033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
2006年 01月 29日 ( 1 )
なんちゃってニューヨーカー?!バンドにハマる
♪“With Love & Squalor” / WE ARE SCIENTISTS

c0024243_15194036.jpg【カリフォルニアの大学で出会い、00年にバンドを結成、NYを拠点に活動する3ピース・バンド、ウィー・アー・サイエンティスツのデビュー・アルバム。
プロデューサのAriel Rechtshaidは元The Hippos(LA出身のスカパンク、パワーポップ系バンドらしい)】
未だインタビュー記事を見かけないし、未知な部分が多いので、まずはこちらをどうぞ。不思議なバンド名の由来のエピソードやアルバム全曲試聴できます。

キラーズとストロークスの中間というようなサウンドだけど、UKっぽい。フランツのようなソリッドでエッジの効いたギターもあって、80sニュー・ウェイヴの影響を受けていそうだ。ヴォーカルはちょい甘でクセがなく聴きやすい。キャッチーでポップ、疾走感も心地よく、これはフツーにカッコイイしツボにはまる♪

一聴して気に入ってしまったが、なんちゃらリバイバルのフォロワー的バンドが数多くいるこの時世、光ったものを見出せたときは嬉しいものだ。

彼らの面白味はサウンド以外にもあって、実はそっちのポイントが高い。まずはジャケだけど、猫ちゃんを目の前に突き出してメンバーの顔が映ってないって。裏ジャケは猫を胸に抱いたメンバーの顔を確認できるが、イケメンと普通の好青年に・・・。うわぁ、何か匂うよ、彼ら。

てな訳でオフィシャル・サイトを覗くと、あらメルヘンチック。で、PV見てウケた。
“The Great Escape”の仲良しすぎる3人、original版はモノクロでセントラルパーク(だよね?)を走り回り、“Noboday Move, Nobody Get Hurt”でも逃げ回って、ナンセンスさと絶妙の演技力が可笑しくて、アホっぽさ加減が好きだなぁ。興味を持った方は是非!→W.A.S.オフィシャル・サイト

これは、マキシモの存在を知ったときの感覚に近いです。

c0024243_15483511.jpgさて期待は高まるばかり、あとはライブがどおなの?ってだけ。
SXSWやレディング&リーズ・フェスの出演も決まっているとのこと、日本のフェスもやって来るよね!?
日本盤「愛することとみじめさと」は2/22発売。なんじゃ、この邦題は?そこまで待てないってば!

(P.S. OGちゃん、これアタリでしたよん♪)
by 033_MFS | 2006-01-29 15:18 | ♪音楽-レヴュー


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ