033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
タグ:TAHITI80 ( 8 ) タグの人気記事
MANCEAU InStore Live@Tower Records新宿店(5/25)
今週はラナ・デル・レイでキャンセルの憂き目に・・・。ちょっと高みの見物気分だったので、そんなにショックではないんだけど、ライブ前日に某大御所ロックミュージシャンとランチしていたとか、ピアノ奏者は来日していたとか、ウワサの真相やいかに?!

ラナ嬢がポシャッてしまったので、こちらをレポることにしよう。 Tahiti 80のグザヴィエ&ペドロの全面プロデュースによるデビュー・アルバム『LIFE TRAFFIC JAM』をリリースしたおフランスの新人バンド、MANCEAU(マンソー)のインストアイベントに参加したときの様子を簡単にご紹介します♪
c0024243_23212348.jpg
 ↑ サイン後のジャケ写。ちなみに邦題は 『マンソーの人生讃歌』で5月23日リリース。

GREENROOM FESTIVAL 12に出演したタヒチ80の単独公演でオープニング・アクトを務め、友人らの評判も上々で、21:00~と遅めのスタートなので用事をハシゴして観にいきました。

ラジオ番組の公開録音の一環として行われたこのイベント、最初は状況が飲み込めず。マンソーのデビュー・アルバムを購入した整理券保有者が先に入場していましたが数列ほどしか居なくて、整理券持たない人も入れるようになると、あっという間にいっぱい! レジ待ちで出遅れ後方に落ち着くことにしたら、中年層の男性が多くはてさて何でだろ?

で、イベントが開始してから趣旨が理解できました、TBSラジオ 『高橋芳朗 HAPPY SAD』 presents Manceau インストア・ライヴ、なのだということを。

音楽ジャーナリストの高橋氏をメインパーソナリティーとして進行する音楽番組のことをちっとも知らなかったもので、抱き合わせ企画かな?と思ったのが間違いで、観客の7割はラジオ番組のリスナーと見受けられ、コアなファン(中年男性たちのことね)が集っていたんですわ。

マンソーは仏レンヌ出身の4人組。歌詞は英語ですが、英会話は苦手らしくインタビューはフランス語通訳を介して行われました。今回が初来日であること、影響を受けたのはビートルズ、今おすすめのバンドでは挙げたのがことごとく日本では知られていなかったり。アコギ2本とシェイカーというシンプルな構成で、"Little by Little"、"Full-Time Job"、"Miracle Days"の3曲を演奏。清涼感溢れる歌声、甘いグッドメロディ、心地よいコーラス&ハーモニー、予想以上に良い楽曲でした♪ 

高橋氏が甘酸っぱいシチュエーションの妄想フィクションを語り+それに合う選曲をするという人気のコーナーがあって、甘酸っぱさ満載のマンソーは番組でプッシュされていたみたい。このとき披露されたネタは笑いどころが分らずポカンとしてしまいましたが、面白そうな番組だと思った!んーでも、ラジオというものをほとんど聴かなくなったなー。

公開録音が45分で終了しサイン会へ。バンドはこの後も予定が詰まってるのでささっと済ましてくださいとか、写真撮影は一切禁止とか、こっちだって腹ペコに耐えて参加していたのに、レコード会社のケチくさい仕切りにイラっ。メンバーは和やかに応対してくれ、落ち着いた年齢に見えました。


Manceau - "Little by little"

タヒチの遺伝子をモロ引き継いだ音楽性ですね~!次回作以降で二番煎じだけではない個性を発揮できるかどうか。
by 033_MFS | 2012-06-02 23:20 | ♪音楽-LIVE
TAHITI 80@Yokohama Bay Hall(6/25)
震災の影響で多くの海外アーティストが秋以降に延期もしくは結局中止となってしまうなかで、いち早く振替日程を決めてくれたTahiti80を観てきました!!当初はツアー最終日の横浜公演が土曜日で中華街寄り道コースにも惹かれて東京公演より優先したわけだが、振替はツアー初日になったものの土曜日に調整してくれる計らいで、何年かぶりの中華街にも行けたー(*^^*)
c0024243_5114585.jpg
TAHITI80 (タヒチエイティー) L→R : [後列] Julien Barbagallo(key, ds)、Médéric Gontier (g)、Pedro Resende (b, key) [前列] Raphaël Léger (ds, key)、Xavier Boyer (vo, g、key)、Sylvain Marchand (ds/per, key) 【93年、仏ルーアンで大学生だったグザヴィエ・ボワイエを中心に結成された4人組、全曲英語詩。2000年に世界デビューしたアルバム『Puzzle』が高い評価を受け、全世界で50万枚、特に日本では20万枚となる大ヒットを記録する。2010年には日本デビュー10周年を記念してベスト・アルバム『Singles Club』、今年2月に5thアルバム『The Past, The Present & The Possible』をリリース。前作でシルヴァンが耳の問題でドラムを叩けなくなってしまうが、ライヴのサポート・メンバーとして帯同していたジュリアンとラファエルが最新作より正式にバンドのメンバーとなり6人編成となる。】

みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩12分、JR石川町駅から徒歩25分というアクセスの悪さでも有名?な横浜ベイホール。数年前のデヴィッド・バーンで「舞台制作上の都合」により中止の憂き目にあったんでお初のハコ。中華街から徒歩20分ほどで到着した会場は、周辺が倉庫とさら地で場末のキャバレーの雰囲気が漂う外観に、ホントにPrinceがプロデュースしたのぉ?と疑ってしまうようなトコでした・・・。(殿下が関わったのはライブハウスに変わる前のクラブだそう

エントランスの赤い絨毯やフロア内のシャンデリアは殿下仕様の名残りだとか。1000人キャパのフロア左右にある柱はduo並みに邪魔くさいが後方は段差があり、空間や動線にゆとりが感じられ、前方でも音よかったので立地以外はよいハコかも。

オープニング・アクトはTahiti80と古くから親交があるMehdi Zannadのソロ・プロジェクトFUGU(フグ)。フランス語によるキーボードorギター弾き語りで柔らかな歌声をしっとり聴かせてくれる。途中でグザヴィエが登場し英語の歌を1曲共演!以前のタヒチ公演でも彼のアクトを観てますが、弾き語り以外で聴いてみたいわ~。

タヒチは新作プロモーション、単独ツアーにフェス出演と、コンスタントに来日を続けてくれているバンド。昨年、一昨年と観られる機会は他を優先したため・・・2年半ぶりは久しぶりなようなそうでもないような。

セットチェンジはさほど時間を取らず、18:45頃に開演したかしら。前方左から、メデリック→グザヴィエ→ペドロ、後段左のキーボードにフグ、右のドラムにラファエルの5人。あれっ?!フグのポジションにいるべきカワイコ君がいない・・・。フグの時に出てきたグザヴィエがインナーに黒いタンクトップを着ていてちょっとヤだったんだけど(^^;)、トリコロール調のオサレTに着替えており安堵したりして。最新作より"Solitary Bizness"で始まると、ステージ前方や中央に飾られた正方形のボックスが発光し、背後のスクリーンに映像(PVのアニメ?)が流れる。

「コンバンワ、ヨコハマ!」という挨拶を挟み、新旧から軽快な曲でフロアの空気を温めると「日本のみんなに捧げます」と"Better Days Will Come"を。
最新作(←タイトルの頭文字をとってPPPと言っていた)からの曲が続いた後、インスト曲の"Antonelli"でキター!!中盤最初の山場へ突入!クールなビートに乗るファンキーな"Big Day"に昨年のベスト盤収録の新曲"Me & The Princess"はラップ調な歌い方も入ったりするダンスチューン!そして最新作からの曲でイチバンの見せ場となった"Defender"が、ロッキンでノイジーで少しカオスでもあり、アグレッシブなパフォーマンスに引き込まれ高揚感をグングン上昇させられちまった~!この曲終えた後にグザヴィエが「too much rock!ボクたちがプレイするには年とってるけど・・」とジョークを飛ばしてペドロに「キミはそうかもしれない(がボクは違うよ)」と突っ込まれてたっけ。

観ていた位置と逆側にいたペドロは時々目をやるとひとりコントやっていて、相変わらず愉快だった!でも、今回は赤パンじゃなかったメデリックのギターのバリエーションが豊富でもって熱さゆえのアクションも出てきて、つい目で追ってしまうほどでした!序盤でメガネ外し視界良好ではなかったはずだが、アンコールでセットリストで紙飛行機を折り始め観客に向けて飛ばすわ、丸めてボールにして蹴っ飛ばしてと、なんだかいつもよりノリノリでござんした~。

後半は新旧入り混じった展開、"Made First"のとき「1stの曲やるよ~タイトル当ててみて」とイントロクイズのごとくギターをジャラ~ンと鳴らすも観客からは口笛のメロディしか返ってこず・・。本編最後の”Crack Up”がこれまたフロア向きなダンスナンバーで、確かグザヴィエが違和感なくベース弾いてましたね。
アンコールまず最新作からの"4a.m"はライブ初披露とのこと。"Wallpaper For The Soul"でゆったりしっとりした後は"1, 000 Times" "Soul Deep" "Yellow Butterfly"と初期の名曲を連発する展開で、会場は盛り上がりっぱなし!代役フグの紹介をして、今回ジュリアンは来れなかったけど日本のファンによろしく~とも。2回目のアンコールはマストなお約束でみんな大喜びの "Heartbeat"で締め、やっぱり期待を裏切らない楽しい1時間40分でした◎

新作でエレクトロやダンサブルな要素を取り入れてるけど、どこかオーガニックさを感じさせるのがタヒチらしい!ライブでの映像とライティングもところどころで効果的に用いており、薄ピンクや水色といった温かみある色合いが多く柔らかく演出していました。

作品を重ねるごとにライブがよくなっていく!!音がダイナミックになり、厚みがぐっと増して、骨格の太いグルーヴ感がパワーアップしていた!本来ならジュリアンとラファエルがドラムとキーボードをスイッチしたりパーカッションでリズムに厚みを加えるのかと想像したら、くぅ~ベストメンバーで観たかった!!!

リキッド公演も観に行きたくなったケド、後ろ髪を引かれる思いで断念。今日の最終公演も盛り上がったことでしょう♪

ベイホール、節電モードで空調がまめに動いたり止まったりして、自分でも汗臭くなっていくのがわかって苦笑いだったさ。終演後に中華街第2ラウンドも行っちゃいました!


Tahiti 80 @ Sala Razzmatazz - 21-04-2011

オフショット映像と共に新作から数曲ダイジェストで聴けます♪

【setlist】
by 033_MFS | 2011-06-30 23:47 | ♪音楽-LIVE
TAHITI80@Shibuya Club Quattro(12/14)
えっと、タヒチはライブメイトからの画像ネタがあるんで渡英前にやっつけで更新していくつもりだったんだけど全くもってムリでしたわ。ライブ本数カウントのためにもアップしておきまーす、ウソをついた昨年の日付で・・・。
c0024243_8153819.jpg


簡易レポ+【set list】
by 033_MFS | 2008-12-31 23:59 | ♪音楽-LIVE
TAHITI 80 Acoustic Live&サイン会@HMV渋谷店(9/10)
仕事が忙しい~!!とかいって、このインストア・イベントに行ってました、えへっ♪
c0024243_6115730.jpg
9月10日に日本先行でリリースされた新作 『Activity Center』 発売記念のミニライヴ&サイン会で、グザヴィエ(vo,g,key、↑左から2番目)とメデリック(g、↑右端)の2人がやってきました!

観覧フリーのライブを観に来ようとしていた友人は、事前に店へ問い合わせすると「予約者が多く参加券無しでは観れないでしょう」と言われ断念したほどで、客の入りは多かったです。意外と男性客多し!

19:30からイベントが開始、ラジオDJの落合隼亮さん(←英語が流暢でイイ声してました、時々ハズして客が引いてたけど・・)の司会進行で、インタビューや観客からの質問コーナーもあって有意義な話が聞けましたね~。

2人のアコギによるミニライヴで新譜から3曲+代表曲という4曲を披露!

♪One Parachute
♪24X7 Boy
♪All Around (1st シングル)
♪Heartbeat

グザヴィエさん、ちょっとルックスが衰えたかしら・・?と感じたのですが、リヴァースと比べれば・・全然イケてますわ。清々しい優しい歌声は疲れた心に潤いを与えてくれた!

サイン会では同僚から教わった仏語の単語を使ってみた。「ボンソワーレ(こんばんわ)」と言うとグザヴィエから「サヴァ?(元気?)」と返され、「アビエント!(またね!)」に対してはちょっと長めの仏語を話されごまかし笑いで握手して退散。観客にシンドージュニア君がいたので一声かけさせてもらいました!

c0024243_6123543.jpg♪“Activity Center”/TAHITI 80

3ヶ月という短期間でレコーディングやミキシングもろもろを同時進行で完成させたそうで、凝ったアレンジはなくシンプルでライブ感のある曲が多いかな。以前からのファンは安心して満足して聴ける心地よい作品です!

新譜からは1曲しか聴けませんが、タヒチ入門としてはいいかも→【Myspace】

グザヴィエさんのソロ・プロジェクトAxe Riverboyも好かったけどね、Tahiti 80のライヴが観たい!(ペドロ前で!)→12月に単独来日ツアーが決定!
.
by 033_MFS | 2008-09-15 23:55 | ♪音楽-LIVE
AXE RIVERBOY@Astro Hall(6/1)
仏バンドTahiti 80のフロントマン(Vo&G)、グザヴィエ・ボワイエのソロ名義となるアックス・リヴァーボーイを観てきました!端っこでまった~り観るつもりが、開場遅れたこともあり、より熱心なファンの友人らにくっついて最前列へ。背後からの圧力を全く感じないお上品な客層でした。

c0024243_155216.jpg15分押しで開演、グザヴィエがVo&Gで、あとはベース(Ben Rault)とドラム(Julien Barbagallo)のトリオ編成。
シンプルでノスタルジックなメロディが耳障りのよいサウンドと絡む、ポップなシンガーソングライターという感じです。
グザヴィエさんのちょいハスキーで柔らかい甘い声が魅力的。
意外とガッチリした細身体型の王子様ルックス、シャツのボタンを4つほど開けてはだけていても、品がある。うっとりするしかありません。

観客はうっとりし過ぎで静かだったので、曲間で「静かだね・・」とつぶやかれてしまったけど、ノリの良い曲では歓声と拍手が大きくなり、これから盛り上がっていきそうな雰囲気になった頃に本編が終わってしまいました。。アンコールは2曲、ラストはグザヴィエの弾き語りによる"Morning Blues"で締めた。正味45分の短いライブでしたが、サイド・プロジェクトなので、まぁこんなもんかな~。

バンドメンバーの2人はTahitiに居ても違和感のないナイスガイで、会場の笑いを独占したドラマーの日本語の「どんだけー」とコーラスも素敵でした。
終演後に会場内を見ると、男性客も多くいたことに驚いたわん。マダムのような方も居ましたねぇ。(娘さんの付き添いかもしれないけど)

c0024243_1553850.jpg♪“TUTU TO TANGO”/ Axe Riverboy
アックス・リヴァーボーイという名義は、自身の名前Xavier Boyer(グザヴィエ・ボワイエ)のアナグラム(つづり換え)。
マイスペの日記によると、ソロ・アーティストのアルバムが好きで (McCartney's post Beatle work, Emitt Rhodes, Jason Falkner, Kate Bush...) 自分のルーツに戻りパーソナルな音を表現したかたかったそう。日本盤ボートラには60年代に活躍したロック・グループ"ザ・マッコイズ"と、テクノ界の鬼才エイフェックス・ツインのカヴァーも収録。因みにジャケはプライヴェートな写真で、写っている女性は奥さん(撮影当時は彼女)!


【set list】
by 033_MFS | 2007-06-03 15:59 | ♪音楽-LIVE
Tahiti 80@O-East(6/9)
おフランス出身4人組のポップなバンド。さわやかでおシャレなサウンドがウケているのだろうが、最初にライブを観たとき意外とロックしているな~と気に入って、ローゼズやハピマンといったマンチェ・バンド好きというバックグラウンドを知って更に好感度が増したのだった。

新作のヒップホップから影響を受けた今風のグルーヴ感をどう再現するのかと思ったら、基本のVo&G+Piano、G、B、Drにキーボード&パーカッションのサポートメンバー1人というシンプルな構成で曲はロックっぽいアレンジだった。
テクがないから(?!)といっちゃそれまでだが、いい意味で変わってないことにひとまず安心した。
まだ素人っぽさは残っていたけど演奏もこなれてきてるし、Voのグザヴィエのちょいハスキーな高音の歌声はいつ聴いても心地好く清涼な空気が流れる。
1stから3rdまで満遍なく選曲され新旧ファンそれぞれ思い入れの曲が異なり色んな反応があって興味深い。始終和やかな雰囲気で上品に盛り上がっていたといえるかな。

あとベースのペドロの強烈なキャラも魅力の1つで、グザヴィエと対照的なルックス(細身で良家のお坊ちゃんタイプと片や毛むくじゃらの力士体型・・)で汗かきまくりーので暑苦しいのだけれども愛すべき人物なんだなぁ。
ペドロほど愉快なミュージシャンは見たことがないっ。ラテンの血(ポルトガル人)のせいか体型に似合わない軽快な身振り手振りに、最新作のジャケにも登場するパンダの被り物や自分のお腹を指差して「ニンプデス」には大ウケ。
ふざけてばっかいないでちゃんと弾け~なんて思わないよ、楽しすぎるもん!

前日の公演も行っておけば・・と後悔するほどよかったー。
by 033_MFS | 2005-06-11 01:01 | ♪音楽-LIVE
ハト万歳!
♪SOME CITIES / Doves

やっぱマンチェはええわ~。S.RosesやNew Orderと同じ匂いを感じるがDovesのほうが繊細で深いかもしれない。
メロディ、ギターは益々きらめいていつものメランコリックさも健在だけどアグレッシブで勢いのあるアルバムだ。琴線に触れまくりだわん。無駄がなく一皮むけた、ってもう若くないのに・・。よくぞやってくれた。そして渋くて温かみのあるソウルフルなヴォーカルがたまらなく良い!
この3rdと1stシングル“Black And White Town”or“Sky Starts Falling”(いずれシングルカットするとみた)は気が早いけど今年のベストアルバム&ソング10選の候補。
ライブを観てマジ惚れしたので前2作よりライブ向きの今作を引っさげた来日公演がホントに待ち遠しいよー。

♪FOSBURY / Tahiti80

ヒップホップ畑の人材を迎えて制作された新作。それでレトロから現代風になったと感じたのは気のせいではなかったのか。
以前よりエレクトロニックを多用しているんだろうけどメロディ重視のポップという点では根本的に変わっていないから裏切られていない。タヒチは一服の清涼剤になる。新作もいい感じ~。
ライブはパーティになるって言ってたから踊らせてもらおうじゃないか。インストアライブでオリコン総合チャート初登場24位!とメンバーよりスタッフのほうが興奮していたっけな。
by 033_MFS | 2005-03-06 19:36 | ♪音楽-レヴュー
Tahiti80インストア・ライブ@HMV渋谷店(3/4)
おフランス出身のソウルやファンクの影響を受けたポップなサウンドの4人組。グザヴィエ(vo)とシルヴァン(dr)2人の新譜プロモーション来日によるイベントに参加できた。
250人ほどしか入れないスペースで、新譜から2曲+カラオケにもある有名な“Heartbeat”をアコギとタンバリンやキックペダル(?)ほか数種の打楽器でバリエーションをつけた和んだライブとインタビューが20分ほど。グザヴィエのちょっとハスキーで柔らかい高い声が素敵なのだ。
スタッフの変なテンションの高さが気分悪かった・・。写真・録音禁止や携帯の電源を切れとか理解できるけど事前の注意がうるさ過ぎ。最後の握手会も進行の妨げになることはするなっていうからスポーツ選手のハイタッチ並みの流れ作業。「ボンジュール」「see you in June!」と話しかけたら2人とも同じ言葉を返してくれた。
そうそうイベントで6月単独来日公演(東京はO-East)の発表あり、ヤッター!

タヒチつながりではないけど帰りはフランスのパン・菓子(1F)が有名な“VIRON”へ。
2Fのブラッスリーで牛肉のワイン煮込みという濃い~メインを食べた上にデザートのガトーショコラを食す。値段も高めだが量も多い。ランチやティータイムにも行ってみたい。
c0024243_2141920.jpg
ガトーショコラにプラス料金でクリーム付きに。ショコラは濃厚でクリームは淡白でよい組み合わせ。バケット美味しかったな~。
by 033_MFS | 2005-03-05 21:01 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ