033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:STEREOPHONICS ( 7 ) タグの人気記事
STEREOPHONICS@Studio Coast(4/25)& Duo Music Exchange(4/26)
振り返りレポ続きますが・・・Wilcoの余韻を封印して観てきたステフォのレポを2本まとめて!

★BRITISH ANTHEMS Vol.9@Studio Coast(4/25)
また行ってきやしたーブリアン@新木場。StereophonicsとThe Sunshine Undergroundの2組が出演するので参加を決めたのですが、ほどなく両バンドともに東京での単独公演も決まって、日程的に行けないTSUは今回のBAで最も楽しみにしていたアクトでした。
c0024243_5561841.jpg
ところが、例のアイスランド火山噴火の影響によりTSUの来日がキャンセル!!! ステフォは豪・NZツアーからの移動で支障がなかったのは幸い。すっかりやる気なくして(苦笑)、トリだけ観れればいいやとダラ~っとスタンバっておりましたら、Oちゃんから協力要請を受けたので出動し、16:00前に会場入り。

会場の外、DJフロアやドリンクコーナーの周辺はそこそこ混雑していましたが、場内へ入ると半分の入り・・・しかも、2階席とバルコニーは封鎖されてるし。。

THE CHAPMAN FAMILY<ザ・チャップマン・ファミリー> 16:00~
英国北東部のストックトンオンティーズ出身の4人組。ジョン・レノンを暗殺したマーク・チャップマンからバンド名を命名、さらにメンバー全員が姓をチャップマンと名乗る。

c0024243_5574350.jpgJoy Division直系のポストパンクは食傷気味という感じだったけれど、後半はキャッチーなメロで手拍子連発の曲も。Voがマイクのコードを4重ほど首に巻きつけると両手で引っ張って首を絞めるってゆうパフォーマンスにウゲーっ!(^^i)  顔真っ赤に苦しそうにしてるんで、目を背けたくなったが、コードを緩めつつM芸を続けていたのには、ぷぷぷと笑いが。最後にバンドのグッズを律儀そうにばら撒いたり、暗黒系キャラになりきれてない?!

TRICERATOPS<トライセラトップス>17:05~
96年、和田唱(Vo,G)、林幸治(B)、吉田佳史(Dr)の3人で結成。デビュー以来、一貫して「踊れるロック」を提唱し続ける3ピース・ロックバンド。
90年代半ばにUKギターロックの影響を色濃く感じさせる邦バンドが何組か出てきて、Grapevineを気に入ってアルバム数枚持ってたりするけど(7年前ぐらいまでのことですが)、トライセラにはハマらなかったので、Voの和田クンが平野レミさんの息子ってことぐらいしか知らず・・。適度に骨太さもあり、10年以上のキャリアがある安定感を持ちつつ若さも感じられるパフォーマンスでしたね。

BAの名物企画といえばサイン会!当日会場で実施アーティストが判明するのですが、新人勢からトリを飾る中堅やベテランも可能性があるので侮れないんだなー。ステフォ熱烈ファンのOちゃんが開場時に入場して整理券をゲットできたので、16:30からサイン会に参加している間は、キープしていたステージ前の好位置で留守番していたというわけ。5年前のミーグリでは不在だったケリーとも無事対面できたOちゃんが満足気に戻ってきて、そのまま残って最前で観ることも可能だったけどアタシはお役目ごめんでDJフロアへ。

c0024243_559726.jpg元The Stone Roses/現Primal ScreamのManiが急遽DJとしてBAに参加することになったのだ!アジアDJツアー中だったとのことで噴火の影響なく来日できたみたいですね。DJブースの前は結構な人だかりでManiが観えなーーーっい!終盤はThe Smith~The La's~Stone Rosesという分かりやすい選曲だったす♪ 次のDJに代わると一気に客が引いたので、ブースへ近づくとManiが安請け合いの即席サイン会やってました、はは。

BAと単独、抱き合わせっちゅうことで・・
by 033_MFS | 2010-05-23 23:31 | ♪音楽-LIVE
STEREOPHONICS@Club Citta'(7/22)
2月の単独来日ツアー最終日に「夏フェスで戻ってくる!」と言い残したのは逆オファーだったのかもしれない・・・まさかアジカンフェスに出るとは思ってなかったけど(苦笑)、あながちウソではなかったね!?
c0024243_6244169.jpg
遠いようでそれほど遠くない川崎のクラブチッタへ行ってきました!開演予定の19:00ちょっと前に到着、客の入りはいまいちでしたが解放感のある雰囲気で、いい具合にサポートのアダム前10列目あたりまで行けちゃった。

10分押しで開演、メンバーは2日前のステージとほぼ同じ格好で(フロントの3人が革ジャン、ハヴィエは黒T→上半身裸)、“The Bartender And The Thief”からスタート!

始終、観客はノリノリで自然と手拍子が沸き起こる、旧来からのファンは一緒に歌い、熱くて温かい、そして自由に楽しむ空気が流れてました!

ここでも何度も手拍子を促してたリチャード、もちろん必死にやらなくても良い反応が返ってくるので、パフォーマンスに余裕が感じられ、渋さに人間味が加わってステキ!リチャードのカッコよさに開眼してしまった!佇まいはジェントルだけど、実は脱いだら凄いんだよね(腕の墨が・・)。

メンバーは途中からリラックスしすぎ?ってゆうぐらい笑顔が絶えなかったです。
“My Friends”ではケリーが笑って歌えてなかったし。(原因はムリな体勢で弾こうとしたアダムにあったようだが。)アダムはメンバーに明るさを与える存在で、豊かな表情を見てると微笑ましい。同じくムードメーカーのハヴィエは無駄な動きが多すぎ?と思わんでもないが、彼も脱ぐと凄いね~。(筋肉が)

gちゃんがあまりの濃い顔立ちにサングラスを取ったの気づかなかった?!というケリー、圧倒的な歌声は毎回脱帽です。“Maybe Tomorrow”の弾き語りでは、合唱せずに聴き入ってた客もよかったな~。

観客のノリといい、メンバーが楽しそうという点でも、2月の単独よりイイ内容でした~!あーすっきりしたっ!

ええ、ステフォを呼んでくれたアジカンには感謝してますとも。

【set list】
by 033_MFS | 2008-07-24 06:31 | ♪音楽-LIVE
NANO-MUGEN FES.2008@Yokohama Arena(7/20)
本心は単独が観られればベストなんだが、すぐ発表されなかったし・・フジ前にAshとステフォの2公演は体力・日程的にキツイなぁ~ということで、アジカンがオーガナイズするフェスの初日へ行ってきました!

思わず食指が動きそうになる海外のバンドを呼んでくれるイベントですが、洋邦混在のラインナップは、アジカン&邦バンド目当ての観客が圧倒的に多く、洋バンドのファンは肩身が狭い思いをするらしい・・。
c0024243_775658.jpg
11:00開場/12:30開演、タイムテーブルは当日会場での発表となる。
お目当ては後半に出演すると読めるが、せっかくなのでPhantom Planetも観たい!とならば少し早めにと、14:00過ぎに新横浜駅で待ち合わせして会場へ向かう。昼ごろネットに出回った出演順をOちゃんがキャッチして知らせてくれたお陰で、焦ることなく14:20に会場入り。並ばずに場内へ入り、殆ど客がいない物販ブースを物色してから2Fの充実したフードエリアをチェックしながらビールで乾杯!

9mmさんが終わると大勢の汗だくの客が出てきて、フードエリアと物販ブースはあっという間に人だかり。逆行するように1Fスタンディングエリアへ行くと、左右ブロックはガラガラでステージ真ん前のブロックにすんなり入れた。
横アリとはどうも相性悪く、10年ぐらい来てなかったけれど、側面にステージを配置した会場を横長に使うパターンは初めて。ステージ両サイドと、天井から吊るした4面の大型スクリーンがあって、どこからでも観やすくなって好印象だぞ。

アジカンは観てませんので悪しからず・・
by 033_MFS | 2008-07-22 17:49 | ♪音楽-LIVE
STEREOPHONICS@Shibuya-AX(2/8)
正直なところ、ステフォへの思い入れは強くないのだけれど、熱烈ファンな友人のお供で追加公演までも行ってきました。
昨秋リリースされたデビュー10周年のドキュメンタリーDVDは、強制的に鑑賞させられたが(失言!)、フロントマンのケリーはボノ、ポール師匠、ノエル兄貴、ロジャー・ダルトリーほか大御所たちから賛辞を贈られるニクイ男なのだ!
c0024243_142166.jpg
まずは初日のduoから。O隊長に導かれるままセンター最前列へ。現地から連れてきた4~5人のスタッフは、開場前から完璧にセッティングしていた様子で暇を持て余していたほど、ほぼオンタイムの19:00に開演。

「トキオっ!」と煽るように登場したケリー、二言三言のMCを挟み最新シングル ‘My Friends’でスタート!ステージ向かって中央がケリー(vo&g)、右がリチャード(b)、左がサポートのアダム(g)、中央後方がハヴィエ(d)という配置。
フロント3人は黒の革ジャンに黒のパンツ、ハヴィエは上半身裸になる前は覚えてないや。超ガニ股でリズムを取るケリー、ズボンの裾がほつれまくってた・・。

前記事でケリーについてちょっと意味深な書き捨てをしちゃったけど、見た目のことじゃないんです。髪はふっさふさ、眉もモミアゲだって相変わらず濃いし、体型もそんなに変わっちゃいない。先述したDVDのオフステージで浮ついた映像をいくつか観て硬派なイメージがもろくも崩れ去った・・ということがあり、すでに一杯ひっかけてます?てなノリのケリーを見てオヤジ化したなーとしみじみしてしまったというだけのこと。

05年単独来日公演でのサポートさんは目立たない位置にいましたが、アダムはコーラス担当にギターソロ弾いたり、第4のメンバーという感じで、常に楽しそうな表情がよかった!南米出身のハヴィエといい、ステフォに新風を吹き込んでくれた気がする。バンド内の関係が良好だから、クールに熱い演奏を繰り広げる中にも、笑顔の多いリラックス状態をつくりだしているように映ったよ。

後ろから押され身動きは取り辛かったけれど、凄味のある歌声と強固な演奏でグイグイ引っ張られ、始終拳を振り上げてましたぜ。最新作からの1stシングル ‘It Means Nothing’はスローな曲ですが、終盤の力強いドラムと、やっぱり表現力豊かな歌声に聴き入ってしまう成長を感じるハイライトの1曲でした!

1000人規模のキャパで観られるのはラッキー、MC多めで観客の声援にも気軽に応じるフレンドリーな一面を見れたのは楽しかったけどねぇ、もっと大きな舞台が似合うバンドだなーって。

翌日のAXはduoの1.5倍規模の会場だが、久しぶりに来て天井が高いせいか広く感じた。開場には間に合わないため、友人らとは別行動でアダム前の20列目あたりへ。高台に設置されたドラムセットを見て、周囲は若い男子ばかり気合十分な雰囲気、いいライヴになりそうな予感で前日以上にワクワク。

ほぼオンタイムで客電が落ちる、挨拶程度の一言の後すぐ演奏に入り‘Bank Holiday Monday’でスタート!やっぱ、こっちのほうがオープニングにピッタリ!畳み掛けるように5曲ほど続け、明らかに前日より集中力が増してるぞ!男気のある硬派なイメージそのものだ!私はモッシュの切れ目で自由にノレる快適な環境を楽しむ。duoでは黄色い声が多かったケリーコール、AXでは野郎の太い歓声が溢れてました。

演出効果のため非常灯を消すという事前アナウンスがあったのですが、曲によって変化のあるライティングは、スケール感のある前作の曲 ‘Superman’ や ‘Devil’では特に効果的!

後半は観客とのコミュニケーションを楽しんでましたね。新曲聴きたい?と大歓声が上がるまで煽る。ギターでイントロクイズみたいなちょろ弾きしたかと思えば‘Smoke on the Water’をちょろっと弾いてみたり。ケリーもそのうち若者からアニキ~と呼ばれそう。

初披露の新曲がこれまたカッコよくて、迫力のある歌声がヤバかった!本編最後で初来日のことや2階席に友人が来ていることに触れてから歌った‘Local Boy In The Photograph’ではにわかファンでも泣きそうに。
アンコールはケリーのみ登場し、エレキの弾き語りで‘Maybe Tomorrow’!前日はセットリストに載っていたのに演らなかった曲。息をひそめてじっと聴き入ってしまった・・特別な声を持つヴォーカリストだ!
最後の‘Dakota’は手拍子に合唱にジャンプと締めにふさわしい曲で、最高に盛り上がりました!

しっかし毎晩飲んだくれて(と本人が言ってた)あの圧倒的な揺るぎない歌唱力は何なの~?!?!

演奏はブレがない!音のバランスもよいほうでしょ、ハウリング一切なし!
内容はduoよりAXのほうが断然よかったです!本国ではアリーナクラスでライヴをする彼らは大舞台が似合う。AXでも小さいぐらいよね。夏フェスで戻ってくると言ってたから、フジかサマソニか分からないけど、嬉しい♪

1ヶ月前のBRMCがカッコよすぎたので、ちょっとやそっとのことじゃ感動できないわ・・・って気持ちは余計な心配だった、ステフォもカッコよかったーー!!!乙女心は炸裂せず、自分の中の男気が燃えた!ケリーの足元のモニターに忍ばせていた謎のファイリングは何だったのかな~。

c0024243_1435397.jpg
(L→R)Richard Jones (b)、Adam Zindani (g) *Touring member、Javier Weyler (dr)、Kelly Jones (vo, g)

【set list】
by 033_MFS | 2008-02-11 23:49 | ♪音楽-LIVE
STEREOPHONICS@Duo Music Exchange(2/7)
ステフォ東京2daysの初日行ってまいりました!
追加公演にあたるduoは余裕ありの客入りだったみたいだけど、センター最前で盛り上がってきたよぉ!熱かった!
ツアー初日の名古屋公演を観た友人談では、時差ボケのせいか「今日は調子でねぇや!」とややダルダル気味だったケリーが、すっかり好調時のパフォーマンスに戻っていたとのこと。
ケリーの歌声は素敵でしたけど、精悍な青年というイメージから・・(以下自粛)。えらくごっ機嫌だったわ。大阪での飲み会がよっぽど楽しかったんでしょうねー。(店名まで出すなっちゅうの・苦笑!)
ハヴィエ君の加入でラテンの血がメンバーに影響をもたらしたのか、ギターのサポート君を含めた4人が、みんな楽しそうに演奏していたのが印象的!
最終日、完売のAXに向けて調子を上げているとみた!!

c0024243_614691.jpg


【set list】
by 033_MFS | 2008-02-08 06:19 | ♪音楽-LIVE
レビュー書けなかった感動作品
交流あるブロガーさんたちや世間の評判が良かった 『クラッシュ』 『ホテル・ルワンダ』はロングランのおかげで、遅ればせながら観てきました。
どちらも人種差別がテーマのヒューマン・ドラマ、衝撃的で考えさせられる、
観終わった後に心の中に残る作品。

c0024243_23393085.jpg下馬評をくつがえしアカデミー作品賞を受賞した『クラッシュ』は、LA舞台のテンポが早い群像劇。
エンディングの“Maybe Tomorrow” by Stereophonicsが染みた~♪

c0024243_23401463.jpg昨年度のアカデミー賞主要3部門にノミネートされた『ホテル・ルワンダ』は、1994年にアフリカのルワンダで起こった大量虐殺事件を背景にした実話、映画ファンの署名活動で今年になり日本公開が決定。

劇場鑑賞は上映期間と場所も限られてきているので、TV放映やレンタルの機会にでも必見!
by 033_MFS | 2006-04-02 23:51 | 映画
Stereophonics@O-East(6/18)
英ウェールズ出身の3人組ステレオフォニックス。(メンバーチェンジでアルゼンチン出身のドラマーが加入)
シンプルで力強いロックの王道を行き、Oasisから気に入られ弟分的な存在で本国では国民的バンドだが、日本での知名度は高くない。
どことなく泥臭いイメージがあってフェス以外の単独公演は行ったことがなくて、今年リリースされた5thアルバムは買いそびれていたが、最近になって新作を聴いたらテクノロジーを多用したサウンドでU2が“アクトン・ベイビー”で変化したときのような印象を受けた。

東京3daysの2日目の土曜日は早々にソールドアウトなだけあって開場時から熱気ムンムン。
男子率が高く開演と同時に前方へ流れ込むわジャンプしまくるわの大盛り上がり!ケリーのハスキーなナマ声は爆音でサングラスに革ジャンと見た目も男気あるー。(20分ほどで脱いでいたが)
半分は新作からでシンセサイザーのサポートもあったが、残り半分は初期ファン大喜びの旧作からの選曲で3人がダイナミックな演奏でぶっとい音を出していた。ケリーの最後まで衰えない声量は凄いし、バラードでは深い歌声で聴かせるし、CDで聴くより全然よい。
参加型ロックのライブ、汗臭い野郎たちに囲まれるのは久々だったけど楽しかった♪ 派手さはないけどステフォは良いライブ・バンドだな~。

お・ま・け!!
by 033_MFS | 2005-06-19 23:43 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ