033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:Lou Barlow ( 8 ) タグの人気記事
SEBADOH@Shibuya O-nest(9/27)&O-WEST(10/2)
アタシの90年代USインディバンド空白期を埋めるべく、最後?!の伝説的バンドSebadohの来日公演!!!90年代以降にハマって最愛のバンドとなったR.E.M.が解散した後の1本目がルーちゃまになるとはね・・・・・。
c0024243_2245076.jpg
SEBADOH (セバドー) L→R : Bob D'Amico(ds)、Lou Barlow(g/vo/b)、Jason Loewenstein(b/vo/g) 【1986年、Dinosaur Jr.のベーシスト(※89年に脱退、05年に再加入)として活動していたルー・バーロウと、エリック・ガフニーにより結成され、PavementやGuided By Voices等と並び、ローファイ・ブームを巻き起こした伝説的バンド。89年、宅録のカセット音源を再構成したデビュー・アルバムを発表。同年、ジェイソン・ローウェンスタインを加えた3ピースとなり、幾度かのメンバー・チェンジを経ながら、『Bakesale』と『HARMACY』を含む5枚のアルバムをリリース。その間に、ルーは別プロジェ クトであるThe Folk Implosionも始動。99年のセルフタイトル作を最後に、Sebadohしての新作発表はないものの、その後も数年に一度はツアー活動を継続しており、2011年も約3年ぶりにセバドーとして全 米ツアーを行っている。現在のツアーメンバーは、ルーとジェイソン、Fiery Furnacesでのジェイソンのバンドメイトであるボブ・ダミーコ。】

90年代の名作『BAKESALE』(今年リマスター再発)と『HARMACY』(再発予定)を引っ下げての来日ツアー(東→名→阪→福岡→東)の初日と最終日を観てきた!

ルーのこととなると、あれこれ書きたくなってしまうのだ
by 033_MFS | 2011-10-23 23:52 | ♪音楽-LIVE
不幸と幸運は同時にやってくる
5月末から6月初旬にかけてはライブラッシュで、Simple Plan1夜限りの招待イベント@原宿アストロホールへお付き合い参加(客層若くて異空間に放り込まれた気分ですた、はは。レポは音楽サイトを)、Jonny、Ben Folds、MMJの生中継ライブ3時間をPCで鑑賞、Posies2連ちゃん!

次のライブ(って今日)まで間が空くので平穏に過ごすつもりでしたが・・・ 実は忌中だったりします。。。 それほどシキタリにこだわらない、特に信心深いという家風でもないのですが、Posiesレポはタイミングがビミョーなことになってしまったので、更新を控えとりました。まっ、その間に2倍近く加筆しちゃったけど。

不謹慎と思われる方もいらっしゃると思いますが、チケ押さえてるライブは予定通り行くつもりですし、飲み会は慎ましやかに参加すればいいかと。来月中頃に49日の法要を終えたら忌明けとなり、夏フェスへGO!塞ぎこんでいるより、普段通りの生活を楽しんでいるほうが故人も安心してくれるでしょう。と、自分に都合よく捉えてみる。震災後のほうがよっぽど虚脱感に苛まれていたことを思ったら、平常心でいられてますよ。

c0024243_4555777.jpg

そんなワケで、おおっぴらに喜べなかったんだが、ルー・バーロウ率いるSebadohの来日ツアーがケテーイ♪(^o^)/

昨年末にセバドーが観たいぃぃ!!! って記事を書いてたんでね、ホントに嬉しい限り!!!(涙) 日程は期末の月末で冷や汗ものだったけど、東京は初日と最後の2公演あるのは有り難いことです~。名阪は諦めて東京2回行くぜっ!

90年代の名作 『Bakesale』 と 『Harmacy』 を引っ下げてのツアー。
"Magnet's Coil"や"Skull"や"Rebound"や"On Fire" などなど、聴けちゃうのね。 ウキャー!興奮するー。コントラリードさんありがとう!!

9月27日(火) Shibuya O-nest
9月29日(木) 名古屋 アポロシアター
9月30日(金) 大阪 Fandango
10月2日(日) Shibuya O-WEST
詳細は⇒http://www.contrarede.com/special/sebadoh.html
*東名阪に追加で福岡公演が10/1(土)に決定!


Sebadoh - "License To Confuse"@ Philadelphia, 25-Mar-2011


Sebadoh - "Got It" @ Philadelphia, 25-Mar-2011

c0024243_5501490.jpg

3年連続の来日はないと思っていたNada Surfもやってくる! またアジカン絡みだけど。。。

■7月5日(火) 東京・新木場STUDIO COAST
出演者:ASIAN KUNG-FU GENERATION / NADA SURF / THE KOXX
■7月7日(木) 大阪・Zepp Osaka
出演者:ASIAN KUNG-FU GENERATION / NADA SURF / THE KOXX
■7月8日(金) 名古屋・Zepp Nagoya
出演者:ASIAN KUNG-FU GENERATION / NADA SURF / LOSTAGE
http://www.nano-mugenfes.com/11/circuit/

今回は単独公演ないとのこと、Oちゃんがマシューに直接Twitterで確認してくれたので、悩みつつ名古屋へ観に行こうと画策中!
by 033_MFS | 2011-06-25 08:04 | ♪音楽-雑記
るぅネタはまだ続く・・
c0024243_6392047.jpg
そんなわけで、ルーのソロを観て以来Sebadohばっか聴いてる!って、ご存じない方も多いと思いますので・・・アタシの生かじり知識で簡単に紹介しますと、セバドーはダイナソーJr在籍時の86年にルー・バーロウがエリック・ガフニーと宅録ユニットとして始動させ、ダイナソー脱退後の88年に本格的活動を開始。
3人編成になりメンバーチェンジを繰り返しながらも、99年までに7枚(以上)のアルバムをリリース。並行活動していたルーのサイドプロジェクトThe Folk Implosionが全面参加した映画『KIDS』('95)のサントラがヒットしたことから、ルーはフォーク・インプロージョンの活動に力を注ぎだし・・・セバドーは99年にリリースしたアルバムのツアー終了を機に活動を休止。90年代のローファイなるムーヴメントを代表するバンドとしてPavementと共に名が挙げられる存在で、いまもコアなファンに根強く支持される!

セバドーを中心にソロや別ユニットの作品をまとめて初めて聴いたときの感想は「絶妙なユルさとジャンク感に歌心あるメロディセンス!ルーってば見た目によらず味わい深い歌声で才人だったのねー。こりゃ、ダイナソー辞めて正解!」と感心しきり。いやーダイナソも好きだけど、ルーの立場弱いっすから。(^^;)
フォーク・インプロージョンやソロにも名曲・好曲ありますが、やっぱりロックしてるセバドーが一番好きだなー♪

90年代に戻って音楽生活をやり直したい!と思う今日この頃。。でも後追いで気に入った90年代に活躍し解散(or活動休止状態)してしまったPixies、The Breeders、Dinosaur Jr、PavementなどのUSバンドたち、いずれも00年以降の再結成・再始動により単独+フェスで観れたアタシは十分幸運に恵まれてるのかも!で、なんとっ、後追いのなかでもダントツにハマってるSebadohが、来年2011年に『Bakesale』('94)と『Harmacy』('96)を再発しおそらく2月頃にツアー行うと、10月末にルーの公式サイトで公表してまーーっす!!!!!このことを知ってソロライブを観ていたけれど、ステージで本人の口からも直接聞けたのは嬉しかったわん。

05年にオリジナル・メンバーで再結成したダイナソーJrに参加してるルーちゃんは只今44歳、ソロとセバドーも並行して行い精力的な音楽活動を続けている!セバドーは99年以降新作は出していないものの、03・04年にアコースティックツアー、07・08年に再発盤に伴い黄金期メンバーでツアーをやっている。が、08年の欧州以外はUSしか回ってないんだよなぁ。。。で、最近の情報を探ってみたら、コチラに2月の西海岸ツアー日程がスクープされてた!うーーん、99年以来のセバドーでの来日公演ってどうなんでしょ??!

ダイナソのフロントマンのJ・マスシスはソロ名義のアコースティック・アルバムを来年3月にリリース予定。来年7月のATP@ロンドンでフレーミング・リップスの『The Soft Bulletin』('99)再現ライブ公演でダイナソーJrが『Bug』('88)+ディアフーフが『Milk Man』('04)の全曲演奏を行うことが決定しとりますね!その頃、ルーはダイナソー活動がメインになるのかしらん。ソロでのルーはのびのび楽しそうだったのよね~。ダイナソーでは見せない優しい表情や愛嬌ある雰囲気とか、ダイナソはお仕事的なスタンスと割り切ってるのかな・・・と感じてしまったもの。ルーちゃんが活き活きしているであろうセバドーが観たいぃぃ!!!

思い出しついでに・・
by 033_MFS | 2010-12-06 23:26 | ♪音楽-雑記
Parabolica Jam’10@Shibuya Club Quattro(11/4)
10日ほど前にNYから帰ってきてました~。ルー記事を書き終えたくて、ご挨拶が後回しになってスミマセン。。師走に突入してしまったし、この調子だと旅記書けるか不明・・・とりあえず旅に出る前の書きかけレポの仕上げから!

◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇

ルーちゃまを観たい一心で行ってきたけど、あらためて好ましいイベントだったなぁと実感!昨秋開催された日本人と海外のインディバンドによるツアー型イベント 「Parabolica Jam '09」が今年も東名阪で開催されるとの認識でいたら、そのうちルーが松本と北海道3公演にも出演することになり・・・ えっ、なにー?
c0024243_527995.jpg
【日本のインディレーベルParabolica Recordsによる企画で、10月10日から11月7日まで29日間連続で行われる"Parabolica Japan tour"を実施!】(詳細記事)という怒涛のツアー日程を知っておったまげたさ!途中で出演者の入れ替わりがあるものの、Mike WattとLITEは最多の22日間で22本のライブを行うってゆうじゃない。ルーはマイクつながりでツアー最後の7公演に出演することになったみたいね。(後ほど紹介するインタビュー記事で明らかに♪)

ルーのソロ観るの初めてだし、身近でファンだという人に出会ったことない・・・。4組出演で前売り3500円と破格の安さでも全て初見ゆえ、こればっかりは誰も誘えな~い、っつうことで独りでこっそり行ってきました!客層ゆるそうとは思ったけど、出演順が公表されていないので油断はできず、10分早退の小技を使って開場の18:00ちょい前に到着すると・・・ルーちゃまがコンビニの袋をさげて会場に入ってゆきました。。。突然のことで声かけられんかったよぅ!開場待ち10人もおらず余裕で最前列へ。10分押しぐらいの18:40に1組目がスタート!

今回観た出演者のプロフィール⇒SMASHのサイト

c0024243_544162.jpgLITE (ライト) 2003年結成。ドラム、ベース、ツインギターの4人からなるインストロックバンド。
欧米でツアーを行うなど国内、国外を問わず活動しているジャパニーズインストロックの代表格ということで、今年のフジに出演し名前は聞いたことありましたが、メンバーが思っていたより若くて20代半ばから後半でしょうか。緻密で変則的なアンサンブルに攻撃性を持ち合わせたサウンド、テクニカルな演奏は目を見張るものあり!なんですが、ワタシには今ひとつ面白味が分からなかったなぁ。でも音楽に対する真摯な姿勢が伝わってくるパフォーマンスで、トータスのジョンマケ氏参加に惹かれて最新作をゲットしたので落ち着いたら聴いてみようっと。MCで出演順は日替わりで変えておりトップバッターもやればトリを務めることもあって、それは上下関係なんてないんだ!というMike Watt氏の意向であるetc、御大が非常に懐が深い人物であるエエ裏話が聞けたのはよかったわ!

c0024243_5203681.jpgAdebisi Shank(アドビシシャンク アイルランド発の平均年齢24歳の3人組インスト・マスロックバンド。
昨年も同イベントに出演してたそうで。へぇ、アイルランドにマスロックなバンドが居るんだ~!と言ったら失礼か。長身でひょろっとしたギター君は見るからに新陳代謝よさそうな若者で、1リットルのペットボトルの水を勢いよくガブガブ飲み汗をかいたTシャツを着替える。(終演後はその脱いだTシャツに着替えてた、はは)LITEはオープニングSEがあったっけ、後の3組は自らサウンドチェックを行い特に袖へ下がることもなく、準備終えた途端に開演。ギター君が観客フロアのほうを指差して笑っていると、どこからともなくアー写と同じ赤い覆面男のベースがステージに登場。とにかく勢いに満ちたアグレッシブさ全開で畳み掛けてきて、呆気にとられてしまったが一発で気に入った!ギターとベースの2人が暴れまくるんだけど、ちゃんと弾いてるってゆう。「コンバンワぁ、ヒサシブリデス!」という日本語MCもコミカルに感じてしまう覆面男が、セットリストをジッと覗き込んだり、息がゼーゼーしちゃったり、そんなに見えづらくて苦しかったら脱げばいいのにこの人アホやなーと笑わせてくれる!LITEには申し訳ないっすけど、このコたちスゲー楽しい!!!と感じたのは、随所にキャッチーさと遊び心を散りばめているから。多彩なギターワークで魅せていたけど、ドラムは基本的なビートをタイトに叩いていたので分かりやすさがあるのかも。この日観客がもっとも盛り上がって、いやー若いってステキ♪なパフォーマンスでした!ノーマークだっただけに衝撃が走ったよ。

後半のオジちゃんたちが更にステキ♪
by 033_MFS | 2010-12-06 23:25 | ♪音楽-LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '09 (7/24〜26) Day2
まったり休養モードで遠出もせずダラダラ過ごした5日間のお盆休みも終わり、月曜日からフツーにお仕事モード。会社で仕事の合間にちょこちょこ書き溜めてるほうがはかどるー。てなわけで、しばらくフェスレポ引っ張りまーす(^^ゞ 
(完筆された皆さんのブログ訪問も出遅れがちですみません。。)

【7/25(Sat)】
快晴!9:30の開場に合わせ8:30に起床したが、支度中に「開場は9:00」であることを確認してあわわ。って、毎年そんな勘違いを繰り返しているような。。後発隊として10時頃に会場入り、パレス前に駐車していたシンドーさん(+師匠さん)がタイミングよく呼び出してくれて合流。入場ゲートの荷物検査で誰も並んでなかった1番奥のレーンへ行ったら・・前日は見過ごされたカンパリの200ml小瓶が見つかってしまい、その場で飲み干す!というのはウソで、バーおみさの大事な商売道具なので、ペットボトルの中身を捨てて移し替えたわよーん。ご丁寧にも全てのバッグを開けさせられ手こずってしまったんで、少し並んでるレーンのほうがスルーしやすいかも。先発隊が確保してくれた基地で乾杯!

c0024243_4213064.jpg








c0024243_4221133.jpg


昨年の山頂ブランチの楽しさに味を占めて、今年はこの日しかない!ってことでgちゃんとOちゃんの3人で食料調達してドラゴンドラへ。 おにぎり屋さんは弟子がにぎったほう仕事が雑だったよぅ。山頂は風が少し強かったけど、よく晴れていたのでさわやか~。2時間ぐらいまったーりして、生ビール2杯飲んじゃった♪ 下山した13:00頃は乗り場が激混みで、早めの行動が今年も吉と出ました!

夕立あっても関係ねぇ!
by 033_MFS | 2009-08-19 23:40 | ♪音楽-LIVE
DINOSAUR Jr.@Shibuya O-East(3/27)
期末の月末で修羅場ってる何ともありがたくない時期に来日してくれたものだ。新作リリース後の昨夏フェス&単独以来、また来ちゃうの~?と思ったりしなかったわけでもないけれど・・しかし、どーしてもルー前で観たかったんですっ!
c0024243_317412.jpg
....(L→R) J Mascis (vo,g)、Lou Barlow (b,vo)、Murph (dr)

昨年のサマソニでルーの魅力に開眼したワタシは、その後、ルーのソロとSebadohやFolk ImplosionのCDを買い漁ってしまうほどでした。

会場外にあるロッカーが閉鎖されていたのでチケの売れ行きはよくなかったみたい・・。客層は若者より中年、断然男性が多い。10分押しぐらいで開演すると最新作から“Almost Ready”でスタート!

05年再結成以降が初見で観るのは3回目。毎曲間でJがマイペースにチューニング、マーフが場つなぎっぽいフレーズを叩いたりルーが手持ち無沙汰にうつむき加減・・といった様子は当たり前、淡々と進行しメンバーも客もエンジンかかるのが遅いよなぁと思って観てます。
曲間で静かになることを分かってか、Jはちょっとおどけた表情で口笛のような鼻歌を歌いながらも、ひたすらチューニング。
先述した客層なので、見かけたダイバーは2人ぐらい、近くに男女複数のヘッドバンカーがいたけど、前方でも周囲の圧迫を受けず自分のスペースを保ちながらノレるのも悪くないぞ。

お目当てのルーなんですが、サマソニの壊れっぷりは面白すぎでしたけどね、壊れてないルーもステキ~!右手はギターのストロークのようでベースを弾くスタイルは超個性的!しかも頭の振りは激しく、長めの前髪が顔を覆っていて、シルエットは先日のJEWのジムに近いものがあったわ。紳士的で素はシャイなんだろうけどパフォーマンスは熱い!人に弱いですぅ。そういえば、メガネ外してることのほうが多かったかも~。

間奏でJの歪んだギター音の洪水は目を閉じて聴いてると気持ちよかったー!早く次の曲やれ!と言った客に驚き苦笑いしつつ、でもやっぱりチューニングが大事なJでした。

アンコールは1人出遅れて登場したルー、アンプの上を手探りしていたんですが見つからず、つかつかとJのほうへ歩いていくと・・・マイクスタンドからピックを拝借しておりました。MCらしいMCっちゅうのが無いので、ルーが一言お礼の挨拶をすると、大きな拍手が起きましたね~。客からリクエスト曲が飛び交う中、中央のマーフに集まる3人のアイコンタクトが何とも微笑ましい。ルーだけ伝わらなかったのか、何度も聞き返す感じでマーフに口頭で確認してから演ったのは“Just Like Heaven”!前日は演ってなかったようなのでラッキー!だってこの曲はルーの雄叫びが聴けるんだもん!

ベスト盤が愛聴のにわかファンなので “Budge”、“Feel the Pain”、“The Wagon”、“Freak Scene”、“Just Like Heaven”が聴けてかなり満足!
“Little Fury Things”を演らなかったのが唯一の心残りかな。

1時間半が短く感じられ新鮮味はなかったけど、次も観たいバンドです!ええ、またルー前でね♪

【名古屋公演の写真が SMASHING MAGに掲載!】

【set list】
by 033_MFS | 2008-03-29 23:54 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '07 (8/11) PARTⅡ
初日の本命Editorsを前方で観るために1つ前のアクトから本格行動開始し、正午前マリンスタジアムへ。リストバンド引換所からRブロックの入り口まで半周回ってたどり着いたグラウンドはビニールシートの照り返しもキツい灼熱地獄だった・・・。

“OK GO”〈Marine Stage・11:50~〉
c0024243_19193231.jpgルームランナーを使ったダンス・パフォーマンスPVのユーモアセンスは好きだけど、アメリカンな明るいポップ・ロックというイメージで、ちょっとナメて観てました。
くそ暑い中、パリッとスーツで決めていた彼らは、汗だくになりながら熱いパフォーマンス。陽気一辺倒でないのが意外でよかったかな、演奏はなかなか力強く、ライブ運びもうまくて、ダンス披露はなかったけれど、知らない曲でも最後まで楽しめた!パッと見、イケメンとお笑い系が2人ずつというバランスも絶妙でイイ!

Editors(前の記事で書いてます)終演後は、脱水状態にアルコールは逆効果なんですが、ビールを一気に飲み干してしまった。。その後もメッセに行く途中でカキ氷、メッセに着いたらビールと・・・喉の渇きがおさまらなかった。
メッセのグッズ売り場が空いてたので覗いてみる。今年は屋外に設置されてましたが、炎天下の中並ばされたのかぁ。毎年、ちょこちょこレイアウトを変えてるけど、改善してるようには見受けられない・・。

“Interpol”〈Sonic Stage・15:35~〉
開演直前なのに余裕で視界良好な位置まで行けた。この日のソニック・ステージはトリまで満員にはならなかった様子。。同じ時間帯でもダンス・ステージのDigitalismへ行った友人は入場規制で入れなかったそうだが。

c0024243_19345376.jpg2年前のサマソニ以来ですが、また同じ感想を持ってしまった。。淡々かつ熱く演奏し、彼らの醸し出す雰囲気やサウンドは好きなんだけど、どの曲も似たように感じてしまう。ま、私がアルバムを聴きこめてないってこともあるけどね。
フジをきっかけに再認識したThe Cureに通じるダークなポップ・センス、あらゆる面で深化を感じたので単独公演を観てみたいな。

スタジアムを出てメッセでの行動予定を練っていたときに、「ところでジョニー・マーのステージ立ち位置って・・チェックしてなーい!!」ことに気づいた。在宅友人に調べてもらいマー先生は左らしいことが判明、ステージ向かって左側の最前列に張り込む。ダイナソーも本命次点だったから好都合!

サマソニ07の私的ベスト・パフォーマー(?)登場!
by 033_MFS | 2007-08-15 21:42 | ♪音楽-LIVE
DINOSAUR Jr.@AX (2/27)
‘ダイナソーJr.’がリアルタイムで活動していたころは、何となくスルーしていたUSバンド。97年解散後は尚更聴く機会を失っていたので、アルバムは1枚も持っていない。。

昨年フジでの再結成ライブは、タイムテーブル合わず諦めたが、隣のステージから轟くギター音、観なかったことを1番後悔したアクトだった。

で、望んでいた再来日なのに、コピッた『Green Mind』をサラ聴き、先週発売の来日記念ベスト・アルバムを一夜漬けで聴くといった調子。さほど予備知識なく観に行ったので、初見者なりの感想を。

フロアど真ん中あたりに位置どる、客層は男性が7割強?と多い。(客が集まっていない時間帯にフロア内を歩く浅野忠信さんの姿を目撃。)BGMにスミスの曲が流れミスマッチに感じた瞬間に客電が落ちて、約15分押しで開演!

音響がもやっとしていて何の曲をやっているのかさっぱり分からないんだけど、3人とは思えない迫力!Jの後ろには2段重ね×4列のアンプが並んでいる。
耳栓は無くても大丈夫な音量だったが、すきっ腹に轟音が響くのなんのって。

c0024243_12295.jpg中心人物のJ・マスシス(G&Vo)は
‘やる気無し’キャラと云われていたそうだが、銀髪のロン毛が凄みを増して、気難しそ~な誰とも仲良くやっていけなさそうな雰囲気、ディストーションで歪んだギターを弾きまくる!
下を向いて聴き入る人、Jの手元を注視する人、暴れている人、様ざまでした。
【ライブの写真はこちらで見れます!】

ギターは取っ替え引っ替えせず、本編は2種類のみで、曲が終わるたびにチューニングしていた。そんなギター大王の歌声は脱力ヴォーカルで可愛かったりする。MCは「今日は来てくれて有難う」とボソッと言ったぐらい。

間奏のソロはアドリブなのか、他の2人が合わせている?感じ。ドラムが様子を伺いながら元気よくカウントし始め、パワフルに叩くのが気持ちいい!終盤視界がよくなってベースを見たら、ギター弾いてるのかと錯覚するようなカッティングにビックリ!

後半につれて調子をあげていく選曲で、“The Wagon”、“Freak Scene”ではダイブ祭りが起きてた。ザ・キュアーのカヴァー“Just Like Heaven”も盛り上がった♪

休憩を挟まないと持たないから、アンコールは3回に分けたのだろうか。ドラムがヘロヘロになってた、もっと休ませてあげてorスタミナつけよう!
再結成までのブランクの影響はあったかもしれないけど、ノイズ音が充満してゾクゾクとする興奮を味わう1時間半だった。

c0024243_1363739.jpg『ZOMBIE WORM (ベスト・オブ・ダイナソーJr.)』→
80年代にインディ・レーベルからリリースした3枚から選曲。1曲目わぉ!マイブラみたい・・と喜ぶ。
いや、マイブラがダイナソーの影響を受けてるのよね。
スカスカしているが、ギターはうねってるし、ポップなメロディもあって、入門編にはよいかも。
.
by 033_MFS | 2006-03-01 01:00 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ