』ではプロデューサーとして参加!【HMV新作ニュース
ジェイソン実に忙しく働いてたんだね~!!!

◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇

先週当ブログの検索ワードでMy Vitriolが急浮上したので、新譜リリース決まったのか?!と探ってみたら・・・・来日公演が決定してたという驚きの事実にびびびびっくりしたー!!!!!(☆o☆)

◆10/20(火)・21(水) 東京 : 原宿アストロホール
c0024243_2571653.jpg [ゲスト]ポール・ドレイバー
OPEN 18:30 / START 19:30
一般販売 8/29(土) 10:00~
Ticket : 6,500円
【詳細 ⇒ ぴあ

今年1月ロンドンで共演した元Mansunのポールがゲスト出演するということでマイヴィトより注目を浴びそう。。。MVのマイスペにも、問い合わせ先のVinyl Junkie Recordingsや会場のアストロホールのHPにはまだなーんも出てないのよねぇ。しかも、21日はチケ押さえたThe Cribs@赤ブリとカブってるぅ・・・・開演時間30分違いかぁ。ハシゴできないことはない??

昨年のマイモニ、今年のMVと海外で観た2組が来日してしまうとは、ワタシの念力が通じたのかしら?!両バンドともこのブログ名と同じでマイが付くんだよねー。えへへ。

◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇

akihitoさんより第一報をいただきましたー♪ ありがとうございましたっ!

Idlewildの「Post Electric Blues」日本国内盤リリース決定!

PonyUp Recordsさんより10月21日に発売予定!

http://www.ponyuprecords.com/artists/Idlewild.html

c0024243_037754.jpg【加筆遅くなりました・・(8/23)】
日本盤は限定ボーナス3曲追加に対訳・解説付きとのことで、プレオーダ盤をゲット済みのコアファンも必買!買いそびれた方や興味を持たれた方は、この機会に是非お買い求めくださいませ♪
新作についてWikipediaに簡単な解説とUK通常盤のボートラ収録曲の記載あり。

ドルワイのUK秋ツアーは第1弾で12公演を発表済み。(詳細はマイスペで)
Roddyの最新日記によると、10月・11月に約20公演を予定しているとのことなので、未発表のスコットランド公演が11月に行われるのかなぁ・・?と睨んでいるのですがどうなんでしょ。あと、「.... another 10 or so planned for February 2010. So plenty chance to come and see the band.」とも書いてありまして、観れる機会は多くある!(2月もUK公演なのかしら・・)ということなので第2弾発表を待ちたいと思います。来日公演が決まってくれれば言うことないんですけどね~。
あ、10月のUKツアー8公演の前座はMy Vitriolのときに観たThe Xcertsが務めるんだねぇ!ドルワイをchildhood heroesと語り、憧れのバンドのツアーにサポートが決まって喜んでるそうです!

◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇

The Strokesのフロントマン、ジュリアン・カサブランカス緊急来日決定!
---------------------------------------------------------
8/31(月) 渋谷Duo Music Exchange open18:00/start19:00
6,000円(税込/オールスタンディング/別途1ドリンク)
【詳細 ⇒ クリエイティブマン

ソロよりストロークスの新作が聴きたいけど、観に行ってきまーす!

【こちらも加筆(8/23)】
フジで宣伝していたエレグラ meets ワープ!に出演するBATTLESと ! ! ! も観たいが、オールナイトのイベントに行くパワーはないので・・・単独公演希望!
by 033_MFS | 2009-08-20 06:48 | ♪音楽-雑記
今年もあのナイスガイがやってくる(かも)!!
Jason Falknerの新譜情報が解禁となりましたので、ご案内します♪

詳細はHMVのニュース記事(6月30日)をどうぞ!
c0024243_22453769.jpg
9月2日発売予定の4thアルバム(タイトル未定)の目玉特典は、初のライブDVDを応募者全員にプレゼント!!!

新作の初回生産分に、ライブDVD応募者全員プレゼント用ハガキが封入されるとのこと。DVDの内容は、昨年7月のフジロック出演後に行われた単独公演の模様で20曲約90分収録。わぉ!全プレとは太っ腹!ファンは入手必至ですが、ちょっと興味を持った方も、奮って初回生産盤をお買い求めくださいませ♪

新譜リリースに合わせて音楽メディア露出+来日公演も予定しているとか!!! 発売元のレーベルであるノイズ・マッカートニー・レコード(NMR・くるり主宰)からの正式なアナウンスが楽しみですね。

07年にNMRからリリースされた3rdアルバム"I'm OK... You're OK"、本国USでは今年の8月にやっと発売・・・。奇妙な日米逆転現象ともいえますが、日本は世界中のJFファンから羨ましがられる好環境にあることは間違いないっ!ホント‘くるり’さまさまですわ。日本からもっと盛り上げていかないと!

先々週に仲間内で恒例のお泊りフジ予習会をやったときに、02年頃のAir(エール)のライブDVDを鑑賞させてもらったんだけど(って、フジとは関係ない映像もあれこれ観る会なのさ)、ベーシストとして参加したJasonの映像が楽しめる内容となっておりました!というか、Airのメンバーより目立ってた。はは。

タイムリーな偶然なのですが、今週1ヶ月ぶりに行くライブはくるりでーす!!!
.
by 033_MFS | 2009-07-07 06:39 | ♪音楽-雑記
Jason Falkner@Shibuya O-Nest(7/28)
Beckの最新作 『Modern Guilt』の2曲でベースとギターを弾いているJason Falkner、イイはずであろう仕事っぷりを未だ聴けてません・・・(汗)

当ブログの最近のアクセス検索ワードのトップがJason Falknerであることにビビっております。早く書け!と無言のプレッシャーを感じちゃったりして。時間が経っても書ける自信も余力もないので、ファンが知りたいであろうセットリスト・ネタなどさくっと書き残してみまーす。

Acoustic Live @HMV渋谷店(7/28)18:00~
フジロックから戻ってきた日にインストア・イベント+単独ライヴのハシゴは、ちょっとした試練でしたが、休暇取ってた日でよかったかなとも。単独公演直前の開催ということで、いつもより早めの18:00から開始。3Fのイベントステージには、ほどほどにゆる~い客の集まり、ミニライブは自由に参加できたので偶然店内にきていた人も聴いていたことでしょう。

c0024243_19152170.jpg黒のTシャツとジーパンという格好、
アコギで↓の4曲を演奏。

She Goes To Bed
This Time
She's a Study (TV Eyes)
Man I Used to Be (JELLYFISH)

うっと~りする歌声を堪能した後は、本人とのジャンケン大会でグッズプレゼントというイベントがあったのですが、参加してしまうと囲いから出られなくなってしまい、長引くと単独ライヴの開場に遅れてしまうため退散。

単独公演はソールドアウト!開場前、開演前の混み合いは昨年より注目度がアップしていることをひしひしと感じたわん。

Jasonは「おおきに!」を気に入ってるみたいで、フジでも、インストア・イベントでも挨拶がわりの言葉として使ってましたね。
ホントにあんまりライヴをやっていないとは思えない、伸びのある歌声と躍動感ある演奏は素晴らしい!!!

新曲紹介で「来年初めに新作をリリースするから!」と力強くMC。Tv Eyes新作のリードトラック“Stop Me”といい、新曲の“Emotion Machine”はロック色の濃いカッチョイイ曲で新作も期待させます!

昨年と同じメンバーはドラムのみ。ベースは違和感なかったけど、ギターがもっさい・・・。前回連れてきたディーンを気に入ってただけに、この点が残念だったかしら。さすがに今回はくるりの登場はなかったです。

2年連続で素敵なライヴを魅せてくれて、また瞳がハートになりました♪
c0024243_19111752.jpg
↑フジ初日のField of Heaven出演前の写真。(NMRブログより)

【set list】+即席サイン会の様子・・
by 033_MFS | 2008-08-08 19:36 | ♪音楽-LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '08 (7/25〜27) Day1 partⅠ
ブログを始めてから夏休みの宿題のように(苦笑)書いているフジレポですが、ぼちぼちエンジンかけなきゃいけませんな。今年も記憶をたどりながら・・観たアクト順に行動録&感想を書いてゆきます!

【7/25(fri)】
今年も千葉県某駅から苗場まで昨年と同じメンツの仲間5人を乗せての運転でした。いきなり渋滞の名所で30分近くロスしたのは痛かった!(だって裏道知ってるし・・来年は気をつけるさ)月夜野ICはさほど混まず通過できたが、1本道の山道でとろい車がいてイライラっ・・10:30ごろ苗場の宿に着いたのかな。

リストバンドを引き換えたのはロドリゴが終わる11:30過ぎ、基地の場所取り、頼んでいたサイン会の整理券引取り、煮タマゴを受け取るの3手に分かれる。(>akiちゃん毎度整理券ゲットありがとう!)
昨年手作りキュウリをもらい損ねブーブー言ってしまったシンドーさんから煮タマゴの差し入れを無事受け取り一緒に基地へ向かい、さっそくプチ宴会で乾杯!煮タマゴが美味で一気に2個もたいらげてしまった、あはは。(>シンドーさん、ご馳走さまでした♪来年も基地に休憩&飲みにいらしてくださいね~)

The Presidents Of The United States Of Americaがグリーンステージに登場。楽しくて笑える!ワタシの仮想タイムテーブルを見て「大統領観ないの??」とツッコミのメールをもらいましたが、どおしても観たいのがあって1人でレッドへ。【→大統領のライブ写真はこちら

“THE WHIGS”<ザ・ウィッグス>〈R・12:45~〉
ピチピチした若者も観たいぞ!ってことで私のアンテナに引っ掛かったのがこのバンド。ジョージア州アセンズ出身の3人組、単純に出身地に過剰反応してしまったが、最新の2ndアルバムを聴いて序盤の数曲で速攻気に入っちゃった!同郷のR.E.M.の影響は感じないサウンドだけど。Superchunk, Guided by Voices, The Replacements, Kings of Leon, My Morning Jacket等のUSバンドが引き合いに出され、パーカー(Vo&G)が好んで聴いていたのはDismemberment Plan, Velvet Underground, The Kinksだそうな。

初日は濃かったから長くなっちゃう・・
by 033_MFS | 2008-08-02 23:15 | ♪音楽-LIVE
京都音楽博覧会@梅小路公園(9/23)
時系列がずれちゃってますが、オンパクの感想です。 ライブのレポというより、行動録と自分目線で感じたことをお伝えします。。

当日の朝、東京発の新幹線でいざ京都へ!天気予報は晴れ・気温が30度になるというので、暑さ対策を万全に出掛けた。途中の名古屋駅で雨が降ってるのを見てヤ~な予感はしたけど、関西方面は大丈夫!と全く心配しなかった。11:10頃京都駅に着き、その日の宿である近くのホテルへ荷物を預けに寄る。

会場へのルートマップは数日前、タイムテーブルは当日の7:00に更新された。前売りは開催直前に完売したそうで、小田和正効果!?とまた胸騒ぎが・・。
京都駅から50m置きぐらいに道案内人が立っていたので迷うことなく、線路沿いの住宅地側の道を歩いていき、20分で会場に到着。

公園入り口を進むと左手に会場、右手にグッズ売り場とフードエリア、数10m奥にリストバンド引換所。出演者4カ国の国旗タグ付きのタオルを狙っていたが、物販は長蛇の列で、あっさり諦める。売切れたグッズも通信販売受付中!

会場は後方ブロックがレジャーシート可となるエリアで既に7~8割は埋まっていた様子。前方の真ん中ブロックも座って待機している人たちで入り込めそうもないので(Jason Falknerだけ前で観れれば満足だったので)、取敢えず隣りエリアの草の上に入場ゲートで貰ったゴミ袋を敷いて落ち着く。あ・・暑いっ!
人の流れはここまでのところスムーズなほうじゃないかなぁ、フジやサマソニと比べたらこぢんまりして人の数は少ないもの。(最終入場者数は15,000人?)

日焼け止め塗ってまったりしていると、くるりの2人が妙に似合っていた浴衣で登場し開会宣言!最後にトップバッターの紹介をして予定通り12:30に開演。
c0024243_0223630.jpg


More
by 033_MFS | 2007-10-06 23:55 | ♪音楽-LIVE
Jason Falkner@Shibuya O-Nest(9/26)
2日目は気合を入れてチケを取ってくれた友人のお陰もあり、意欲満々で臨み最前列へ!ステージの高さは70cmぐらいと低く、柵がない!のでステージが近いのなんのって。手荷物をステージの上に置けちゃった。
c0024243_21233673.jpg
前日と同じく19:30にCOLORAMAのオープニング・アクトから。近くで見たら長めのおかっぱ頭のせいかブライアン・ジョーンズに似てるかも・・って思いながら観てました。

セットチェンジに本人たちが出てきて場内がひと沸きするも、初日よりスムーズで20:15頃すんなり始まった!ちょっとお疲れ気味に見えたかな、興奮した客の声援は前日以上で「ジェイソンっ!」と呼びかける男性の声に「that's me!」と応えると場内に笑いが起こりリラックスした雰囲気に包まれ“This Time”でスタート!この日は間違わずエレピに直行してましたよ、前日はピックを忘れて探し回ったりすることもあり、それはそれで可笑しかったけど、2日目は慣れた様子でしたね。

最前の音響はイマイチでも、臨場感溢れまくりでテンションあがりっぱなし!
近くで観たJasonは、カ・・・カッコいいしカワイイ!!目が合うとにっこりしてくれるので恥ずかしくてそらしちゃいましたぁ・・(汗)こんなにドキドキする熱視線はTCTCのトム・ベラミーさん以来だわ。あと、Dean(g)はクールな佇まいでも微笑みがステキ。類は友を呼ぶんですねぇ、メンバー全員に親しみを感じる!

本編は最後だけ前日と異なる選曲。アンコールはJasonが立ったままエレキで弾き語り。2曲目に「長~い間プレイしていない曲をやるから幸運を祈ってて! “I Go Astray”」と告げると観客から悲鳴に近い歓喜の声が!
続いてJellyfishの曲を終えるとメンバーを呼んでバンド編成に戻る。1曲挟んで「次はすごーく古い曲で・・・The Graysてゆうバンドにいたときの曲」にまた会場が大沸き!

最後は前日くるりと共演した2曲。お向かいのO-Eastで音博に出演したTaraf de Haidouksの単独公演をやっていて司会がくるりだったので、遊びに来るのでは・・?!とちょっぴり期待していたけど、それは叶わず。
Jasonが「写真撮るよ」とカメラを向けると観客も手を挙げて大騒ぎ!全体が写らないことを気にしてくれたのか、「動画も撮れるよ~」と回してくれました。観客に感謝の言葉を伝え、“Miss Understanding”で締めて終演。

2日目もサイコー!!でしたよん◎単独2daysがどんだけ良かったかっていうと、ワタシの中では今年観たライブでIdlewildに次ぐ心に残るライブでした。
今となっては‘磔磔’に行かなかったことが悔やまれるぅ。欲をいえば“Miracle Medicine”をプレイして欲しかったなー。ま、次回の楽しみにとっておくか!

終演後、Barフロアで乾杯して飲んで待つこと20分以上経っていたでしょうか、疲れて出てこないかも・・と諦めていたらJasonがやって来た!周囲も明らかに出てくることを期待していた感じ。
濃いグレイ地に新作ジャケの絵が薄く浮き出たシンプルなデザインのTシャツ、Sサイズでも大きめなのにMとLしか残ってなくて・・どうせ着ないならとサイン用に買いました。物販はアーティストの収入源になるって聞くしね。
前日は友人2人と一緒に撮ってもらい、2日目は緊張の2ショット!OGちゃんの「次に会えるときを楽しみにしてます♪」に対してJasonが「next year!!」と力強く答えていたので、私も一緒に感嘆の声をあげてしまいましたー。
本当なら嬉しい!!またオンパクに出演されるとちと困っちゃうかも・・(苦笑)

【set list】
by 033_MFS | 2007-09-30 22:58 | ♪音楽-LIVE
Jason Falkner@Shibuya O-Nest(9/25)
特に初見の場合、前売りの段階では1回観れたら満足と思っていたのが、もう1公演観たくなる衝動に駆られるなんてことは年に数回あるかどうか。
京都フェスでアコースティック・セットによる30分程度のパフォーマンスを観て、Jason Falknerの魅力に引きつけられてしまった私は、当日券を求めて会場に向かったのでした。
c0024243_23115960.jpg
O-Nestでライブを観るのは初めて。キャパ200人ほどの小さいハコ、前方は女性多め後方は男性が多く、開演近くになると結構混んできて、視界良好な後方上段の正面から観ることにした。

19:35過ぎオープニング・アクト開始。くるりの今夏ツアーからサポート・ギター&キーボーディストを務める、Carwyn Ellisのソロ・プロジェクトCOLORAMA。ギターの弾き語りで、巻き舌が印象的なちょい脱力した歌声に繊細なギター、ポップなフォークを聴かせてくれJFの前座としては合格点。独り言のようなMCといい、偏屈男を気取ってるように見えたぞ。7~8曲プレイし、30分で終了。【アーティスト紹介はコチラをどうぞ】

セットチェンジ中にJason本人が出てきて歓声が沸く。器材の調整を済ませると一旦袖に引っ込んで、10分後に笑顔で明るく挨拶をしながら再登場! ギターを構えたJason、「おっと、1曲目はギターじゃなかった!」とエレピに移動して、新作1曲目の“This Time”でスタート!メンバーはJason Falkner (Vo, G, Key)、Dean Truitt(G)、David Larring(B)、Petur Smith(Dr)の4人編成。

堅実かつ躍動感ある演奏に活き活きしたナマ声、一瞬にしてヤラれた!今年やったライブが2本だけ!?なんて信じられないよー!
鍵盤を弾いてるときも笑顔で観客のほうを見渡す、観客の顔をよぉく見てます。曲が終わるたび嬉しそうに「アリガトウ!」、歓声が一段と大きいときは照れ笑いして深くお辞儀、好感のもてる品がある人だ。

鍵盤もギターも当たり前のように上手いが、歌声が際立ってた!見た目の線の細さとはギャップのあるパワフルな歌声!万人受けするクセのないちょい甘で優しい声質なんだけど、中低音は色気があり高音は伸びがあってシャウトも熱い!ライブだとキー下げたり高音が出てなくてガッカリすることも少なくないわけで、最後まで声量が落ちず、音程も外れず、素晴らしい~!

踊れる曲も多いけれど、来日を長年待ちわびていたファンはじっくり聴き入って楽しんでる様子。曲間でシーンとすると、ニコニコして「静かだね~」と言った後「でもセクシーだ」とさりげなく気の利いた言葉をかける。だんだん手拍子や熱い声援が飛ぶようになり、盛り上がっていく好ましい雰囲気。女性が多かったわりには黄色い声援もなく、旧譜の曲に激しく反応する男性たちの熱狂ぶりが目立ってたかな。「素晴らしい観客に驚きだよ、みんないい笑顔だね!」とJasonも観客の気持ちを受け止めてくれてましたね。

本編は新譜中心に進行。ポップ寄りなサウンドだが、新作は直球が多く、旧譜はヒネりが効いて、英国アーティストの影響と懐の深さを感じる楽曲ばかり!

アンコールはJason1人で登場しエレキを持つ。「単独で一度も日本に来れなかったことが信じられない、来たかったケド・・」「なんで?」「お金がないから・・」なんてやりとりが笑い飛ばせる日が来てホントによかったー!
3曲目の紹介で「昔ロックバンドにいたときの曲」と言うと一部からどよめきが起きて、Jellyfishの“Man I Used to Be”をプレイ。初めて聴く曲だが、ヘヴィなバラッドで感情的な歌とギターに釘付け!

2回目のアンコールは「新しい友達を連れてきたよ、シゲルとマーシ」と紹介してくるりが登場!共演も秘かに期待していただけに感激!!後で聞いてみると、前座のときからステージ袖で岸田クンはノリノリで観ていたそうな。
“She Goes To Bed”はスロー&ミッドテンポの美しい曲で微妙に転調するのがくるりにハマる曲、佐藤氏ったらDavid(←共演のときはシェーカー振ってた)より上手く弾きすぎだってば・・。間奏のトリプルギターの絡みがカッコよかった♪
続く軽快なロック調の“Miss Understanding”は1番盛り上がったかも!演奏してるほうも楽しそう~で観てるだけで幸せ。 くるりの音楽に影響を与えた1人はJasonということが、よぉく分かった!Jasonの曲って転調多いもんなぁ。
くるりが去った後は、しっとりした曲でうっとりさせ、ハジける曲で熱くさせて終演!

観ていた位置は音響も最高に良かったし、1時間40分の非のうちどころのないライブでした◎

バンド・メンバーは穏やかで人柄のよさそうな人たちでね、Jasonを支える確かな演奏力で息のあったパフォーマンス。でも、終演後にDavidと立ち話をした友人によると、「バンドで練習し始めたのは1ヶ月前」だって!レーベルのスタッフさんによる微笑ましい来日レポはコチラ

c0024243_2393142.jpg終演後15分ぐらい経つと、Barフロアの物販コーナーに、まだ髪の毛の汗が乾ききっていないJason現る!!ざっと 30~40人の人だかりができると自発的?にサイン会。 写真もOKで、一緒に撮ったり、会話に応じたり、握手したり、複数の持参物にサインしてくれたりと、ありがちな規制もなくスタッフさんは黙って見守っていて、時にはカメラマンになってくれたり、通訳してあげたり、感じよかった~!
最後のほうに並んでいた私が23時近くだったので、Jasonホントお疲れさまでしたよね。サイン会の間、バンドのメンバーたちもバーで飲んでてファンと交流してました。至近距離で岸田クンも知り合いと話し込んでたけど・・みんな放置してたわ。。

Jasonこそ笑顔の貴公子です!40手前だろうが、お金持ってなくても!

【set list】
by 033_MFS | 2007-09-29 23:49 | ♪音楽-LIVE
Jason Falkner@Shibuya O-Nest(9/25) 【簡易版】
ジェイソン・フォークナー東京単独公演2daysの初日行ってきましたーー!!!
単独は2日目だけ行くつもりが、京都音楽博覧会でのパフォーマンスが期待以上だったので、当日券で滑り込みました!
フェスでのバンドメンバーを従えたアコースティック・セットも素敵でしたけどね、ロックしてるバンド・サウンドも最高~!
素晴らしい歌声、始終笑顔を絶やさない、鍵盤もギターも弾いて、めちゃカッコイイじゃないすか!!あんましライブ活動していないなんて、もったいないよー!

19:30開演で前座のColorama(くるりのツアーサポートメンバーCarwyn Ellisのソロプロジェクト)が30分弱、20:30ごろJFが登場!2回目のアンコールではくるりと2曲を共演!!終演後はBARフロアで即席サイン会!

興奮度と満足度の高いライブで、とにかく全てがよかったわ♪2日目も張り切って観に行きますっ!
c0024243_1531522.jpg

で、音博はどうだったのかって?!前売りが完売するほどの盛況ぶり、まったりした雰囲気が心地よく、フェス自体は成功だったと思いますよ・・・・・多分(何か他人事みたいだな)。
えーっと、実は後半のアクトほとんど観ていませ~ん・・・・・・。悪天候のせいもあるのですが、う~ん、しょっぱい観客がいてやるせなかったわ・・・。そのうち不完全燃焼になった理由と共に感想書きまーす。

【set list(仮)】
by 033_MFS | 2007-09-26 02:30 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ