033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:Summer Sonic ( 16 ) タグの人気記事
サマソニ2011とりあえず
お盆休み前半はフェス三昧、後半はチビっ子たちのお守り役でなかなかPCに向かえず・・。久しぶりに出勤したら、人少なめで涼しいし仕事はまだ夏休みモードだし、会社行ってるほうがラクち~ん。^^;
今月残りはライブやイベントごとの予定も無いので、フェスレポの続きに着手したいところっすけどね。とりあえずサマソニの総括的な雑感でも。
c0024243_6382336.jpg

今年のサマソニは東京・大阪ともに2日通し券がSOLD OUTという盛況ぶり!昼前のフードコート大行列だわ、携帯繋がらなくなるわ、いくら飲んでもトイレに行かなくてもよいくらい汗で飛んでくし、フジで使わなかった日焼け止めや扇子が大活躍という、混雑と暑さのダブルパンチでござんした~。
ソニマニからの2連泊で宿を取っていたおかげで、乗り切れたようなもん。もう宿無しではフル参加できないと思われまふ。(汗)

観たアクトも先に書いてみる!

【8/13(sat)】
(次アクト最前線狙いのためヒップホップ・グループの後半部を)
CAGE THE ELEPHANT
MILES KANE
BEADY EYE
THE STROKES
THE HORRORS

お目当てのケイジを張り切って2列目で観たら・・・もみくちゃモッシュに巻き込まれ、1日分の体力を使い果たしてしまい、その後の3アクトは、座っての鑑賞と相成りました。たはは。
夜の部のTHESE NEW PURITANSまでに復活できず見逃してしまったことが悔やまれるぅ。

【8/14(sun)】
(SMITH WESTERNS *食い気が勝って後半部のみ)
THE MORNING BENDERS
DEERHUNTER
METRONOMY
THE POP GROUP
(次アクト最前線狙いのためヒップホップ・グループの後半部を)
THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION

締めは 新生レッチリ、SUEDE、P.i.L のいずれも個人的に積極的な決め手に欠けるため、散々悩んだ挙句の結論は・・・・・・・・・とりあえず内緒で028.gif
by 033_MFS | 2011-08-19 06:50 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '10 (8/7) Day1 【SP編】
THE SMASHING PUMPKINS<Mountain・20:05~>
88年米シカゴでビリー・コーガン(Vo&g)を中心に結成。91年アルバム『Gish』でデビュー。2nd『Siamese Dream』('93)は全世界で500万枚を超えるセールスを記録、続く2枚組の大作3rd『Mellon Collie and the Infinite Sadness』('95)でその独創性を発揮し、一躍オルタナティブ・ロックのアイコン的存在となる。しかし、その後メンバー間でのトラブルが相次ぎ00年5thアルバムをリリース後に解散。ビリーとジミー・チェンバレン(Ds)は新バンドZWANにて1年間ほど活動、ビリー単体の活動が続きソロ作品もリリース。05年にビリーが地元シカゴの新聞広告でSPの再結成計画を発表し、07年5月に仏パリにて約7年ぶりとなるライブを行い、7月には6th『Zeitgeist』をリリース。09年3月にジミーが脱退し、現在のオリジナル・メンバーはビリー1人となっているが、スマパンとしては00年以来、約10年ぶりの来日。
c0024243_53379.jpg
友人らにスマパン目当ては居ないし、旧来ファンの間でも今回の出演の注目度はビミョーだし、様子を窺いながら不安気にモッシュピット前方へ詰めて待っていると、近くにいた外国人グループをはじめリアルタイム世代ではないであろう若者たちもどんどん集まってきて、ピット内を見る限りライブの始まる瞬間を今か今かと待ちわびている観衆の熱気に包まれ、次第に身動きが取れない状態に。周囲は上半身裸の男子率が高くやる気マンマンで、その心意気に頼もしいやら冷や汗やら。今春の米RS誌で「ただいま人生迷走中」というビリーのインタビュー記事を読んでモヤモヤしてしまった気持ちとは裏腹に、喜びに心躍ってた!!! あの名曲たちをまたナマで聴ける嬉しさったら格別な思いがあるよー!ひと際高い位置にセットされたセンターのマイクスタンドを見てテンションあがる~。

スマパン熱が再燃しちゃった!!!
by 033_MFS | 2010-09-05 23:34 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '10 (8/7) Day1
さすがにフェス期間の記憶が飽和状態ですぅ。スマパン単独2daysを以って、目まぐるしかった今年のアタシの夏もひとまず終わったー!と思ったけど、猛烈残暑続きでげんなり~。サマソニ初日から書き始めてみたものの、つらつら長くなるクセで・・書いては保留を繰り返しやっとこさ、ひとつ書き上げたー。
c0024243_20295081.jpg
深夜のFreebass終演後に撮ったら、奥で寝てる人たちが否応なくフレームイン。↑

5月中旬にPavementが深夜枠に出演決定した時点で会場近くの宿を押さえといてよかったわん。出演時間は22:30~と早めだったけれど、最後まで観ると終電に間に合わないし、タイムテーブル発表後じゃ空室なかっただろうね。(きっとメンツのいい年なら5月中旬じゃ近場は既に満室なのかも)

泊まることになると荷物が増えるわけで、チェックイン前に荷物を預かってくれるとはいっても、何か二度手間だなぁと思った途端にゆるいモードに。。お昼ごろ師匠から「THE MACCABEES(12:10~)が終わったら移動するので最前列譲るよ」とスマパン目当てを気遣ってメールをいただいたのですが「えっと、まだ家すら出発できてないんすけど・・」状態で、14:30ごろ海浜幕張駅に到着するのでした。てへっ。ヨーロピアンなプチホテル風の宿にチェックイン済のgちゃんと合流後、2日通し券引換えのためにマリンスタジアムへ。今年もタイムテーブルにホルダーが付いてないと見越し、フジでもらったやつを持参してゆき正解!屋外へ戻って来る予定はないので、遅めのランチでマリンのフェス飯を食らう。メッセ行きのシャトルバスで20分ほど並んだのが、2日間の行動で最も暑さと混雑を感じた待ち時間だったかも。メッセ到着後は、IslandとBeachステージがメインとなる友人たちと別行動でひとりソニックステージへ直行!

始動遅かったけど、とても濃い1日だったわ♪
by 033_MFS | 2010-09-05 23:33 | ♪音楽-LIVE
サマソニ10私的タイムテーボー♪
c0024243_6251661.gif今年のサマソニはメンツがイマイチ・・という声が多々聞かれるけど、アタシ的には結構キテるぞぉ!なんつったって、初のお泊りコースという気合の入れようだし。
スマパン、ペイヴメント、ピクシーズの3組が本命なんすが、今が90年代でないことは重々承知の上でーーーーっす。
フジの余韻をちょいと封印して、サマソニに向けテンション上がってます♪ 書き出すと悩み始めてしまう仮想タイムテーブル、いちおう書いておこう。

【8/7・Sat】
12:10-12:40 THE MACCABEES<Mountain>ゆっくり始動に変更・・
12:40-13:15 YES GIANTESS<Sonic>
13:40-14:25 TWO DOOR CINEMA CLUB<Sonic>

(14:00以降、宿にチェックインしてから始動予定!)
14:50-15:40 DELPHIC<Sonic>
15:35-16:25 THIRTY SECONDS TO MARS<Mountain>チラ観でいいんだけど。
16:10-17:00 PASSION PIT<Sonic>スマパンのカバー気に入ったので観たい!
16:20-17:00 NADA SURF<Island>(>_<)→だから単独@Unitを観に行ったけど、すっごく良かったのでまた観たい!うぅ(泣)
17:05-17:50 GIRLS<Beach>(>_<)
17:30-18:30 A-HA<Sonic>スマパンの単独決まって余裕できたからフル観できそう
18:20-19:20 TAHITI80<Beach>(>_<)
18:25-19:35 RICHARD ASHCROFT&The United Nations Of Sound<Mountain
19:50-21:00 EELS<Beach>(>_<)
20:05-21:25 THE SMASHING PUMPKINS<Mountain>
22:30-23:50 PAVEMENT<Sonic>

(宿で小休憩)
02:00-02:50 FREEBASS<Sonic>

【8/8・Sun】
11:00チェックアウトまでまったりした後、会場内散策かな。
13:40-14:20 FANFARLO<Sonic>
14:45-15:35 THE DRUMS<Sonic>
15:35-16:20 STEVE APPLETON<Beach>イケメンをチラ観してみたかったけどムリね~
16:05-16:55 BAND OF HORSES<Sonic>
16:20-17:00 EVERYTHING EVERYTHING<Island>
16:50-17:50 HOLE<Mountain>チラ観でいいんだけど。
17:25-18:25 BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB<Sonic>
18:55-20:00 JONSI<Sonic>
19:30-20:55 STEVIE WONDER<Marine>(>_<) 最初で最後のチャンスかもしれないけど。
20:30-21:45 PIXIES<Sonic>


The Smashing Pumpkins - "Cherub Rock" (Live at Terminal 5 NYC ~ 07-26-2010)

新生スマッシング・パンプキンズ、期待と不安が半々。思い入れのあるバンドなだけに、忠誠心とビリーへの偏愛の塊で観に行きます!オリジナル・メンバーはビリーだけで・・・多くを期待するほどアタシもヤボじゃないっす、友人たちにも必見!とはオススメしてないし。ジミーがいれば、彼のパフォーマンスは一見の価値あり!と言えたけれど。。。

6月末のウォームアップ・ギグから開始されたUSツアーで15本ほどやってから来てくれるので、少しはこなれた感じになってるのかな。7月21日にフロリダ州タンパでのライブ中に、ビリーが眩暈を感じて床へ倒れるというアクシデントもあったけど・・。それを機にビリーのtwitterをフォローし始めら、結構ツイートしまくってるのね。来日中も発信してくれることでしょう!

新ベーシストのNicole Fiorentino嬢も楽しみだなぁ。Veruca Saltの初期は大好きだったので、って彼女はそのときメンバーじゃないか。ギターのJeff Schroederは再結成の07年からのメンバーなのでまぁ安心。で、90年生まれ20歳の新ドラマーMike Byrneってどーなの??ってところですねぇ。映像見る限りでは、おぼこい印象だわ~。単独2公演併せてビリーの勇姿?を見守ってきまーす!
by 033_MFS | 2010-08-07 11:22 | ♪音楽-雑記
Summer Sonic '09 (8/7) Day1<8/9AM加筆修正版>
サマソニ10周年&初の3days開催!初日の金曜日は変則的な夏休みで会社カレンダーが休日なので、行かない手はない!フジレポと同時進行で混乱しそうですが・・メリハリつけてマイペースにやっていくぜ。そいじゃ、サマソニ初日をささっとレポります♪
c0024243_12563934.jpg
くもりで蒸し暑い、11時40分ごろ海浜幕張駅に到着。3日通し券引換えのためだけにマリンスタジアムへ(T_T)。すんなり引換えられたがタイムテーブルにホルダーが付いてない・・ケチ!メッセ行きのシャトルバスに直行し、メッセではまず仲間内で恒例となりつつあるポール・スミスでTシャツを購入し、テーブル席で昼食(広島焼きの温玉スペシャル、鉄板で焼いてるのが美味しそうでトライしてみたが作り置きの冷めてるやつを出され・・900円は高い!)。人出少なめで、全てがスムーズ!

“SCHOOL OF SEVEN BELLS”〈Sonic Stage・13:00~〉
c0024243_85950.jpg
ステージ向かって右側の30列目あたりから観る。元The Secret MachinesのBenと双子の姉妹による3人組エレクトロ・ロック・バンド。Benちゃん目当てで観に行ったけど、音源未聴。リズム隊がドラムマシーンってところでロックを感じません。双子ちゃんはソフトなヴォーカルで見た目も可愛いかった!ベンちゃんルックス変わりなく、センター奥で控え目に弾いてて、最後の曲で本領を発揮!という感じ。これがTSMを脱退してやりたかったサウンドなのかと思ったら複雑な心境じゃ・・。

“KYTE”〈Sonic Stage・14:05~〉
c0024243_864468.jpg
ポストSigur Ros、Radioheadとして注目されている平均年齢20歳の4人組。ステージ向かって左側30列目あたりから観る。Vo君はトム・ヨークの若かりし頃の神経質そうなほっそりした面立ちで、キーボードとラップトップを操りながら切なく透明感ある美声で囁くように歌ってました。観客に手拍子を求めたり、ハンドマイクだけになるとステージ前に出てきては上品に客を煽ってました。シガロスほどの壮大さはまだないけど、年齢を知ると完成度の高さに驚く!ドラムの音圧がしっかりしていてよかった、今後の成長に注目したい若者たちでした!

アーティストTシャツ売り場が空いてたので覗いてみると、いちばん気に入ったデザインのFlaming Lipsは当然のように当日分は完売、次に欲しいと思ったVaselinesも完売。場外に女性専用の簡易トイレや場内に女性専用のパウダールーム(←あの場所はどうかと思う、利用する気もないが)があったり、この日は水洗トイレ並ばずに入れたけど、混雑時には助かるね。

“MERCURY REV”〈Sonic Stage・16:30~〉
c0024243_881688.jpg
The Flaming Lipsと共にUSの2大サイケデリック・バンドとして語られるNY発の3人組、結成25年(?)のキャリア。01年のサマソニ初見以来ですが、おぼろげにしか覚えてない・・。ステージ向かって右側の10列目あたりから観る、セットチェンジは本人も登場?! 最新作1曲目の“Snowflake In A Hot World”でスタートしたのですが、パワフルなドラムの連打で幕を開けたイントロに一発でもってかれた!ポップ寄りなイメージだったのにロケンローだ、カッチョいい~!!! Voのジョナサンの動きを見て思い出したよ、指揮者チックに交信するようなパフォーマンスをしていたことを。愛嬌があって、奥ゆかしくて、キュート!ベルベッツのNicoのカバー曲“Evening of light”(←調べてみたらこれかな・・?)ではほつれた弓でボウイング奏法をしていたグラスホッパーも始終ノリノリ。元気なオジさん2人と冷静なキーボードとアフロのカッコいいリズム隊の2人。終盤の “The Dark Is Rising”で泣きそうになり、“Sense On Fire”で楽しくハジけ、新鮮な感動を覚えましたー!サイケポップと強いグルーブのあるロックの混じり具合が好み!歌声、音響と音圧、演奏力、ライブ力、どれも素晴らしかった!!! アンコール起きちゃったし、周囲も同じ気持ちだったようだね~。もしかしたら、この夏サイコーのアクトかもしれないっ◎

“MEW”〈Sonic Stage・17:55~〉
c0024243_815046.jpg
ドリーミーでメランコリックな独自のロックを聴かせるデンマーク出身のバンド。05年の単独初見以来で、Mercury Revの余韻に浸ってたら殺気立った若者たちに押され気づいたら5列目に進んでいて息苦しい状態で観る・・。スクリーンがないので、裸眼でヨーナスの可愛さ健在を確認できたのはよかったわ。声変わりはしてなかったけど、高音ヴォイスはちょっと落ち着いた感じ、以前のように耳にツンとこなかったので。最新作は未聴でアルバム1枚しか持ってない『Frengers』から“Am I Why? No”、“Snow Bridge”など聴けて、新曲も数曲披露されていたようでファンキーなリズム・ギターがあったりして、曲の展開は読みづらいが聴きやすいところはMewらしい。観客をちらっと見て伏せてしまうヨーナス以外のメンバーは熱く煽ってくる北欧人で、対象的なキャラも面白い。正直なところ、Mercury Revの前に観たかったすね~。

このままセットチェンジ待ち+Mogwaiはキツいので休憩しようと移動してビックリ!外は大雨で足止めくらってる人たちがいっぱい。NIN@マリンスタジアムの中継を観ながら夕食、映像からも凄まじさが伝わってきました。

“MOGWAI”〈Sonic Stage・19:20~〉
c0024243_8153413.jpg
1月の単独初見以来、PA前から観る。単独の終盤で演った曲を序盤に持ってきてまして、3曲目で“Mogwai Fear Satan”!!!何十秒かの静けさの後に訪れるあの瞬間、さあ来るぞ来るぞ!!と待ってる間のゾクゾク感とグォーーっと響き渡る大音量は至福の轟音。ソニック・ステージでも十分に爆音が発揮されており、ワタシも周囲もゆらゆら~気持ちよく頭を振って音世界に浸れた!個人的には単独で聴けなかった2曲が嬉しかったです!ヴォーカル曲“Travel Is Dangerous”は音の一部のようなさりげない歌声もよかったし、“2 Rights Make 1 Wrong”はあまりにも気持ちよくてトリップ状態でしたー。Tahiti 80よりMogwaiを選んで悔いなしっ!のワタシはよかったけど・・・・・・・・

ビーチステージのTahiti80を観に行こうとした連れ友らは荒天による中止に巻き込まれてた・・・・ここでも雨を降らせるgちゃんは凄いよ!参加しない2日目と3日目は安心だ(^^;)

決めうちの5アクトに絞って好位置でフル観できたので満足♪ 混雑する前に、すいすい~と帰れたのでダメージなし。電車の中で会社帰りの乗客を見て現実に戻りましたね。初日のベスト・アクトはMERCURY REV!!!
by 033_MFS | 2009-08-08 13:04 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '08 (8/10) Day2
2日目は張り切って、6つのアクトをフル観しました!サマソニ前日のタモリ倶楽部で安斎肇さんがソニックステージに立つと言うのでちょいとソソられたものの、10:00開演は早すぎるぅ~。あっさり諦めたけれど、お陰でお目当ての1つ目のアクトには余裕で間に合った!

“SILVERSUN PICKUPS”〈Sonic Stage・11:10~〉
初日のソニックステージの満員状態よりは混雑が緩んでいた感じ。前から20列目あたりで観る、周囲は男性ばかり。ビリー・コーガンお墨付きのスマパンの正統な後継者と云われる、LA出身の4人組。ギターを弾くのはブライアン(G/Vo)だけで、Key専任奏者がいるのねぇ。ドラマーのアクションは派手だがちんまりしたドラムセットで、手数の多いジミーと比べたら・・・要はスタイルが全く違う。ライヴに於いてはスマパンの再来とは感じられなかったっす、ビリーもジミーも強力なプレイヤーですからね~。
c0024243_343239.jpgでも、ブライアンにはビリーの面影を感じたなぁ。ビリーよりは聴きやすい声質で、強弱をつけた歌い方、熱く激しいシャウトに惹きつけられた!
X年後はもしかしたらスキンヘッドかも・・ってところも似てたし。。
紅一点のベーシストは真っ赤なロングドレスを着こなして、控え目に笑顔を振りまき可愛らしかったです。
終演後、袖へ下がって行ったように見えたブライアンがステージ下に降りてきて、観客エリアの柵の周りをひとっ走りしてくれました!彼のことはとても気に入った◎楽曲も好きよん♪

“MGMT”〈Sonic Stage・12:10~〉
エレクトロニックなサイケ・ポップサウンドが米英などのメディアより話題と注目を集める、ブルックリン出身の5人組。そのまま居残って20列目あたりから観る。元々は中心メンバー2人のユニットで、バンド編成のライヴを行うようになり5人組になったそうですが、う~んCDで聴くのと変わらない・・・いい意味でなくて。ライヴならではの熱気や臨場感が味わえず、最後の曲“Kids”を2人がカラオケでゆるゆ~る歌ったのが1番盛り上がってるようではイカンでしょ!

“MUTEMATH”〈Sonic Stage・13:15~〉
ニューオーリンズ出身の4人組。80'sっぽいニューウェーヴやエレクトロニクスにアンビエントでスペーシーなど、色々な要素がミックスされている音楽性よりも、ライヴ映像の暴れっぷりを観て興味を持ったバンド。

c0024243_364828.jpg左ブロック前から20列目あたりの右端(ステージ向かって中央)にある縦柵に右半身をもたれさせて観る。右側前方に配置されたドラムがよく観える位置だったのでドラマーばっか観てた。どうやらサウンドチェックはメンバー自身が行っているようで、タイトで迫力あるビートを叩き出すと、観客からどよめきが起きる。
ヘッドフォンを装着すると、固定するために黒いガムテープを頭から顎までグルグル巻き始めたのにはビックリ!ワイルドだわ~。そして、ほどなく開演。

スーツでダンディな装いのVo&Keyさん、段々動きがヘンになっていくのだが、キーボードの上で頭をつけて逆立ちや前転、ハイ・ジャンプを決めたり、アクロバティックな芸の数々に目を奪われっぱなし・・。演奏力は高く、特にドラムは鬼のように強力でインパクトあった!!観客のノリもめちゃくちゃよく、合唱が起きる曲もあって、その人気ぶりにも驚きです。最後はメンバー入り乱れてドラムセットを囲んで叩きまくり、壮絶な余韻を残して終演!
いやぁ、ウワサ通りの面白いライヴ・パフォーマンス!これで楽曲が好みならば最高なんだが・・。とにかく、今夏フェスのベスト・パフォーマー賞!


c0024243_393216.jpgフードエリアのテーブル席でゆっくり休憩タイム。タイミングよく出くわしたエアギター日本大会決勝を観戦するが、思いのほか楽しかったー♪(→優勝者はダイノジのおおちさんと共に日本代表としてフィンランドでの世界大会に出場できる) 
ファイナリストたちの芸達者なこと!MC担当の協会会長のピリ辛トークもオモロくてツボでした。 【08年世界大会の速報結果はコチラで】
あらっ!?会長も出場してたのねぇ。

←いちばんウケたまんまちゃんは4位どまり

写真多めの記事になってしまったわ!
by 033_MFS | 2008-08-30 23:53 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '08 (8/9) Day1
五輪期間中はテレビに向かう時間が長く、執筆が遅々としてはかどらず・・。
番外編まで書きたいフジは後回しにして、2回ぽっきりでまとめたいサマソニからいきまっす!(初日はついつい愚痴が多くなってしまい・・・反省!)
c0024243_2256442.jpg
朝から暑さに負けて出発が出遅れ・・12:30過ぎに会場入り。しっかし、リストバンドの交換って毎年やり方や場所が変わってないか?!1日券の友人が気の毒だったんだけど、観る予定のないスタジアムまで行って引き換えないといけないなんてナンセンス!まっ、翌日は券種に関係なく全ての引換所にて交換できるようになってたみたいですが。

“BLOOD RED SHOES”〈Sonic Stage・12:35~〉
一足先に会場入りしていた友人のお目当てであるPerfume@Dance Stageが入場規制とメールをもらっていた通り大入りの様子で、シャッターが下りているため通り抜けできず建物の外を回って辿りついたときは既に20分以上経っていた。バンドの知名度には不釣合いと思えるほど観客が入っていて・・仕方なく後方からオトナ観する。アンニュイな女性ヴォーカルとハツラツとしたドラムス、パンキッシュなガレージロックナンバーが好みの男女ユニットでした。

どの店も行列状態の激混みフードエリアで仲間と合流すると、「あれこれハシゴ観する気がなくなった・・」「スタジアムに行く気力が起きない・・」、出てくるのは弱音ばかり。私を含め皆さん、早くもお疲れモード(苦笑)

“CAJUN DANCE PARTY”〈Sonic Stage・14:55~〉
腰を据えて休憩してしまい開演に遅れる・・。こちらも後方まで観客が入っていて、前方に進むのは気が引ける感じで、またもや後方から観ることに。周囲は物見遊山的な客で盛り上がっていないこともあってか、遠目に眺めるステージは今ひとつアピールしてくるものが薄く・・単独公演は見送りかしら。

ここまでのメンツで、この人出とは恐るべし!後方エリアは静観者が多く、絶えず人の出入りで気が散るわで、悲しいかなステージの熱が伝わってこない・・。スタジアムのスタンド席でも感動するときはステージの遠さは関係ないんだけどね。温度差を感じずにはいられなかったので、デスキャブから気合入れてトリのポール師匠をスティーヴ前で観る!と決め込み、この時点でThe Verveは諦めた・・(涙)

“THE KILLS”〈Sonic Stage・16:05~〉
混んできたら前方へ詰めれるよう、PAが横に位置するあたりでまったり待機。どのステージも定刻通り進行するのに、なかなか始まらない。10分押してるかぐらいで「機材トラブルの為、もう少々お待ちください・・」との説明があり、更に待つこと20~30分、内輪では「HD破損?データが飛んだ?!」「(メンバーのHotelと破局したとか実はまだ交際中と伝えられている)ケイト・モスに買い物でも頼まれた?」と原因を予想し合い、やらないなら早く決めてほしいなと。
Vivi嬢がステージに登場して「ドラムマシーンのデータが全て消去してしまい、修復できないので演奏ができません・・」と悪びれた様子もなく釈明、Hotelが出てこないってゆうのはどーなのよ?MCさんが‘キルズ’を‘キラーズ’ とバンド名を数回間違える始末で・・・観客からブーイング!

そうゆうことになるんだったら“JOHNNY FOREIGNER”〈Island Stage・16:20~〉観たかったのにぃ~!(物理的にキツイから現実味はないのだが)
CB誌8月号のインタビューでVo&G君が「昔はIdlewildのライブに足繁く通い、一体感があって特別な何かを感じられた」と語っていたので、注目度が急浮上した新人だったのであります。う~ん、残念!

KILLSがキャンセルと分かって出て行く人たちと逆行しステージ前に詰め寄る、向かって右側の3列目とは師匠で最前列が狙えそうないい位置取りだ!

やっとエンジンかかってきたー!
by 033_MFS | 2008-08-24 22:55 | ♪音楽-LIVE
サマソニ08私的タイムテーボー
フル観&省エネ移動を心掛けて仮想してみました!
お会いできる方とはお話できたら是非!ご挨拶だけでも会えたらよろしく~!
c0024243_23392613.gif
8/9・Sat
明日の気分しだいで会場入り。早めに(といっても11:30ぐらい?)
行けたらフードエリアとグッズのチェックでも。
12:35-13:25 BLOOD RED SHOES<Sonic>
14:55-15:45 CAJUN DANCE PARTY<Sonic>
16:05-16:55 THE KILLS<Sonic>
(JOHNNY FOREIGNERが気になったけどムリ~)
17:15-18:10 DEATH CAB FOR CUTIE<Sonic>
18:25-19:25 THE VERVE<Marine>
(ピストルズをチラ観したいが・・)
20:10-21:10 PAUL WELLER<Sonic>

8/10・Sun
11:10-11:50 SILVERSUN PICKUPS<Sonic>
12:10-12:50 MGMT<Sonic>
13:15-13:55 MUTEMATH<Sonic>
(THE TEENAGERSをチラ観か。)
自由時間(BIFFY CLYROかJUNKIE XL、もしくは長い休憩タイム)
16:35-17:35 SUPER FURRY ANIMALS<Sonic>
18:00-19:00 SPIRITUALIZED<Sonic>
(DEVOチラ観?!)
19:40-20:50 THE JESUS AND MARY CHAIN<Sonic>
→単独@クアトロを観る!
19:55-21:05 COLDPLAY<Marine>
by 033_MFS | 2008-08-08 23:40 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '07 (8/12)
2日目は朝から調子に乗ってレポ更新するなんぞ余裕をかましていたら、出遅れてしまい “The Draytones”〈Sonic Stage・11:15~〉を見逃す・・・。
今年の‘食’の目玉、『焼津まぐろ茶屋』で15分並び中トロ丼と焼津丼をゲット!
c0024243_051055.jpg
“Tilly And The Wall”〈Sonic Stage・12:15~〉
男女3人ずつの混合バンドでドラムレス、女性陣はサーカス団!?のような格好で優雅な踊りをしていて、摩訶不思議!フロントの女性2人は歌ったりギター弾いたりもしていましたが、お立ち台の女性は踊ってるだけ・・?!遅ればせながら中盤で、やっと、気づいた!タップでリズムを刻んでたのね~拍手!
女性のMCがハイテンションで引いてしまった以外は可愛かったデス。男の子たちの方が華奢だったかも・・。前半の不思議ワールドで途中抜けしていく客も多かったけれど、後半は直球な曲が増えて、まったり楽しめました!

“The Polyphonic Spree”〈Sonic Stage・13:15~〉
サマソニ03出演時にマリンスタジアムで観たときは、ロックを感じられず数曲で退散したんだっけなぁ・・。
セットチェンジ中に赤い幕でステージを目隠し!?その赤い布の中央にハサミが入ると、ハート型に切り抜き、スタート!総勢20名強の大編成は、全身黒の戦闘服!ハープやホーンにストリングスが加わった壮大なサウンドとコーラス隊の迫力も凄いが、攻撃的でロックしてる!
前方から少し離れた場所で観ていたのですが、返ってそこに居た人たちのほうが自由に盛り上がっていて、1曲目から飛び跳ねっぱなし~!

c0024243_0524170.jpgc0024243_053559.jpg
中盤過ぎ徐々にメンバーが袖に引っ込んでいくと・・・第2幕が始まり、今度は見慣れた白装束だ~!やはしこっちは宗教っぽくなっちゃうのね。
ん?! 聞き覚えのあるメロディは、Nirvanaの‘Lithium’じゃないの~!!Yeah yeah yeah yeah~♪で大合唱&ジャンプ!!ハッピーでピースフルな上にロケンローなノリもあって、演出もユニーク!まさかポリフォで、こんなにハジけてしまうとは!これは、もう入信しちゃった、ってことかな!?

前日の屋外に嫌気が差して、Enemy、Twang、Rooneyらは諦めたけれど、客がいなかったら可哀想・・・という親心も沸いて“The Holloways”〈Beach Stage・14:10~〉へ向かう!
c0024243_0542090.jpgランドローバー・トランスポーターサービスを初めて利用してみたら快適~!開演後10分ほど経ってましたが、炎天下のビーチステージは盛り上がってた!観客との距離が近いステージで、メンバーも楽しんでる様子、演奏もこなれていて良いぞ!先月のイベントで観たときよりも、好感度アップ!ルックスも良くなってたかも!? フル観していたら、ベスト・アクト有力候補、わざわざ観に来た甲斐があったよ。サンダルの隙間に入ってくる砂が熱くてまいった!

More
by 033_MFS | 2007-08-21 23:49 | ♪音楽-LIVE
Summer Sonic '07 (8/11) PARTⅡ
初日の本命Editorsを前方で観るために1つ前のアクトから本格行動開始し、正午前マリンスタジアムへ。リストバンド引換所からRブロックの入り口まで半周回ってたどり着いたグラウンドはビニールシートの照り返しもキツい灼熱地獄だった・・・。

“OK GO”〈Marine Stage・11:50~〉
c0024243_19193231.jpgルームランナーを使ったダンス・パフォーマンスPVのユーモアセンスは好きだけど、アメリカンな明るいポップ・ロックというイメージで、ちょっとナメて観てました。
くそ暑い中、パリッとスーツで決めていた彼らは、汗だくになりながら熱いパフォーマンス。陽気一辺倒でないのが意外でよかったかな、演奏はなかなか力強く、ライブ運びもうまくて、ダンス披露はなかったけれど、知らない曲でも最後まで楽しめた!パッと見、イケメンとお笑い系が2人ずつというバランスも絶妙でイイ!

Editors(前の記事で書いてます)終演後は、脱水状態にアルコールは逆効果なんですが、ビールを一気に飲み干してしまった。。その後もメッセに行く途中でカキ氷、メッセに着いたらビールと・・・喉の渇きがおさまらなかった。
メッセのグッズ売り場が空いてたので覗いてみる。今年は屋外に設置されてましたが、炎天下の中並ばされたのかぁ。毎年、ちょこちょこレイアウトを変えてるけど、改善してるようには見受けられない・・。

“Interpol”〈Sonic Stage・15:35~〉
開演直前なのに余裕で視界良好な位置まで行けた。この日のソニック・ステージはトリまで満員にはならなかった様子。。同じ時間帯でもダンス・ステージのDigitalismへ行った友人は入場規制で入れなかったそうだが。

c0024243_19345376.jpg2年前のサマソニ以来ですが、また同じ感想を持ってしまった。。淡々かつ熱く演奏し、彼らの醸し出す雰囲気やサウンドは好きなんだけど、どの曲も似たように感じてしまう。ま、私がアルバムを聴きこめてないってこともあるけどね。
フジをきっかけに再認識したThe Cureに通じるダークなポップ・センス、あらゆる面で深化を感じたので単独公演を観てみたいな。

スタジアムを出てメッセでの行動予定を練っていたときに、「ところでジョニー・マーのステージ立ち位置って・・チェックしてなーい!!」ことに気づいた。在宅友人に調べてもらいマー先生は左らしいことが判明、ステージ向かって左側の最前列に張り込む。ダイナソーも本命次点だったから好都合!

サマソニ07の私的ベスト・パフォーマー(?)登場!
by 033_MFS | 2007-08-15 21:42 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ