033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:MAXIMO PARK ( 3 ) タグの人気記事
BRITISH ANTHEMS@Studio Coast(3/3) partⅠ
c0024243_3405845.jpgUKロックに焦点をあてたライブ・イベント、3回目となるBritish Anthemsへ行ってきました! 今回のお目当ては言わずもがな、IDLEWILD!!他のアクトは気合不十分で観てましたので、予めご了承くださいませ(苦笑)
14:00開演だがRakesから観れればいいやというノリで、物販とサイン会有無が気になったので、15:20過ぎに会場入りしてチェックすると、サイン会の案内にドルワイの名前も!!迷わず新譜2枚(←重役出勤するであろうAさんの分も)を即購入して整理券をゲット!アンセムズのサイン会は目玉企画として定番化するのだろうか。

“THE RAKES” 16:05~
【イースト・ロンドン出身の4人組、ザ・レイクス。05年の1stアルバムに続く新作は今月リリース予定、アクモンやプライマル等を手掛けたブレンダン・リンチがプロデュース。】c0024243_3414454.jpg
予備知識なくフロア真ん中から観た、客の入りノリもよく結構人気あるのね。キャッチーなメロがあり、Voがコミカルな動きをしていたけど、前日に観た!!!(チック・チック・チック)のVoの強烈な動きと比べると、お上品で可愛いのぉってことで、単独公演を観たくなるほどのインパクトはなかったかなぁ。。

“THE BLUETONES”17:35~
【94年に結成され、ブリットポップ期にデビューした4人組、ザ・ブルートーンズ。 96年リリースの1stアルバムはOasisの2ndを蹴落として初登場1位に輝いた。】
c0024243_342736.jpg懐かし~と言えるほども知らないのだ。アルバム2枚持ってたけど、Voの声が好みでなく聴いてなかったような。。
客の入りは他と比べると少な目で大人しい反応。演奏は安定していて、甘いポップとソウルな面があり、地味ながら生き残っていることに好感が持てるステージ。サイン会参加のため終盤近くで途中退出。。
“MAXIMO PARK” 18:45~
【ニューキャッスル出身の5人組、マキシモ・パーク。05年の1stアルバムに続く新作は、ピクシーズやフーファイ等の作品で知られるギル・ノートンをプロデューサーに迎え、来月リリース予定。】c0024243_342353.jpg
なんだか動きが落ち着いちゃったねぇ。ポール(vo)は髪の毛が伸びて、アー写のような帽子をかぶり2枚目な感じ。あの面白いキャラが好きだったのに。ルーカス(key)も更に動きがフツーになっていて、オトナになっちゃった?!熱狂的な客が多くいて、ダイバーが出るほど盛り上がってた。単独公演あったら、行くかは新譜聴いてからだなぁ。

集客が心配されるメンツでしたが、思ってたより客の入りは良好で程よい空き加減でした。前回と比べると年齢層は高かったけどね(苦笑)。
by 033_MFS | 2007-03-05 15:13 | ♪音楽-LIVE
MAXIMO PARK@Liquidroom(10/6)
約1ヶ月ぶりのライブがとっても久しぶりに感じられる。だのに会員優先予約の整理番号は悪いわ、前座は前日のPOLYSICSだったらよかったのに、とウキウキ気分はちょっと半減。
いざ開場したらフロアはがらんとしていて(気合人口少ない・・)、イス席や後方の一段高いエリアのほうに人が集まっていたため、うまいことステージに向かって右側寄りの前方エリアに行けちゃった。今回はルーカス(Key)の動きに注目するぞっ!てこともあったので、ナイスポジをゲットできてラッキー!

前座のセットチェンジ後、20:40ごろ開演。そこそこ埋まっていたようだけど満員って感じではなく、ロックのライブは初心者っぽい似つかわしくない格好の若い女の子も多かったかな。前座の存在に気づかず前方に詰め寄る人たちも結構いたし、ミーハーな人気もあるみたい?!
ポール(Vo)はシャツ&ネクタイにえんじ色のVネックセーター、ジーパンというダサかっこいい?装い。ルーカスは左右前後の観客たちを見渡しながら、鋭い目つきでにらむ。鍵盤を弾かないときは小さく前習えした両手を上下に振ったりミョーな動きをする。弾いてるときでも片手でやたら空を斬る、斬るっ!しかもいつでも涼しい顔。
ポールは楽器を弾かないので常に激しく動き回っては、やっぱりヘンな動きと表情でこれまたオモロイ。ジャ~ンプする度に歓声があがる。ハミ出たシャツを入れ直す姿に笑いが起きる。歌い終えると笑顔で「サンキュー」「アリガト」と好青年の印象も。曲紹介はタイトルだけでなく、コメントを挟みながらMCは饒舌。

演奏は安定しているが新人らしい初々しさも残っていて、5者5様のメンバーのキャラはクセ者揃いに見えて、根は真面目そうな雰囲気が漂っていた。
全体的にテンポは緩めに感じたが、前のめりになることなく自分のスペースで自由に踊れたのも心地よかった。
1stアルバムはほぼ全曲、ミニ・アルバムの曲もバッチシ、数曲は新曲とかなり多くの曲をプレイした。終わってみたら1時間ちょいだったけど。

フジのときよりも熱気が伝わってきて断然良かった!観て楽し、聴いて良し、時に大笑いさせてもらい大ノリで満喫したのだった。

「トウキョー、サイコー!」って喜んでたけど、キミたちもサイコーと褒めてあげたい。今度は近いところでルーカスと睨めっこしたいな~。
by 033_MFS | 2005-10-07 15:30 | ♪音楽-LIVE
今年のベストNEW COMER!かな?
♪“A Certain Trigger” / MAXIMO PARK

英ニューキャッスル出身の5人組、マキシモ・パークの1stアルバム。UK代表的テクノレーベルのWARP RECORDSが契約した初のギター・バンドとしても話題のようだ。バンド名はキューバに実在する公園だとか。
The Smith、Talking Heads 、XTC、Devo などが引き合いに出される80sニュー・ウェイヴ嗜好のポップバンドってことでフランツの二番煎じかも・・と思いながらフジに出ることだし取り敢えず購入。

変化に富んだリズムとメロディ・ラインにニューウェイヴ/ポスト・パンクなシンセサイザーとギターが絡み合ったポップなロックである。多面性を持った楽曲には単純と繊細の両面を感じてしまったところも面白い。
フランツをパンキッシュにストロークスをポップにしたという印象。いやぁ、こりゃフランツより好きだわっ!(フランツのアルバムとライブはそこそこ楽しめるのだがそれ以上の何かを感じられず・・)
VoのPaul Smith(!)は八二分けの髪型でスーツをビシッと決めているがライブは意外に体育会系らしくクセ者そうなキャラも気になる~。

フジ出演新人組では他に気になるThe Futureheads、Kaiser Chiefs、The Braveryあたりはアルバム未聴なので、現時点で今年のニューカマーNo.1候補はMaximo Parkとしておく。
by 033_MFS | 2005-05-08 23:38 | ♪音楽-レヴュー


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ