033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:SP ( 11 ) タグの人気記事
Super Sonic Festival, Seoul(14.Aug.2012)【SP編】
スマッシング・パンプキンズとしては通算7枚目となるスタジオアルバム『Oceania』を6月にリリース、ビリー・コーガンいはく『Mellon Collie and the Infinite Sadness』('95)以来の出来だという自信作。ライヴで合唱やモッシュが起きそうなキラーチューンはないけど、しっかり作り込んでるし、全体的な完成度は及第点以上だわ。つまるところ「ポジティブかどうか」という点おいて、私自身は好意的に受け止めることが出来た!必然的にライヴ観たくなったが、豪ツアーにフィリピン、台湾、韓国のアジア公演が決定し日本飛ばし(?!)を歯がゆく感じていたら、RO誌インタビューのこぼれ話で 「もう日本のファンには愛されてない気がする。もしかしたらどの国よりもオリジナル・メンバーが好きだったのかもしれない・・・」とイジけてたってゆうじゃない!やっぱビリーは不安をあおってくれちゃうなあ。(苦笑)
c0024243_6175898.png

前アクトが終わる21:00ごろ会場入りできればいいかなとユルい心持ちで焼肉を食らってると、突然土砂降りの雨!週間天気予報では概ね雨となっていたのだが、前日の到着時からずっと晴れていたもんで油断しきってたー。雨具は持参していたけど、空車のタクシーが捕まらなくなるわ、メイン道路は大渋滞!結局ホテルまで戻ってタクシーを呼んでもらうも、なかなか来ない・・・。諦めて地下鉄の駅へ向かおうとしたら、宿泊客を乗せた1台がやって来て、割高の模範タクシーだけど躊躇してるバヤイじゃない。20分まったく動かず、20分ノロノロ、渋滞を抜けた10分快調に走って、50分かかってオリンピック公園(駅)に到着したのは21:45。時間も料金も通常の2.5倍で24000W(1700円)也。てか、あと15分でスマパン始まっちゃう~。(大汗)

c0024243_6371628.jpgc0024243_6375129.jpgc0024243_6394688.jpg
(写真左)会場までの進行方向を案内(誘導)する看板。(写真中央)会場外にデカい垂れ幕。大雨だし時間ないし、激写するもヌーオーダーがフレームアウトしちゃってるぅ。(写真右)タイムテーブルのホルダーがグー!(もちろんサマソニで使いまわした) セトリゲットできたはいいがビミョーに違ったりして。

夜間の豪雨の中、Fちゃんの先導で迷うことなく(帰る人はいても向かう人はおらず)約500m歩いて会場エリアへ。外の受付テントでのリストバンド交換はウチらと外国人数人だけでスムーズに完了。物販やフェス飯をチラ見する余裕すらなく場内アリーナへ急ぎ足で直行すると・・・・・・・

The Smashing Pumpkins@Olympic Park Gymnastics Stadium, Seoul
by 033_MFS | 2012-09-10 06:32 | ♪音楽-LIVE
フジレポ書かずにトンズラしまっす♪
残暑お見舞い申し上げます。004.gif
お盆休みに突入しまして、アタクシこれからスマパン観にソウルへ行ってまいりまーす!
c0024243_1023699.jpg

韓国にて初開催されるサマソニと連動した夏フェス「SUPER!SONIC 2012」に、
何故かサマソニに出演しないスマパンが初日のヘッドライナーってゆう。^^:
ソニマニ行かないのでSOULWAXが観れるのも嬉しい!あ、こちら2日目は参加しませんので。

一時しのぎでM.Ward氏のレポでも公開してゆきます。ではでは~
by 033_MFS | 2012-08-13 13:10 | ♪音楽-雑記
Summer Sonic '10 (8/7) Day1 【SP編】
THE SMASHING PUMPKINS<Mountain・20:05~>
88年米シカゴでビリー・コーガン(Vo&g)を中心に結成。91年アルバム『Gish』でデビュー。2nd『Siamese Dream』('93)は全世界で500万枚を超えるセールスを記録、続く2枚組の大作3rd『Mellon Collie and the Infinite Sadness』('95)でその独創性を発揮し、一躍オルタナティブ・ロックのアイコン的存在となる。しかし、その後メンバー間でのトラブルが相次ぎ00年5thアルバムをリリース後に解散。ビリーとジミー・チェンバレン(Ds)は新バンドZWANにて1年間ほど活動、ビリー単体の活動が続きソロ作品もリリース。05年にビリーが地元シカゴの新聞広告でSPの再結成計画を発表し、07年5月に仏パリにて約7年ぶりとなるライブを行い、7月には6th『Zeitgeist』をリリース。09年3月にジミーが脱退し、現在のオリジナル・メンバーはビリー1人となっているが、スマパンとしては00年以来、約10年ぶりの来日。
c0024243_53379.jpg
友人らにスマパン目当ては居ないし、旧来ファンの間でも今回の出演の注目度はビミョーだし、様子を窺いながら不安気にモッシュピット前方へ詰めて待っていると、近くにいた外国人グループをはじめリアルタイム世代ではないであろう若者たちもどんどん集まってきて、ピット内を見る限りライブの始まる瞬間を今か今かと待ちわびている観衆の熱気に包まれ、次第に身動きが取れない状態に。周囲は上半身裸の男子率が高くやる気マンマンで、その心意気に頼もしいやら冷や汗やら。今春の米RS誌で「ただいま人生迷走中」というビリーのインタビュー記事を読んでモヤモヤしてしまった気持ちとは裏腹に、喜びに心躍ってた!!! あの名曲たちをまたナマで聴ける嬉しさったら格別な思いがあるよー!ひと際高い位置にセットされたセンターのマイクスタンドを見てテンションあがる~。

スマパン熱が再燃しちゃった!!!
by 033_MFS | 2010-09-05 23:34 | ♪音楽-LIVE
サマソニ10私的タイムテーボー♪
c0024243_6251661.gif今年のサマソニはメンツがイマイチ・・という声が多々聞かれるけど、アタシ的には結構キテるぞぉ!なんつったって、初のお泊りコースという気合の入れようだし。
スマパン、ペイヴメント、ピクシーズの3組が本命なんすが、今が90年代でないことは重々承知の上でーーーーっす。
フジの余韻をちょいと封印して、サマソニに向けテンション上がってます♪ 書き出すと悩み始めてしまう仮想タイムテーブル、いちおう書いておこう。

【8/7・Sat】
12:10-12:40 THE MACCABEES<Mountain>ゆっくり始動に変更・・
12:40-13:15 YES GIANTESS<Sonic>
13:40-14:25 TWO DOOR CINEMA CLUB<Sonic>

(14:00以降、宿にチェックインしてから始動予定!)
14:50-15:40 DELPHIC<Sonic>
15:35-16:25 THIRTY SECONDS TO MARS<Mountain>チラ観でいいんだけど。
16:10-17:00 PASSION PIT<Sonic>スマパンのカバー気に入ったので観たい!
16:20-17:00 NADA SURF<Island>(>_<)→だから単独@Unitを観に行ったけど、すっごく良かったのでまた観たい!うぅ(泣)
17:05-17:50 GIRLS<Beach>(>_<)
17:30-18:30 A-HA<Sonic>スマパンの単独決まって余裕できたからフル観できそう
18:20-19:20 TAHITI80<Beach>(>_<)
18:25-19:35 RICHARD ASHCROFT&The United Nations Of Sound<Mountain
19:50-21:00 EELS<Beach>(>_<)
20:05-21:25 THE SMASHING PUMPKINS<Mountain>
22:30-23:50 PAVEMENT<Sonic>

(宿で小休憩)
02:00-02:50 FREEBASS<Sonic>

【8/8・Sun】
11:00チェックアウトまでまったりした後、会場内散策かな。
13:40-14:20 FANFARLO<Sonic>
14:45-15:35 THE DRUMS<Sonic>
15:35-16:20 STEVE APPLETON<Beach>イケメンをチラ観してみたかったけどムリね~
16:05-16:55 BAND OF HORSES<Sonic>
16:20-17:00 EVERYTHING EVERYTHING<Island>
16:50-17:50 HOLE<Mountain>チラ観でいいんだけど。
17:25-18:25 BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB<Sonic>
18:55-20:00 JONSI<Sonic>
19:30-20:55 STEVIE WONDER<Marine>(>_<) 最初で最後のチャンスかもしれないけど。
20:30-21:45 PIXIES<Sonic>


The Smashing Pumpkins - "Cherub Rock" (Live at Terminal 5 NYC ~ 07-26-2010)

新生スマッシング・パンプキンズ、期待と不安が半々。思い入れのあるバンドなだけに、忠誠心とビリーへの偏愛の塊で観に行きます!オリジナル・メンバーはビリーだけで・・・多くを期待するほどアタシもヤボじゃないっす、友人たちにも必見!とはオススメしてないし。ジミーがいれば、彼のパフォーマンスは一見の価値あり!と言えたけれど。。。

6月末のウォームアップ・ギグから開始されたUSツアーで15本ほどやってから来てくれるので、少しはこなれた感じになってるのかな。7月21日にフロリダ州タンパでのライブ中に、ビリーが眩暈を感じて床へ倒れるというアクシデントもあったけど・・。それを機にビリーのtwitterをフォローし始めら、結構ツイートしまくってるのね。来日中も発信してくれることでしょう!

新ベーシストのNicole Fiorentino嬢も楽しみだなぁ。Veruca Saltの初期は大好きだったので、って彼女はそのときメンバーじゃないか。ギターのJeff Schroederは再結成の07年からのメンバーなのでまぁ安心。で、90年生まれ20歳の新ドラマーMike Byrneってどーなの??ってところですねぇ。映像見る限りでは、おぼこい印象だわ~。単独2公演併せてビリーの勇姿?を見守ってきまーす!
by 033_MFS | 2010-08-07 11:22 | ♪音楽-雑記
きゃー♪ す、す、す
スマパンがサマソニ出演決定だそうで!⇒http://www.summersonic.com/2010/lineup/
c0024243_6182625.jpg

溜まりに溜まっているライブレポの終わりが見えてくる段階までは!と、よもやま記事を書くの控えてたけど・・

フジの第一弾メンツに狂喜し、ロラパルーザとカブる今年のサマソニはあまり期待できないかなと油断していたので、驚きと嬉しさでビックリ!!! PixiesとBRMCも嬉しす!ジャレッド・レト(30 Seconds To Mars)も観たいかも(^^;

ビリーひとりスマパン。。ジェシカ・シンプソンとのロマンス(←あいまい・・)やらベーシストのジンジャー嬢が子育てのため脱退+キーボードも広く一般からオーディション形式でメンバーを募るんだそうで。

ビミョーかつ複雑な心境っすが、サマソニ参戦決定!!!

Mogwaiが出演するMETAMORPHOSE 2010って?!⇒http://www.metamo.info/news/069101400.php
by 033_MFS | 2010-03-16 07:14 | ♪音楽-雑記
おマンチェだ!
先日の土曜日、「KAFFEINEE(カフェイン)」さんに顔をだしてきました!

前回は10月下旬の訪英前に立ち寄ったら、店長がペンキ塗りしてたんだった。Idlewildのライブを観に行く♪と伝えると「Roddyに会ったらソロの日本盤ウチから出さないか打診してみて」って冗談(本気?!)言われて以来の訪問です。

この日はライブ連れ友が遠方からやってきてくれるというので、糖朝でランチを。
地元民のワタシが早めに並びに行ったけど、そんな必要はないぐらい混んでなかった・・青山店はいつも大行列らしいのにね。これぞプチ都会のよいところ!

c0024243_1392520.jpg
c0024243_1402336.jpg

白を基調としていた店内がカラフルに模様替えされてました。

c0024243_1411077.jpg
c0024243_1415872.jpg

CDの売り棚ができていた!Idlewildのレコードは以前に私が買い占めました、プレーヤー持って無いのに。(いつでも買う気はあるけど結局買えてない・・)

カフェインさんが新たに設立したインディ・レーベル「KAFFREC(カフレック)」からのリリース第1弾となるのはポッツィーことDavid Pottsのソロ1stアルバム。

私はまぎれもないNew Order好きであるが、偏見的にバーニー好きなので、なんちゃってファンともいえるかな。
なもんで、ポッツィーとフッキーのユニットMonacoを知らなかった・・。代表曲を聴かせてもらうと、これがまんまヌーオーダーで可笑しかったわん。ポッツィーはマルチプレーヤーゆえサポートの誘いが多く、マンチェ人脈が広いのだそうです。

見本としていただいたのは、06年にUKでリリースされたCDシングルでした。

何気なく聴いてビックリ!ブリットポップを彷彿させる親しみやすいナンバー!! 他の曲はドリーミーなポップにサイケ感も漂わせ、グルーヴィでもある!これ、すっごくいいんじゃないの~?! マンチェの王道とも言うべきサウンドを展開してますよ。うぅ・・・好きだぁ!!オエイシスやローゼスほかマンチェ好きにお勧めしたい!アルバムに収録されない2曲も素晴らしい~!

c0024243_142544.jpg『Coming Up For Air』 2月7日リリース!

もしかしたら今頃はOasisのメンバーだったかもしれないポッツィーのプロフィールなどは↓
◆David Potts 日本版公式サイト

◆KAFFREC MySpaceで6曲試聴できます!

NOつながりで私的宝物公開!
by 033_MFS | 2008-02-06 23:53 | ♪音楽-雑記
今年の初遠征は・・・
c0024243_1232724.jpg
クラシック音楽の都、ウィーンからスマパンのチケが届いちまったよぅ。

そりゃ、申し込んだから当然といっちゃ当然なんですが。

オーストリアのチケ屋さん、仕事早っ!くて驚いたわー。

ネットでポチッとやってしまってから1週間も経ってないぞ。

スマパン観たいけど、けど、けど・・・
by 033_MFS | 2008-01-10 02:51 | ♪音楽-雑記
復活!!!
ネット環境復活しましたっ!
PCは1週間前に修理完了していたんですが、モデムも壊れてたとは・・。
購入時の状態に戻ったPC、色々インストールし直さなくちゃいけないし、メールの履歴やIEのお気に入りが消えてるし、元の環境に復旧するにはエネルギー要るわー。データ消滅は痛いが不要なファイルも多かったし、元通りには戻せないけど前進あるのみ!容量が軽くなって修理前より何倍も早く起動するスッキリ感、悪くないかも。

で、復活といえばスマパン!

c0024243_23302526.jpgいちリスナーとして客観的に聴けないので、レビューは書けません。かと言って、スルーもできないので、記事にはしますよ!
ジミーのドラム以外のパートはビリーが演奏し、コンピューターは一切使用せずアナログテープのみでレコーディングしたそうです。
1曲目イントロのドラムとギターを聴いただけで昇天!ラウド嗜好じゃないのに、スマパンのヘヴィさは大好き~!私の音楽生活に欠けていたサウンドが戻ってきた感じがして、ただ嬉しい♪

日頃からボーカルとギターに注目しがちで、好きなヴォーカリストやギタリストは何人もの名前をすらすら挙げることは出来るが、好きなドラマーを訊かれたら、とっさに出てくるのはジミー・チェンバレンだけ!ジミーの凄さを肌で感じたのはZWANをライブハウスで観たときなんだけどね(苦笑)だってスマパンは武道館の2階席からしか観たことないんだもの。。イハがいないとスマパンではないというファンの声も多いですけど、私はビリー全面支持なので。チラ見だけだけど、ベースのジンジャー嬢はケバくて好みじゃない・・ダーシーもメリッサも可愛かったからなぁ。語り始めると長くなるのでこのへんで止めておきます。

再結成が花盛りの昨今ですが、ツアーしかやらない懐古趣味的なものも多い。最近だと意欲的に感じられた新譜はダイナソーJr.ぐらいかな。これぞスマパン!という轟音もあれば、以前のスマパンにはなかった変化もいっぱいある。
再結成にかける意気込みは十分に伝わってきた!けど、ビリーの実力はこんなもんではないっ!というのが率直な感想です。10分近い“United States”がライブで最も聴きたいカッコいい曲!ヘヴィロテ中でも夏フェスに向けて一時的に封印したいと思います。

ジャケは今年の私的アートワーク賞に決まり!?
アメリカの象徴である自由の女神が沈んでいくという衝撃的なジャケのデザインは「OBEY GIANT」で有名なカリフォルニア出身のアートディレクターShepard Fairey(シェパード・フェイリー)によるもの。アメリカと地球温暖化を強く憂いたメッセージが込められており、描かれた太陽は、沈むところなのか?昇るところなのか?複雑なテーマをシンプルにまとめている、とビリーもご満悦な様子。

あ、でもアルバムのジャケを開くとなぜかパリス・ヒルトンが映ってるんだな。(1stシングルのジャケにもなってるが・・)いきさつはSPIN.comの記事に少し紹介されてました、本当はお騒がせセレブ3人娘の絵を使いたかったらしい。
裏の意図があるにせよ、こっちはいただけない。

c0024243_23311644.jpgc0024243_2332249.jpgc0024243_2332441.jpgc0024243_23332377.jpg
c0024243_23341329.jpg矛盾だらけのLive Earthに出演してたんだよね~。
ビリーが新作をダウンロードで購入してね、とMCしたそうですが、イロイロなバージョンがCD化されてるのは矛盾してるぞ!ちなみに青はiTunes Storeのみで配信。
やっぱ赤がイチバン強烈な印象を受けます。

c0024243_23344648.jpg
→76ページブックレット付US特別盤が欲しい~

約3時間に及ぶ単独ライブが観たい!
“Today”では泣いてしまうだろうな。。

.
by 033_MFS | 2007-07-22 23:37 | ♪音楽-思い入れ強い編
Billy Corgan@AX (8/4&5)
Smashing Pumpkins再結成を表明したビリー・コーガンのソロ公演。
再結成はビリーの独断で複雑な心境ではあるが、スマパン~ZWANと追っかけてきたファンとしては、フジとサマソニの間という有り難くない時期の来日でも、気合を入れなおして東京2daysへ行ってきた!

初日はハッキリ言って集客力は無く、こんなに人が少ない公演は初めてかもというほど寂しいものだった。後方の一段高いフロアから冷静に観る事にした。ステージ上にはビリー用のマイク・スタンドと電子ドラム、シンセ、キーボードのみとアンプも置いてなくていたってシンプルだ。
蜘蛛の巣のようなカーテンが天井を覆っていてステージ奥も黒い布で包み隠している。鍵盤の楽器には金属系の装飾をしていて、ステージ床上のライトは岩のような置物で覆うという、独特の美的センスで不思議な世界観を表している。
もったいぶったSEが続き開演するとステージ上のカーテンが降りて全容が。
メンバーの背後に真っ白いタイルをつなぎ合わせた大きな壁を立てて、色鮮やかな映像をライト(ミラーボール?)で映し出した。四角形のタイルの升目にそって何色・何パターンもの幾何学模様が目まぐるしい速さで変わっていくのだ。映像を取り入れたライブってスクリーンに動画を再生するのはよくあるけれど、このような演出は初めてで斬新に感じた。
バックメンバーは黒い服装で黒髪と金髪が交じり合った80sっぽい髪型が2人いて、女性メンバーが必ずいるのはビリーのこだわりなのか、キーボード兼コーラスは紅一点のリンダ嬢で厚めの化粧とその髪型が艶やかだった。(シンディ・ローパーみたい!?)
ソロ作品(アルバム未収録曲もあり)からの選曲のみでスマパンはやらなかった。観客は少なくても熱心なファンが多くて歓声が大きかったのは救いだった。最後に舞台から手を伸ばして右端から左端まで前列の客と握手をする光景を見て翌日は(整理番号も良いことだし)絶対最前列へ行く!と決めたのだった。

2日目は開場前に行くと客の集まりもそこそこで前日より開演前の熱気を感じた。狙い通り最前列をキープできたが、熱すぎるファンが背後に居たため、押されて手すりに挟まれて痛い目にあってしまったのは予想外。ビリーは前日と同じで腰ぐらいまでの太めのボーダー柄の長Tにひざ下までのカジュアルパンツにハイソックスと1人だけラフな格好で、痩せてスッキリしていた。
個人用かと思われる3,4個ものカメラを舞台裏から持ってくるとファンが一緒に写るアングルからメンバー同士が順番に撮りまくってた。最近ステージ上から観客の写真を撮るの流行ってるなぁ。

ビリーは時々シャウトするなど強弱をつけたヴォーカルは表現豊かで、ギターはさりげなく巧いな~と感心。ヘヴィメタの人がよく使っている星型のようなボディの尖がったギターが登場したときは、歓声に応えて早弾きを披露してた。
ラッキーなことにビリーが投げたピックをゲットできた!ヤッタ~!!
アンコール後にビリーだけが再登場し、ライブに来てくれたお礼を伝えたのは前日と同じ。ファンの熱いビリー・コールに感極まってる様子だった。観客から女性1人をステージに上げると、他愛もない会話をして1曲サービスで歌ってくれた。(ア~メン♪という歌詞しか聞き取れなかった、何の歌だったのかな?)
最後に「今度日本で会うときはスマパンで」(“スマパン”と日本式で)と言って握手タイムへ。ビリーの手は冷たかったけど笑顔は温かかった~。

ライブは今までに観たことがない不思議な空間を生み出していてサウンドに合った凝った映像美で堪能できた。

アルバム・ジャケットと同じ絵柄のTシャツにはまいった・・。愛があってもあれは買えないよ。
by 033_MFS | 2005-08-07 21:27 | ♪音楽-LIVE
スマパン再結成!?
元The Smashing Pumpkinsのフロントマン、ビリー・コーガンの初ソロ・アルバム“The Future Embrace”について書こうとするが気乗りしない・・。
ギターは前面に出てないけどかき鳴らしてるしシンセにドラム・マシーンとシンプルで繊細なサウンドはスマパンの 4th“Adore”に近い雰囲気でもろニュー・ウェイヴ。聴くほどに良くなる美しいアルバムだけど、思い入れのある人だから客観的に聴けないよ~。

私はスマパン好きといっても90年代前半のオルタナティブ・ロック全盛期の洗礼を受けておらず、'95年の3rd“Mellon Collie and the Infinite Sadness”の2枚組の大作でノックアウトされた中期からのファン。
スキンヘッドの一見して強面で青筋立てた迫力とは反面なピュアで繊細なハートの持ち主でもあるビリーの少年性に心を奪われてしまったんだな。
2000年末に約10年に渡る活動に終止符を打ったときはショックだった。

その後ビリーはスマパンのドラマーだったジミーと新バンド‘Zwan’を結成するがアルバムをリリースした年に早くも解散。2年のインターバルで今回のソロ。音楽活動を続けていることを喜べばいいのか、うーん複雑な気持ちだ。

最近ビリーはスマパンやズワンについて色々と語り始めているのだが、気分のいい内容ではない。ベースのダーシーがドラッグ依存症でクビにするしかなかった、ギターのイハとの不仲、ズワンではジミー以外のメンバーは信頼できなかったとか。 (どれもがドロドロした話で、ビリーに同情してしまうけど)
でも今更真実を語ったところでどうだっていうんだい?
ただ愚痴ってるだけのちっちゃい人ではないと信じているから何か踏ん切りがついたのかなと思っていたら・・。

ビリーが初のソロ・アルバム発売日に、地元のシカゴ・トリビューン紙にて、スマパン再結成を表明した!という。

これはどう受け止めればいいの?? オリジナルのメンバーであっても、なくても違和感を感じそう。でもスマパンの曲をまたライブで聴けるなら単純に嬉しい。
もしローゼズが再結成したら?ライブがあったら絶対見に行っちゃうだろうな。

■ビリー・コーガンの声明文全文■
by 033_MFS | 2005-06-30 01:02 | ♪音楽-思い入れ強い編


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ